スポンサーリンク

ゴールデンカムイ305話ネタバレ考察感想あらすじ!戦いの中で覚醒し始める鯉登!

漫画ネタバレ

2022年2月10日発売の週刊ヤングジャンプ2022年11号で、『ゴールデンカムイ』305話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ305話では、土方と戦う鯉登だったが、彼の猛攻に苦戦を強いられていました。

 

彼の戦いぶりを見た土方は命を落とす覚悟が出来ていないと感じ、失せるように言ったのです。

 

そう言われた鯉登は永倉に言われた言葉や父親に言われた言葉を思い出しました。

 

それ故に、自分は命を捨てる覚悟を持っても土方には勝てないから、仲間を守るために戦うことを決め、構え始めます。

 

果たして、勝敗の行方はどうなっていくのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ305話『迷い』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 304話 一覧 306話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ゴールデンカムイ305話のあらすじネタバレ

土方の突き攻撃を鯉登は体を大きく逸らす事で回避します。

 

そして土方は続けて刀を振り下ろし、鯉登は回避するのだが避け切れずに喰らった箇所から血が流れました。

 

土方はここまでの攻防から鯉登が命を捨てる覚悟がない事を見抜いたのか、命を惜しんでいるのなら失せろ、と言い放ちます。

 

そう言われた鯉登は永倉との戦いで彼から、鯉登の剣技よりも昔の薩摩隼人の剣技の方がマシ、と言われた事を思い出していたのです。

 

更に父親との稽古で、薩摩の剣は身を守る事を考えず、命を捨てる覚悟で何度も刀を振るう事で相手に躊躇を生ませる事が出来る、と教わった事を思い出しました。

 

傷だらけで倒れている兵士達がいる中、鯉登は心の中で、昔の薩摩隼人は命を捨てる覚悟で刀を振っていたから手強かったんだ、と理解はしていました。

 

しかし、目の前にいる土方を見ていると、例え自分の命を捨てる覚悟で向かっても勝てない、と思いつつ、他の者達のために戦う、と思って構えます。

 

鯉登の様子を見て、覚悟を決めたなと感じ取った土方も構え始めました。

 

その頃、牛山は月島を投げ飛ばして壁にぶつけたのです。

 

傷を負おうが決して倒れる事のなく、ただ敵を倒していく牛山の姿を見た月島は心の中で、このままでは全滅だ、と思っていました。

 

そんな中、倒れていた兵士が月島に所持していた手投弾を取り出して、彼に渡したのです。

 

そしてアシリパと白石は牛山の後ろ辺りをほふく前進で進んでいました。

 

スポンサーリンク

月島は手投弾の引き金を外し、牛山に撃針が命中させるように投げつけたのです。

 

牛山は突如として投げられてきた手投弾に驚きつつも、撃針に当たる事なく手投弾をギリギリで受け止めたので、月島は内心驚きました。

 

そして牛山はお返しだと言わんばかりに投げ返し、月島は避けるのだが手投弾の撃針は壁に当たったので爆発したのです。

 

その爆発の音は土方の耳にも入ります。

 

一方で鯉登は迷いを捨てているのか、気にすることなく意識を逸らした土方に対して刀を振り下ろそうと向かって行きました。

 

対する土方は近くにあった銃剣を鯉登が来るポイントに足を使って移動させ、鯉登が回避した時に斬ろうとしたのです。

 

しかし、鯉登はそのまま突撃していき、銃剣の先端が顔に当たって傷ついても気にする素振りがなく刀を振り下ろしました。

 

この事に土方は内心驚きながらも、刀で何とか受け止めたのです。

 

その頃、2両目から3両目では杉元が詰まっている第七師団の兵士達相手に戦いを繰り広げており、終着駅に到着する時まで、出来るだけで敵を倒さなくては、と思って戦っていたのです。

 

その頃、1両目にいる兵士達は、別の車両で戦っている音が聞こえていたが、杉元と兵士が戦っているとは思ってもいませんでした。

 

そんな中、何らかの物音がしたので兵士の一人は後ろを振り返ります。

 

その正体は汽車に激突しながらも生きていた熊であり、熊は唸り声を上げながら客室に侵入していて、少しずつ近づいてきたのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ305話の感想と考察

土方との戦いの中で、鯉登が覚醒しましたね。

 

ここまで、命を惜しんでいた感じがあって、それが剣術にも影響していたから土方や永倉に見抜かれたのでしょう。

 

しかし、仲間のために戦おうと決意してからは、土方の罠を気にする事無く剣術を打ち込んできました。

 

その事から迷いは無くなったのでしょう。

 

そして牛山は全然止まりませんね。

 

月島が部下から貰い、投げて来た手投弾をキャッチして投げ返したのですからね。

 

これに関しては不意打ち気味に投げなかった月島が悪いなと思いました。

 

まさか、熊が乱入してくるとは思いませんでした。

 

尾形が汽車を暴走させた後に、何かぶつかった感触がありつつ、黒い塊がありましたがそれが熊だったのでしょう。

 

熊が一体どんな動きを行い、それによって戦況がど変化する事事になるのか、気になるところです。

 

次回は熊が大暴れするんじゃないかなと思いました。

 

熊はぶつかりながらも生きて、ここまでやって来たのだからかなり怒っていると思います。

 

第七師団の兵士達は人との対戦はあると思いますが、熊との戦いは初めての筈です。

 

しかも不意打ち気味に現れたので、彼らは浮足立つんじゃないかなと思います。

 

それ故に熊が暴れて、第七師団の兵士達を蹴散らすのかなと思いましたね。

 

<< 304話 一覧 306話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました