スポンサーリンク

カイジ416話ネタバレ考察感想あらすじ!敵を知り、危機を知るカイジ達

漫画ネタバレ

2022年3月7日発売の週刊ヤングマガジン2022年14号で、『賭博堕天録カイジ』416話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』416話は、マリオ救出の為にいよいよ百貨店に到着したカイジとチャンは、成功への道を確実なものにするために周辺の状況把握をしておくことにしました。

 

そこでカイジはあの男がいることを知り、車内には緊張感が走ります。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』416話『偵察』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 415話 一覧 417話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

カイジ416話のあらすじネタバレ

勝つためにはまず敵を知ることだというカイジは、すぐにタクシーを探すことはせずにこのまま自分たちのクルマで百貨店を1周することにしました。

 

マリオを乗せて走り出した途端に工事現場があったなど、想定外のことが起きればそこでアウトであることを察したチャンもそれに異論はありませんでした。

 

キャンピングカーが狙われている状況ではあるものの、ガラスで丸見えのタクシーよりもカーテンで車内を隠せるこのクルマの方が偵察に向いているということで、カイジは助手席から後方に移り、いよいよ偵察が始まりました。

 

帽子に眼鏡、そしてマスクとほとんど顔を隠した状態で運転席のチャンはゆっくりクルマを走らせました。

 

まずは正面入り口に向かうと、カイジは黒服の鉄板帝愛が2人いるのを見つけました。

 

次に大通り側の出入り口に向かうと、そこには黒服が1人いるのを確認出来ました。

 

角を曲がり、次は百貨店の裏口となる3つ目の出入り口に向かいました。

 

そこにいた男の姿を見るなり、カイジは狼狽した様子を見せました。

 

猟犬であり、カイジが死神と揶揄する男はもちろん遠藤です。

 

その前を通り過ぎて角を曲がるなり、チャンはクルマを停めてカイジに百貨店の様子を尋ねました。

 

全ての出入り口に帝愛がいたことを伝えますが、それは黒服がいたというだけで他にも通常の服装の帝愛もいることをカイジは予測しました。

 

黒服が1人しかいなかった出入り口もありましたが、その予測から全て2人体制である可能性をカイジは考えました。

 

スポンサーリンク

加えて、大通りに並んでいた4台のクルマは帝愛のものであり、各車輌に5人乗っていたとして20人、更に近くに別のクルマもあると予測して25人もの帝愛が囲んでいるとカイジは予想しました。

 

そして、最重要人物である遠藤がいたことを伝えると、以前団地でカイジをしつこく付け狙ったということもあり、猜疑心の塊であり蛇や蠍に例えていた男だということをチャンは覚えていました。

 

そうなると、マリオが今行っている逃亡者の身でありながら昼から酒盛りという状況を遠藤は訝しんでいるとカイジは危機的な状況にあることに気付きました。

 

それでも今は半信半疑であり、判断を保留しているだけで決定的なほつれに気がつけばもうマリオを泳がせることはしないはずだとカイジは言いました。

 

即確保という展開を口にし、再び助手席に戻ったカイジは作戦を急ごうと言い策を講じました。

 

正面玄関と大通り側の出口は、並んでいる帝愛のクルマの最前か最後尾にタクシーを停めるしか無く、走り出してすぐに信号があるという状況です。

 

信号が赤になってしまえば信号待ちの間に取り囲まれて終了となることが予測されるので、作戦を実行するのは裏口側の出入り口のみとなります。

 

マリオを乗せた後は遮るものも無くどこまでも行けるという利点はありますが、遠藤がいることが問題でした。

 

マリオをピックアップするために停車しているタクシーを遠藤は十中八九怪しみ、タクシーの中まで覗きに来るとカイジは言います。

 

顔を伏せて外から見えないようにしてもそうなれば終了となるため、タクシーを待機させる位置は遠藤達の視界に入らない百貨店を少し過ぎた路上に決めました。

 

マリオには百貨店を出たらすぐにそのクルマまで走って貰うことになりますが、これがもっとも成功率の高い作戦とカイジは決断しました。

 

スポンサーリンク

カイジ416話の感想と考察

ついに敵のボスとなる遠藤の存在を確認したカイジは、これまでの遠藤と渡り合ってきた経験から危機的状況を察します。

 

最終的に、百貨店を出たマリオが帝愛の虚を突いて走るという点が作戦成功の要となりますが、遠藤を前にその『虚』はあるのかが疑問です。

 

こうしている間に、遠藤はマリオの酒盛りを擬態だと看破すれば即確保の動きも早まり、カイジとチャンには猶予が残されていない状況となります。

 

見た感じはタクシーまでの距離が結構あるので、酒を飲んでのんびり食事も楽しんだマリオが両手に荷物も持った状態で逃げ切れるとは思えません。

 

また、マリオには8階のレストランフロアから1階の出入り口まで監視されながら逃げ切るというミッションも残っているので、カイジ達の待つタクシーまで走破出来るのか非常に楽しみです。

 

<< 415話 一覧 417話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレカイジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました