スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい243話ネタバレ考察感想あらすじ!雁庵と話をする白銀!

漫画ネタバレ

2022年2月10日発売の週刊ヤングジャンプ2022年11号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』243話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜243話では、白銀を病室に招いた雁庵は自分は認知症であり、時折今みたいに体調がすこぶる良い時があると語ります。

 

続けてもう遺書を書いたから、後はこのままあの世へと旅立つだけと言いつつ、白銀にこんな自分に何の用事があって来たんだと聞く雁庵。

 

対する白銀は単刀直入にかぐやに好きな生き方をさせてほしいと頼み込みました。

 

果たして、雁庵は何と答えるのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜243話『白銀御行は申し込みたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 242話 一覧 244話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

かぐや様は告らせたい243話のあらすじネタバレ

白銀は田沼から話を聞いていると雁庵が現れ、白銀を病室へと招きます。

 

自分は脳梗塞で入院してから、認知症を患っている事が発覚したが、時折今日みたいに体調が優れている、と語る雁庵。

 

続けて雁庵は、もう自分の寿命は消えかかっているし、遺書も書き残したからあとは寿命が尽きるのを待つだけ、と言いつつ、老い先短い自分に何の用があって来たんだ、と白銀に問いかけます。

 

白銀は単刀直入に、かぐやに好きな生き方をさせてほしい、と訴えました。

 

秘書から白銀がかぐやと付き合っている事、もうお金を受け取って別れた事を知っている雁庵は、白銀に出来る事はないんじゃないか、と言ったのです。

 

対する白銀は、その時のお金ならすぐさま返金するし、何なら倍額にして返すつもりでもいる、と答えました。

 

雁庵は青龍がお金を渡した事を知っているのか、彼の事を、詰めが甘い、と評しつつ、受け取ったお金を使って話し合いに持ち込むと言う作戦は見事だが、遺書の中身を変える事は出来ない、と言ったのです。

 

その理由は雁庵は認知症なので、後で書いた遺書では前に書いた遺書よりも効力が低いからでした。

 

白銀は肯定しつつも、父親としてまだやれる事がある、と言って頭を下げながら、かぐやと結婚させてほしい、と頼み込みます。

 

そう言われて呆気に取られている雁庵に対し、白銀は間髪入れて婚姻届を取り出したら、ドン引きされました。

 

スポンサーリンク

それでも押し通そうとする白銀に対し、雁庵は、かぐやとは離別しているのに、こうして婚姻届を見せられる自分の気持ちが理解できるか、と言うのだがそれでも白銀は、再び恋人同士になる、と言いつつ、どうか結婚を許してほしい、頼み込んだのです。

 

やがて雲鷹が現れて、かぐやが白銀と結婚していると言う事になれば、四条家も帝とかぐやを結婚させる気が失せるかもしれないし、解消するためにはかなりの時間が必要となる、と説明します。

 

白銀も、これで解決とは思っていないし、かぐやが自由になれていない、と言ったのです。

 

更に、かぐやの兄達はかぐやを利用しようとしているし、雁庵がかぐやにそれ相応の力をあげれば、あとは彼女が如何にかする、と言う白銀。

 

対する雁庵は、自分が元気だったとしても、黄光と同じ作戦をするだろうし、かぐやは自分で考えて四宮家に尽くそうとしている、と言います。

 

白銀は、かぐやは四宮家とかではなく雁庵のためにそうしている、と言うのだが雁庵はこれまでの仕打ちから、その言葉を信じませんでした。

 

例えそうでも、かぐやは親子としての責務を全うしようとしている、と言う白銀。

 

そう言われた雁庵は急に、01300101、と呟きます。

 

今のは本邸にある金庫の解除番号であり、作成した遺書が消えてしまったら遺産は話し合い等で決めるだろうから、後は好きにしろ、と雁庵は言いました。

 

そして白銀は番号の事を伊井野に伝えている間、雲鷹は、先程の番号は名夜竹が命を落とした日とかぐやが生を受けた日か、と呟いたのです。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい243話の感想と考察

今回、白銀が雁庵に婚姻届をごり押ししていましたが、理由としては雲鷹が言った通りだとは思いますが、かぐやを救い出すための時間を稼ぐなにもあるでしょう。

 

白銀も言っていましたが、帝との結婚を台無しにしてもかぐやは四宮家の中にいる状態です。

 

それ故に今までと変わらない状態なので、白銀は婚姻届を利用して四条家を混乱させつつ、かぐやを助ける計画を綿密に練るつもりなのでしょう。

 

それにしても白銀のごり押しに雁庵は呆れていましたね。

 

元気な状態だったら怒りたい気持ちはあったと思いますが、今の状態からではただ呆れるしか出来無かったのかもしれません。

 

次回は金庫の中に遺書を隠すんじゃないかと思います。

 

雁庵の口ぶりだと、認知症になる前に書いた遺書が消えてしまえば遺産の事は話し合う事で解決する事になります。

 

その金庫の中に遺書を隠してしまえば、解除する番号を知らない者は解除する事は出来ません。

 

今知っているのは白銀達、雲鷹、雁庵だけとなります。

 

それ故に金庫の中にしまってしまえば、他の者達が解除するのは難しいので彼らに有利に働く事になります。

 

しかし、遺書が何処にあって、金庫がある本邸にどう入り込むかがキーになって来るでしょうね。

 

<< 242話 一覧 244話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました