スポンサーリンク

推しの子68話ネタバレ考察感想あらすじ!アクアと姫川ふたりの父親の正体が明らかに

漫画ネタバレ

2022年1月20日発売の週刊ヤングジャンプ2022年8号で、『推しの子』68話が掲載されました。

 

DNA鑑定結果で、まさかの姫川と異母兄弟だと分かったアクア。

 

姫川に父親のことを教えてほしいと尋ねると・・・。

 

本記事では、『推しの子』68話『開放』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 67話 一覧 69話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

推しの子68話のあらすじネタバレ

アクアから渡されたDNA鑑定書を見ながら、「そういうこともあるのか・・・」とつぶやく姫川。

 

そしてこんなところで話す内容じゃないから3件目に行こうとアクアを誘い、姫川の家に行くことになりました。

 

姫川は、DNA検査までしてたってことは大体目星はつけていたのか?アクアの母親は誰だ?と尋ねました。

 

アクアはそれは言えないと言うと、姫川は「タレントか、同じだな」と言いました。

 

そして姫川愛梨っていう女優を知ってるか?、俺の母親だとアクアに言いました。

 

アクアは朝ドラのヒロインやってたと答えると、姫川は携帯で検索しながら、スマホ画面をアクアに見せました。

 

そこには、女優姫川愛梨と夫で俳優の上原清十郎が軽井沢のコテージで遺体で発見されたという記事でした。

 

姫川は5歳の時に、夫婦ともども心中していると言いました。

 

俺の父親、上原清十郎は売れない役者だった、残念だけどもう故人だと姫川は言います。

 

アクアは少し動揺しながらも、もう生きてない?と言いました。

 

姫川はアクアが生まれる前に俺たちの親父は結婚していた、不倫相手との子どもって訳だなと言い、親父は自分に才能がないコンプレックスを、才能がある女を抱くことで誤魔化していたのかもと言いました。

 

さらに心中した理由はもう分からないけれどなんとなく察するところはある、こどもながらに親父のことが嫌いだったと言いました。

 

アクアは「だから苗字が姫川なのか」と言うと、本名は上原だと姫川は答えました。

 

姫川は、女好きは遺伝くだいな、アクアもかなとあかねをたぶらかしている、お前を見ると絶望しかないと言うと、アクアはそんなことしてないと否定します。

 

他に聞きたいことはないかと尋ねられるも、アクアは少し考えるも、ないと言いました。

 

姫川はじゃあ飲み直そう、突然血の半分つながった人間が現れて、俺と同じ役者って笑える、俺のことを兄さんとか呼ぶなよ、きしょいからと笑いながら言いました。

スポンサーリンク

翌朝家に帰るとルビーがかんかんに怒って、朝帰りなんて不良だと言うと、冷静なアクアはルビーを見て、姫川さんの所にお邪魔していただけだ、何も変なことはないと言い、いずれお前にも紹介すると言いました。

 

アクアは自問していました。

 

俺たちの父親はとっくに死んでいた、アイの仇はもういない、じゃあどうするんだ?復讐は?と。

 

その時、かなから電話がかかってきました。

 

ものすごい剣幕で、飲み会の途中どこにいった?ルビーに聞いたら帰ってないって言うし、あかねも消えてるし、もしかしてアンタ・・・と言うと、アクアは落ち着いた声で、演出と姫川で別の店に行っただけだと言いました。

 

かなは、まぎわらしいことしないでよ、バカ、おやすみ、と言って電話を切りました。

 

夜中にかなから、どこにいるの?未成年はお酒飲んじゃいけないんだよというラインがきていたことに気づきました。

 

そんな時、姫川の「かなとあかねをたぶらかしているお前を見てると絶望しかない、早く態度を決めないと」という言葉を思い出していました。

 

アクアは思いました。

 

もう、いいのかな?自由になって、普通に生きて普通に幸せになってもいいのかな?と。

 

ルビーが朝ご飯食べる?目玉焼き作るけど?と言われると、アクアはカーテンを開け朝日を浴びながら振り返り、とても穏やかな表情で言いました。

 

「ああ、食べる」

 

スポンサーリンク

推しの子68話の感想と考察

まさかのアクアと姫川の父親が死んでいたなんて、驚きの展開にびっくりしています。

 

アクアの父親も役者だったなんて、息子ふたりが役者の道に進んだのも必然だったのかもしれませんね。

 

そしてアイは不倫をしてできた子がアクアとルビーだった事実も分かりましたね。

 

アクアと同じくてっきり父親は生きていて芸能界にいるもんだと思っていたので、もう亡くなっていたとは、ある意味拍子抜けだけれど、アクアにとっては一番良かったのかもしれません。

 

もし生きていたとしたら見つけるまでアクアの復讐劇は続くし、見つけたとしても、アクアが殺人犯になってしまうだろうし、そんなことをしたらルビーやかな、あかねが悲しむので、父親が死んでいてくれて良かったと私は思います。

 

最後のアクアの優しい穏やかな表情がとても印象的でした。

 

深い悲しみから成仏されたようなそんな感じがしたので、このまま自分の人生を楽しんでいってほしいなと思います。

 

<< 67話 一覧 69話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました