スポンサーリンク

ダイヤのA act2 279話ネタバレ考察感想あらすじ!出塁しようと粘っていく倉持

漫画ネタバレ

2022年2月9日発売の週刊少年マガジン2022年11号で、『ダイヤのA act2』279話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』279話では、倉持は成宮が投げていく球をファールにして粘り、カウントをツーボールツーストライクとしました。

 

成宮の粘り強さが進化したと感じ、チェンジアップを投げ込むが倉持は何とかついていってファールにしたのです。

 

多田野はチェンジアップを見せた事から、ストレートを投げるようにサインを送るが成宮は嫌がります。

 

しかし、倉持はどんな球でも当てるつもりでおり、それからも投げて来る球をファールにしていったのです。

 

果たして、出塁する事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』279話『Be Here Now』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 278話 一覧 280話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ダイヤのA act2 279話のあらすじネタバレ

倉持は何としても出塁するために、成宮が投げ込んでいく球をファールにして行く事で、カウントをツーボールツーストライクとします。

 

成宮は、粘り強さは以前よりも進化している、と思いながら投球していき、倉持は成宮が投げて来たチェンジアップに食らいついてファールにしたのです。

 

観客は、この調子で行けば打てる、と騒いでいて、その騒ぎ声が聞こえていた成宮はフェアゾーンに飛んでいない事から気にしていませんでした。

 

多田野は、ここでストレートで決めよう、とサインを送るが成宮が嫌がったのか首を横に振ります。

 

多田野は引き下がらずにストレートをサインを出すが、成宮は首を横に振りました。

 

しかし、最終的に多田野のサインに従う事にした成宮だが、観客は、また我儘な部分が出ている、と呟きます。

 

対する倉持はどんな球でも対応する気でいて、集中して成宮が投げて来るボールを捉えつつも、ファールで粘っていったのです。

 

そしてフルカウントになり、成宮が投げた外角高めのストレートに手を出さず、しかも外れていたのでボールとなったので出塁します。

 

倉持は雄たけびを上げ、観客席にいた家族は倉持が御幸や小湊亮介の話をしていた事を思い出しました。

 

ブルペンで投げていた沢村は褒めていて、御幸は拳を高らかに上げていて、観客席にいる小湊亮介も密かにガッツポーズします。

 

そして一塁に到着した倉持は内心で、足を使って翻弄してやる、と決意していて、片岡監督も倉持のタイミングで走れと言うサインを送りました。

 

スポンサーリンク

小湊春市が打席に入るとバックネット裏にいる大和田は、本来はバントだけで打たせるのかな、と峰に聞くと峰は答えずに心の中で、成宮相手に積極的な攻めを維持できるかどうか、と呟いていたのです。

 

倉持は成宮が牽制球を入れてきたので帰塁し、観客は、準決勝では牽制でアウトになっているから、ひきずっていないかどうか、と呟いていました。

 

多田野は心の中で、普通だったら倉持を刺せないけど、スタートダッシュが上手くいかなかったら刺せる、と思っていたのです。

 

小湊春市は心の中で、倉持がいるからストレートの割合が高いはず、と踏んでいたが成宮はそれを読んでいたのか敢えてチェンジアップを投げ、空振りを奪います。

 

いきなり走って来ないと考えたから投げたな、と思った倉持は逆に燃えて動き出す覚悟を決め、小湊春市もそれを感じていたのです。

 

そして倉持は再び牽制を喰らいながらも、走り出しました。

 

小湊春市は絶好球が来たら打とうとしたが、そうでは無かったので見逃したのです。

 

多田野は成宮の球をすぐさまキャッチして二塁へと送球するが、倉持の足が速かったのでセーフとなります。

 

これには味方は勿論、テレビで見ていた倉持の中学時代の同級生も盛り上がっていたのです。

 

しかし、成宮はそれ程動じてはいませんでした。

 

小湊春市も先程の球を敢えて打たなかったので、観客席にいる小湊亮介は、自分と倉持の1、2番とは異なる攻め方を見せてくれ、と心の中で呟きます。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 279話の感想と考察

何とか粘って四球で出塁しましたね。

 

成宮は球が早いですし、変化球の切れもいいので、粘って出塁はそうやすやすとは出来ない事です。

 

しかし、倉持は苦労しながらもそれをやってのけたので、実にナイスだなと思いました。

 

粘っている姿を見ると、小湊亮介の姿を彷彿とさせていましたので、懐かしいなとも感じましたね。

 

そして出塁した倉持は何度か牽制を喰らいつつも、スチールを決めましたね。

 

準決勝では天久の牽制でアウトになってしまったと言う失態を犯しましたが、ここぞと言うところで決めたのはデカいです。

 

普通だったら失敗してしまったら、相手に流れが行ってしまう可能性があるので躊躇してしまいますが、今の青道は積極性を失ったら成宮を攻略する事が出来ませんし、流れを渡さなかった麻生の執念を無駄にしてしまいます。

 

それ故に何としても盗塁して、成宮に少しでもプレッシャーを与えないといけません。

 

そして牽制されながらも成功したので、本当にデカいです。

 

次は小湊春市が倉持を帰せばいいのですが、勿論成宮から連打は難しいですし、最悪進塁打を打てば三塁に倉持を進めますし、白州や御幸が倉持を帰せる可能性もデカくなるので、三振とかにはならないでほしいですね。

 

<< 278話 一覧 280話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました