ゴールデンカムイ230話ネタバレ考察感想あらすじ!決死で逃げる谷垣とインカラマッ!

漫画ネタバレ
スポンサーリンク

2020年2月13日発売の週刊ヤングジャンプ2020年11号で、『ゴールデンカムイ』230話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ230話は、谷垣をとことん追い込む月島ですが、家永に注射を刺された影響が出たので、意識を失います。

 

この隙に谷垣はインカラマッと共に鯉登の情けを受けて、脱出したのです。

 

その後もすぐさま復活した月島に追われ、彼と戦ったり、彼を撒くために策を弄したりする谷垣。

 

破水が始まったインカラマッを気遣いながら抱きかかえて移動する谷垣は、偶然ながらアシリパの祖母であるフチが住んでいる小屋に到着したのです。

 

本記事では、ゴールデンカムイ230話『家永カノ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 229話 一覧 231話 >>

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ230話のあらすじネタバレ

家永に注射を打たれながらも月島は彼女の腹部を銃弾で貫きます。

 

続けて谷垣に頭突きを叩き込み、更に膝蹴りを叩き込む事で床に倒れさせたのです。

 

そして拳銃による銃撃を浴びせようとするも、谷垣が月島が拳銃を持っている手を掴んだ事から軌道は逸れ、谷垣のこめかみスレスレの状態で床に着弾します。

 

それでも月島は谷垣を始末しようとしますが、ようやく注射の効果が効いたので月島は意識を失ったのです。

 

満身創痍の家永は谷垣に月島は2時間くらい眠ったままだから、今のうちに逃げ出すように言いますが、谷垣は家永を怪しんでいました。

 

家永はそんな谷垣の思いに気づきつつも、インカラマッはこれから完璧になるから見逃さないでと言う遺言に近い言葉を述べて気を失ったのです。

 

2人は早く脱出しようとするも、騒ぎを聞きつけて駆けつけた鯉登がおり、拳銃を手にしていました。

 

谷垣はインカラマッを守ろうとしますが、鯉登はしばし考えてから2人にすぐさま出ていくように言ったのです。

 

言葉通りにした2人は病院から出ていき、馬に乗ろうとする際に谷垣は鯉登はどうしたのかと疑問に思っていました。

 

その疑問に答えるかのようにインカラマッは彼が動けない間よく占いをして過ごしていたから見逃してくれたと答え、2人は馬に乗って逃げ出したのです。

 

辛うじて意識を取り戻した月島は一発銃弾を放ったが、すぐさま意識を失ってしまいました。

 

インカラマッを気遣う谷垣だから、馬に乗っているせいで彼女に負担がかかっている事を知り、近くの小屋で一先ず休む事にしたのです。

 

火を起こすとインカラマッは布で谷垣の頭部の傷口を止血すると、谷垣はさっきの月島の射撃が谷垣の足を掠めた事に気づきます。

 

それによって血が流れていて、しかもその血は意識を再び取り戻した月島を呼び寄せる事になってしまったのです。

 

月島の銃撃を避けた谷垣は、インカラマッを裏口から逃がそうとし、自身も拳銃を手にします。

 

そして彼に向かって銃弾を放つが、月島はギリギリで回避すると接近して彼を抑え込んで殴りつけたのです。

 

しかし谷垣は力の限り月島を持ち上げて投げ飛ばすと、彼の銃を奪ってインマカラッと馬の元に行くと、彼女と共に馬に乗って移動します。

 

月島は拳銃による銃撃を谷垣の肩に浴びせ、それから数発撃つが仕留められなかったのです。

 

何とか逃げおおせた谷垣は山を使って逃げればこちらのものだと言うも、インカラマッはこの逃亡の中で破水してしまいました。

 

谷垣は苦渋の決断として馬のお尻に傷をつけて血を流させて月島を撒き、自身はインカラマッを抱いた状態で山を登っていたのです。

 

自分がついているから大丈夫だと、全て上手くいくからと言って彼女を励ましながら進む谷垣。

 

やがて身重のインカラマッを抱いて走っているので息絶え絶えの谷垣は小屋を発見したので、中に入ります。

 

入った小屋はアシリパの祖母のフチが住んでいる小屋であり、谷垣はただいまと言うのでした。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ230話の感想と考察

何とか逃げおおせた感じでしたね。

 

親しい間柄にあるフチにならインカラマッを託せるのではないかと思います。

 

ここまで2時間は眠ると思われたが執念で追いかけてきた月島、この逃亡の中で破水を起こしてしまったインカラマッといった、谷垣にとってはハプニングの連続で気が気じゃなかったでしょう。

 

しかし、フチの元まで逃げる事が出来たのは何としてもインカラマッを守ろうとする谷垣の執念だったのではないかと思っています。

 

問題なのは鯉登が何故2人を逃がしたのかが、気になるところです。

 

鯉登は鶴見に厚い忠誠を誓っている男ですので、本来なら鶴見に逆らうような行動をした谷垣達を、月島と同じように執拗に追いかけて始末する立場にあります。

 

しかし、それをしなかったのは谷垣を始末すればインカラマッにも命中して子供も命を落とす可能性がありましたので子供に罪は無いから見逃したか、別の思惑があって敢えて逃がした可能性があるでしょう。

 

次回231話は土方達の行動が明らかになるのではないでしょうか。

 

ここまでは鶴見と宇佐美の過去、杉元達、そして谷垣達の行動が描かれていますのに彼らの行動だけは今のところ描かれていないのです。

 

それ故にそろそろ彼らの行動が明らかになると思われます。

 

<< 229話 一覧 231話 >>

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました