スポンサーリンク

ゴールデンカムイ306話ネタバレ考察感想あらすじ!鯉登と土方の戦いに決着がつく!

漫画ネタバレ

2022年2月17日発売の週刊ヤングジャンプ2022年12号で、『ゴールデンカムイ』306話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ306話では、列車に乗り込んで来たヒグマは列車内部に侵入すると、第七師団の兵士達を襲い始めます。

 

鋭い鉤爪を振るう事で次々と兵士達を蹴散らしてき、攻撃を受けても気にすることなく反撃をして行くヒグマ。

 

前方にいる者達も後方にヒグマがいる事に気づくが、同時に杉元も現れだしました。

 

その頃、そのような事態になっているのを知らない土方と鯉登は激しい戦いを繰り広げていたのです。

 

果たして、この勝負はどちらが勝利するのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ306話『特攻』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 305話 一覧 307話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ゴールデンカムイ306話のあらすじネタバレ

列車にぶつかった筈のヒグマは生きていて、列車の第一車両内部へと侵入し始めました。

 

第七師団の兵士達が気づいた時にはかなりの距離で接近していて、鋭い鉤爪を振るう事で兵士達を襲い始めます。

 

鉤爪に顔面を引き裂かれた者、肩に傷が出来た者、ラリアットを喰らった者と続々と兵士達が被害に遭って行ったのです。

 

兵士の一人は銃剣による突き攻撃をヒグマに浴びせていくのだが、それでもヒグマは怯む事無く逆に牙で噛みついてきました。

 

犠牲者が出始めてきたので、兵士達は銃撃の構えを取り始めたのです。

 

第二車両内部にいる兵士達の耳にも、ヒグマが侵入してきたという噂を耳にしていました。

 

しかも杉元が迫って来ているという噂も耳に入っていて、やがて血まみれの状態になっている杉元が乱入してきたのです。

 

その頃、鯉登はかつての薩摩隼人を彷彿とさせるような剣技、土方が仕掛けた罠にも怯む事なく向かう強気な姿勢を見せていました。

 

そんな鯉登の攻めを土方は受け止めつつ、押されながらも何とか耐えていたのです。

 

そして鯉登の刀がやがて折れてしまい、土方は脇腹ががら空きだと察したのか、そこを狙おうと刀を振るいます。

 

しかし、鯉登は折れた状態の刀を振り下ろす事で土方の頭部にめり込ませ、更に奥深くへと切り込む事で刃は脳に達したのです。

 

完全に脳を斬られてしまった事から、土方は崩れ落ちました。

 

スポンサーリンク

勝利した鯉登だったが息を吐いていて、しかも先程切り裂かれた傷跡を抑えながら別の車両へと向かったのです。

 

その頃、第三車両では牛山が圧倒的な実力を見せていて、月島を始めとした者達を圧倒していました。

 

兵士達は殆ど戦闘不能であり、月島も満身創痍の状態にあったのです。

 

月島は心の中で、牛山を食い止めなければ鶴見の障害になりかねない、と思って残っていた手榴弾を手にしつつ、自らの命を犠牲にする覚悟を決めます。

 

そして手榴弾の鍵を開けて、飛び出す事で牛山を道連れにするためにしがみついたのです。

 

そこへ鯉登が現れて、月島が何をしようとしているのか察したので、辞めさせようとします。

 

既に覚悟を決めている月島はこのまま自爆しようとしていたので、近づくな、と言うが、鯉登はそれでも辞めさせようとしていたのです。

 

そんな彼に、何故言う事に従ってくれないのか、と言う月島。

 

そんな中、牛山は月島を投げ飛ばして鯉登にぶつけ、月島が持っていた手榴弾は彼の手を離れて牛山の後方へと飛んでいきます。

 

このままなら、自分が巻き込まれる事はないだろうと思い、特に動く気配を見せない牛山。

 

しかし、手榴弾が飛んでいった先は前の車両へと進んでいるアシリパと白石の元でした。

 

それに気づいたアシリパは自分の背中を手榴弾の方に向ける事で、自分の身を守ろうとしました。

 

しかし、アシリパ達が爆弾を喰らう可能性があるのを察した牛山は自らの身を盾にし、爆発からアシリパ達を守ったのです。

 

その頃、鯉登にやられてしまった土方は何とか体を動かそうとしていました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ306話の感想と考察

完全にヒグマがダークホース的な存在になって来ましたね。

 

尾形は運転手を始末して、暴走列車に変えてしまったのも完全に想定外だと思いますが、このヒグマの参戦もかなり想定外になって来そうです。

 

しかも手負いの状態でもあるためそう簡単には止まらなそうなので、兵士達はかなりの犠牲を受ける可能性がありそうです。

 

そして土方と鯉登の戦いですが、鯉登に軍配が上がりましたね。

 

土方は鯉登の刀が折れたのと、隙が出来たから反撃に移ったのでしょう。

 

刀が折れたため、昔の薩摩隼人とは違って今時の若者の鯉登は戦意喪失したと土方は踏んだのだと思います。

 

しかし、覚醒状態になった鯉登を甘く見てしまったがためにやられたのかもしれません。

 

銃剣の罠の際、彼は顔が傷つく事無く刀を振るったところで、命を落とすのを覚悟していると考えないといけなかったのかもしれませんね。

 

そして牛山は無双を続けていたため、月島は彼を道連れにしようとしていました。

 

しかし、鯉登が駆けつけてくれたおかげで牛山だけを撃破する事に成功したとも言えます。

 

もし鯉登が来なかったら双方とも命を落としていましたが、鯉登が来た事で杉元側だけ犠牲を払ったので、お得だったと言えるのではないでしょうか。

 

これが戦況をどう左右するか、気になりますね。

 

<< 305話 一覧 307話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました