スポンサーリンク

HANDSハンズ2話ネタバレ考察感想あらすじ!ユキを庇った事で指名手配される鮫島!

漫画ネタバレ

2020年2月13日発売の週刊ヤングジャンプ2020年11号で、『HANDS』2話が掲載されました。

 

HANDS 2話は、ユキと手を繋ぐ事で超能力が使える事を知った鮫島は、指原が命を落とした事に怒りを覚えつつ、娘の面影があるユキと共に逃げます。

 

一度アパートに行くも、既に捜査員達が来ていたので超能力である半透明の手を使って逃げるも追い詰められてしまうのです。

 

捜査員達はユキはこの世にいてはいけない存在だと言って始末しようとしており、それを知った鮫島は彼女を守るために抵抗します。

 

この事によって鮫島は総理を始末した罪を被せられ、全国に指名手配されてしまったのです。

 

本記事では、HANDS 2話『銃声』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 1話 一覧 3話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

HANDS 2話のあらすじネタバレ

ユキの手は魔法の手なのを知った鮫島は、捜査員が意識を取り戻したので彼女を連れて逃げ去っていきます。

 

ある程度逃げおおせると鮫島はあの半透明な手がユキの超能力なのだと察すると、指原が命を落とした事に怒りをぶつけるかのように壁を殴ったのです。

 

そうしたらユキが怖がったので彼女を慰めて、先を進んでいくとユキと手を繋いだ際に超能力が使えたのなら、総理を始末したのもユキと同じ超能力者の仕業だと推理します。

 

ユキがさっき鮫島が殴られていたのを見ていたので彼を心配してくれて、その姿を見て事故で命を落とした娘の姿とダブった鮫島は彼女を守ろうと決意したのです。

 

その頃、ある建物では北村と呼ばれる男性が部下からユキを逃がしてしまったと、男性が一緒だったとの報告を受けており、北村は指原と関わりのある者のリストを男性に渡し、この中にユキと逃げている者がいるかどうかを確認するように指示します。

 

そのリストの中には鮫島の姿がありました。

 

他にも監視カメラをチェックするように指示し、男性は了承するも一応捜査のためとして北村に指原とは知り合いだったのかと聞くのです。

 

対して北村は指原の事を馴れ馴れしくて嫌いだったと、それ故に命を落として嬉しいと口にしました。

 

そうしたら北村の元に電話がかかってきたので彼はそれに対応し、男性は室内から出ていったのです。

 

男性は年下の癖にと思いつつ、これも仕事だと思っていました。

 

北村は電話の主から回収できる目途が立っていたのではないのかと、今回の仕事は必ず成功させないといけないのだと責め立てられていたのです。

 

電話が切れると北村は自分にそんな口を利くなとスマホを机に叩きつけると、世の中には逆らってはいけないという事を知るべきだと口にしました。

 

一方、鮫島はユキと共に自分のアパートでご飯を食べようとしていましたが、既に部屋には捜査員が来ていたのです。

 

捜査員はすぐさま2人を確保しようとしますが、鮫島は即座にユキの手を掴んで半透明の手を利用して彼らを怯ませ、その隙に逃げます。

 

その際に半透明の手を使ってエレベーターを破壊したり、近くにあったトラックを掴んで入り口を封鎖したのです。

 

地下駐車場を逃げていましたが、こうも素性がバレてるとは想定外だと思っている鮫島。

 

そうしたら半透明の手が狭い通路に引っかかったので、ユキの指示で手を小さくさせました。

 

そうしたら捜査員達が追いつき、銃撃を繰り出すも鮫島は半透明の手をある程度大きくして守ったのです。

 

しかし、追い詰められている事には変わりなかった。

 

捜査員は鮫島の素性を言って、国家が本気になったら勝ち目はないからユキを渡せば命を助けると、ユキはこの世にいてはいけない人間だと言ったのです。

 

対して鮫島はユキを渡すつもりはありません。

 

そして拳銃を掴んだ半透明の手を使って彼らに気づかれないようにガスボンベを撃って破壊し、その隙に逃げたのです。

 

タクシーに乗って自分と関わりのない新潟に行こうとした鮫島。

 

しかし、総理がやられた事で重体に引っかかってしまい、すぐにタクシーから出ますが大型モニターで鮫島が総理を始末した容疑者として指名手配された事が報じられていました。

 

スポンサーリンク

HANDS 2話の感想と考察

まさかいきなり指名手配犯にされるとは思いませんでしたね。

 

恐らく総理を始末したのはユキを狙っている者達の関係者であり、鮫島に罪を被せて難を逃れようとしているのかもしれませんね。

 

そうなって来ると総理を始末したのは政府関係者の仕業だと言えるでしょう。

 

総理と対立する可能性がある人物は日本の政策の事で揉めることの多い政府関係者であると言えると思います。

 

その者はよりインパクトを与えるためにパレードの日に決行する事にし、自分と協力関係にある能力者を使って始末したのでしょう。

 

次回3話は指名手配されてしまった鮫島は急いで新潟が何処かへと向かうのではないでしょうか。

 

こうまで大々的に報道されてしまっては、人が多くいる東京都内を自由には動けなくなるのは間違いないと思います。

 

そのためにも早々に東京都から出ていき、さっきタクシーの運転手に行っていた新潟へと向かう事になるのではないでしょうか。

 

しかし、今の格好ではあっさり容疑者だと思われる可能性があり、ユキの写真も出ると思いますので彼女もバレると思われます。

 

それ故に鮫島とユキは帽子やらマスクやらサングラスで変装をし、恐らく検問している可能性のある場所は避けて動くのではないでしょうか。

 

<< 1話 一覧 3話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました