スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ考察感想あらすじ!最終選考会で三ツ谷がとった驚きの行動

漫画ネタバレ

2022年1月26日発売の週刊少年マガジン2022年9号で、『東京卍リベンジャーズ』239話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』239話は、日本復職文化新人賞の最終選考会が行われました。

 

これに参加した三ツ谷の結果とは?

 

結果を受けて三ツ谷は壇上に上がりますが、彼の行動に対して周りは大激怒します。

 

一体彼は何をやらかしたのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ239話『Steel the show』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 238話 一覧 240話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ239話のあらすじネタバレ

日本服飾文化新人賞の最終選考会の会場にやってきたタケミチたち。

 

タケミチが緊張する一方、三ツ谷は八戒に三ツ矢の出番を聞いていました。

 

まず最初に鈴木美穂さんの作品が披露されました。

 

その人の作品を見てタケミチたちは感動しますが、すぐに千冬はその人にセンスは負けていないと思いました。

 

そんな千冬に対して、タケミチは怒りが込み上げていました。

 

大会のレベルの高さを踏まえてタケミチは三ツ谷が優勝するか心配しますが、八戒は優勝を確信していました。

 

「部長!」

 

舞台裏では安田が台車を押しながら三ツ谷のことをそう呼びました。

 

ちなみに、彼女が台車を押していたのはレースの生地を持ってきたからでした。

 

その生地のおかげで三ツ谷の作品は完成されることができました。

 

ちなみに、安田以外にも手伝ってくれた女性たちがいました。

 

そんな彼女たちは無償で手伝ってくれたので三ツ谷は感謝していました。

 

その直後、三ツ谷の作品が披露される番がやってきました。

 

彼の作品のテーマは『双龍』でした。

 

そのテーマを表現するために1着目は軽いカシミアのレースを使っていました。

 

「大胆でいて丁寧な仕事」

 

眼鏡をかけた女性が三ツ谷のことを評価しました。

 

スポンサーリンク

もう1着はベルベットという生地で地に落ちて愛を求める龍を表現したデザインでした。

 

三ツ谷の服の披露が終わり最優秀賞が発表されますが、受賞したのは三ツ谷でした。

 

最優秀賞の受賞に対して、タケミチは彼には服飾の世界で活躍して欲しいと思いますが、壇上に現れ彼を見て驚きました。

 

ちなみに、この時観客は困惑していました。

 

なぜなら、東京卍會の特攻服を着て頭の龍のタトゥーを見せて現れたからです。

 

マイクの前に立った三ツ谷はまず受賞に関して感謝していることを話しました。

 

そんな中、観客は三ツ谷は暴走族だと思い恐れている人がいました。

 

そして、三ツ谷は急に先日自分のもとにやってきた後輩がそう言ったことを話し始めました。

 

ちなみに、その人物は昔の友と戦いに行くというをしたそうです。

 

その話を聞いたタケミチは自分のことではないかと思いました。

 

「オレも連れていってくれないか?」

 

三ツ谷はタケミチの名前を出してそう言いました。

 

自分の名前を呼ばれたタケミチは驚きすが、次に三ツ谷が言ったことは会場中の人たちの口や目が大きく開くほど驚かせました。

 

「この賞を辞退します」

 

三ツ谷は受賞した最優秀賞を辞退してしまったのです。

 

そして、手伝ってくれたみんなや審査員に謝罪をしますが、審査員は大激怒!

 

なぜなら、由緒ある賞にも関わらず辞退したからです。

 

審査員の発言に呼応して観客も大激怒。

 

彼に罵声を浴びせたちゴミを投げつけました。

 

「そんなモンクソ以下だ!」

 

三ツ谷は賞の受賞よりも大事にしていたことがあり、そのことを重視しないことは最低と思っていました。

 

それは、一緒に笑って喜んでくれる仲間です。

 

この発言を受けて、観客はさらに激怒して罵声を浴びせ続けました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ239話の感想と考察

今回は日本服飾文化新人賞の最終選考会の話でした。

 

まず思ったのが、タケミチたちがTシャツ姿に対して他の人たちは結構しっかりした服装ということ。

 

結構浮いているように感じました。

 

最初の人のが披露されている裏で三ツ谷は安田のおかげで作品を完成させていました。

 

ちなみに、安田が三ツ谷ののことを「部長」と言っていましたが、68話でタケミチがぺーやんの案内で服飾部の三ツ谷のもとにやってきた際に現れた女子生徒のジャージの背中に「安田」と書かれていました。

 

その時の安田だと思いますので、一緒にいた女性たちは中学生の時の服飾部の部員だった人たちに違いないですね。

 

そして、三ツ谷が最優秀賞を受賞しますが、ここから彼は驚きの行動を連発しました。

まず、特攻服に頭のタトゥーを見せた状態で壇上に上がったということ。

続いて、賞の辞退を宣言。

 

これは審査員だけではなく観客も激怒するのは当然ですね。

 

しかし、これは三ツ谷はタケミチたちの仲間に入りたいということを決意したからの行動のようです。

 

これで三ツ谷の加入が決まりましたが、この件が原因で将来彼が服飾の世界で仕事ができるのか心配です。

 

それは、タケミチが無事現代に戻ったときにどうなっているかわかると思うので、その時に明らかになることを期待したいと思います。

 

次回から再び新メンバー勧誘が始まると思いますが、次は誰を勧誘するのでしょうか?

 

気になりますね。

 

<< 238話 一覧 240話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました