スポンサーリンク

ゴールデンカムイ302話ネタバレ考察感想あらすじ!列車の中で繰り広げられる激闘

漫画ネタバレ

2022年1月6日発売の週刊ヤングジャンプ2022年6・7合併号で、『ゴールデンカムイ』302話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ302話では、杉元は列車の外にいる鶴見を仕留めれば、戦いは終わると踏んでいて、列車の外に出るも鶴見は列車の上にいたので見つけられませんでした。

 

その頃、別の車両にいる兵士達は騒ぎに気付くと、銃剣を手にして突撃の体勢を取ろうとしていました。

 

そうしたら逆に牛山が突撃してきて、兵士達は彼に押されると共に後方にいた土方の狙撃を受けてしまいます。

 

そしてアシリパと白石はこの間に脱出しようとしました。

 

果たして、無事に脱出できるのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ302話『車内暴力』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 301話 一覧 303話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ゴールデンカムイ302話のあらすじネタバレ

杉元は列車の外に鶴見がいる事から、彼と仕留めれば兵士達の士気は下がるし、この長い戦いに終止符を打つ事が出来る、と踏んで列車のドアを開けます。

 

しかし、鶴見は列車の上へと移動して、優雅に歩いていたので、杉元は彼を見つける事が出来ませんでした。

 

そして別の車両の兵士達は牛山や土方によってやられている兵士達の断末魔が聞こえていたので、彼らは、一体全体何が起こっているのか、と言いつつ、銃剣を装備して車両へと向かう体勢を取り始めました。

 

この車両にいる上官は、決して以前の戦争の時のように銃剣の先端を自分のお尻に突き刺すな、と言いつつ、ドアを開けようとしたのです。

 

その前に牛山がドアを突き破って突撃してきて、兵士達を押しのけていきます。

 

牛山はドアを蹴飛ばして吹っ飛ばすと共に、兵士達はドアをぶつけられた衝撃を喰らって吹っ飛んだり、血を出したり、ドアの窓を突き破ったりしていたのです。

 

土方は銃撃を繰り出して兵士達を撃ち抜きました。

 

完全に兵士達は浮足立っている状態なので、土方はアシリパに対して、早くここから脱出して、と言います。

 

アシリパはこの車両を脱出して外に出ようとするが、前方に向かっていた月島と目があってしまいました。

 

白石も反対方向から向かってくる鯉登を見つけてしまったので、アシリパに対して、前へ行こう、と口にしたのです。

 

スポンサーリンク

それから土方に対して、今は出れない、と伝えつつ、アシリパと共に前の車両へと向かいます。

 

鶴見は列車の上から月島に、前へと向かい、袋のネズミにする、と指示したのです。

 

彼の声が聞こえたので杉元は銃撃を繰り出すが、鶴見は避けました。

 

杉元は土方の元へと合流し、彼から、アシリパと共に速やかに逃亡しろ、と言われるも、アシリパを死守するなら敢えて居残って、ここにいる敵を多く蹴散らした方がいい、と返します。

 

その台詞を列車の椅子の下にいたアシリパが聞いていたのです。

 

土方は、金塊の事は如何でも良くなっているみたいだな、と言うと杉元は、親から人の良さだけ受け継いでいるから、金塊は自分自身のために使う事は辞めた、と言うと土方は、武士の魂を持っているな、と答えました。

 

そして杉元と土方は立ち向かっていき、土方は銃剣から刀へと持ち替えていました。

 

前方では牛山が自らの負傷を顧みずに兵士達を薙ぎ払っていたのです。

 

そして前方へと到着した月島が立ち向かっていました。

 

その頃、列車を運転している運転手は後ろの車両のもの激しい音を聞いて、何かやばい事が起こっている、と感じており、助手も、もうすぐ駅ではあるが非常事態だから一旦列車を止めよう、と言います。

 

そうしたら何者かが運転手を撃ち、助手も撃ったのです。

 

彼らを撃った犯人は尾形でした。

 

そして鯉登が後ろの車両に飛び乗り、完全に挟み撃ちの状態になりました。

 

鶴見達は尾形が運転手を撃った事に気づいておらず、尾形は声高らかに、この列車は止まる事のない暴走列車だ、と言うのでした。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ302話の感想と考察

今思えば、そのまま森を突っ切れば良かったのではないかなと思いますね。

 

森だったら茂みの中に隠れて相手を撒ける可能性は十分にあると思いましたし、奇襲を仕掛けていく事も出来た筈です。

 

たらればを言っても仕方ありませんが、前の話と今回の話を読んでいると、そんな風に思ってしまいますね。

 

それを踏まえても杉元達、特に牛山は凄い暴れているなと言う感じです。

 

そして鶴見の指示で包囲されてしまいましたし、尾形も運転手を狙撃する等滅茶苦茶な感じになっていますし、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされた状況になりましたので、どうなるのか気になるところです。

 

次回は列車が駅を通過して、脱線するのではないかなと思います。

 

運転手は尾形が始末してしまったので、誰も列車を止める事は不可能な状態です。

 

しかも終点である駅に近い位置を列車が走っている事も、運転手は言っていました。

 

その事からも列車はあっという間に駅へと到着するのではないかと思います。

 

この時代、函館を通って青山県に行ける線路があるかどうか分かりませんが、もし無ければ列車を止めるための柵があると思いますので、それにぶつかって脱線するのではないでしょうか。

 

それによって多くの犠牲者が出ると思います。

 

<< 301話 一覧 303話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました