スポンサーリンク

ゴールデンカムイ303話ネタバレ考察感想あらすじ!列車内での激戦は続く!

漫画ネタバレ

2022年1月20日発売の週刊ヤングジャンプ2022年8号で、『ゴールデンカムイ』303話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ303話では、シカが群れで走っていましたが、線路を横切った際にそのうちの1匹が列車に轢かれて倒されてしまいます。

 

尾形が運転手達を始末した事から、完全に列車は暴走状態になっていたのです。

 

1両目と2両目にいる兵士達は万が一のために待機をしていて、3両目では月島と牛山が戦っていました。

 

月島は銃剣を投擲して牛山にダメージを与えながら攻撃していくが、牛山は怯む事無く戦ったのです。

 

果たして、どちらが勝つ事になるのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ303話『暴走列車』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 302話 一覧 304話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ゴールデンカムイ303話のあらすじネタバレ

シカが群れを成して行動をしていましたが、線路を通過する時にそのうちの1匹が振り向いたせいで暴走する列車に轢かれて倒れてしまいます。

 

列車が暴走する原因を作った尾形は、この列車は絶対に停止する事はない、と言いました。

 

因みに運転手がいる場所には尾形、3両目には月島と牛山、4両目に杉元、白石、アシリパ、土方、車両の上には鶴見、5両目には鯉登がいます。

 

1両目には兵士達がいたのだが、騒ぎを聞いたので動いているのだが詰まっているので、慎重に進んでいたのです。

 

しかし、それでもどんな事になっているのか気になっているため、全員が全員急かしていました。

 

2両目でも兵士達が詰まっている状態だったが、銃を使ったら味方がやられる状態だったので無闇に動く事が出来なかったのです。

 

そして3両目では月島と牛山が戦っていて、残りの兵士達は様子を見ていました。

 

月島は憤怒の表情をしながら手にしていた銃剣を牛山に向けて思い切りぶん投げ、牛山は左腕が傷つくのを覚悟で左腕でガードしようとします。

 

そしてガードする事に成功するが、勢いが強かったせいで左腕を貫通しておでこに剣先が当たってしまいました。

 

月島は間髪入れずに亡き兵士が持っていた銃剣を手にし、一気に距離を詰めようとします。

 

スポンサーリンク

牛山は左腕の負傷など気にすることなく、右腕だけで掴んでいた兵士を振り回して月島にぶつけようとするが、彼はしゃがみ込む事で回避しました。

 

そして銃剣による突き攻撃を繰り出すが、牛山は体を捻る事で回避する事に成功。

 

同時に銃剣を掴んで抑え込んだので月島は内心で手強いと感じていて、それを感じ取った牛山は、自分はかなり手強いだろう、と言います。

 

その頃、4両目では土方が向かってくる兵士の攻撃を軽くいなして、剣で切り裂いて撃破したのです。

 

これによって4両目にいる兵士は全て倒し終えたのです。

 

倒し終えたと同時に鯉登が現れ、薩摩流の剣の構えを取り始めたので土方もまた本気で構えます。

 

そして白石は何とか途中で降りれらないかを窓から確認していましたが、全然隠れる場所が無かったので降りれず、これなら函館まで向かった方がいい、とアシリパに言ったのです。

 

アシリパも、鶴見が権利書を手に入れようとから取られないようにしないといけない、と呟きます。

 

その頃、牛山は月島の胸倉を掴むと後方へと投げ飛ばし、3両目に来ていた杉元は何とかジャンプして回避。

 

それによって投げ飛ばされたのが月島、投げ飛ばしたのが牛山なのに気づきました。

 

そして牛山に、敗北はしてはいけない、と言う杉元。

 

対する牛山は、お互い命が無事だったら金塊を見よう、と杉元と約束しました。

 

白石はアシリパと共に先へと進んでいく事にしたが、その様子を車両の屋根から見ていた鶴見は銃撃を繰り出そうと銃を構えていたのです。

 

そんな彼の元に尾形が現れ、彼に声をかけてきました。

 

鶴見もまた振り返った尾形の名前を言います。

 

その頃、列車の前方で熊の手らしきものが掴まさっていたのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ303話の感想と考察

一体全体、今の列車はどれくらいのスピードが出ているのでしょうね。

 

線路を横切ろうとしていたシカが暴走状態の列車に轢かれ、命を落としているかもしれないシーンがありました。

 

その事からも滅茶苦茶速い速度だとは思いますし、本当に駅に近づいたら尾形が言うように暴走列車になりかねません。

 

3両目では月島と牛山が戦っていますが、戦況的に月島が有利でしょうね。

 

牛山は月島と遭遇するまでの間、多くの兵士達相手に戦って打ちのめしていきましたが、同時に傷ついていました。

 

そこへ体力がまだある月島とぶつかり、しかも兵士と違って動きも機敏で武器も他の兵士から貰えるので、最初に武器を投擲したのです。

 

牛山は銃剣を受けた際、おでこを貫かれていましたが、それでも普通に暴れまわっているのは化け物だなと思いましたね。

 

そして尾形は鶴見と会っていましたが、何か理由でもあったのでしょうか。

 

幾ら揺れる列車の上だからと言って、尾形の狙撃の技術があれば、鶴見を撃ち抜ける事は容易いのにわざわざ近づいたのには、何かしらの訳があるのでしょうね。

 

そして列車の先端に熊のような腕がしがみ付いていましたが、もしかしたら轢いたかもしれない熊が生きていて、しがみついて車両に向かおうとしているかもしれません。

 

そうなったら、益々カオスになるかもしれませんね。

 

<< 302話 一覧 304話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました