スポンサーリンク

推しの子67話ネタバレ考察感想あらすじ!アクアが調べた遺伝子鑑定の結果で衝撃の事実が明かされる

漫画ネタバレ

2022年1月6日発売の週刊ヤングジャンプ2022年6&7合併号で、『推しの子』67話が掲載されました。

 

『東京ブレイド』の公演期間が続く中、ある日の公演終わりにみんなで飲みにいくことになり・・・。

 

本記事では、『推しの子』67話『飲み会』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 66話 一覧 68話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

推しの子67話のあらすじネタバレ

ある日の『東京ブレイド』公演後、役者たちはみんな、疲れてヘトヘトになっていました。

 

かなが「この舞台、消費カロリーが高いのよ」とぼやくと、役者の一人が「じゃあ飲みにいくか」と言いました。

 

「えぇ!今日も?」と言うと、アクアはぼそっと「舞台人は飲み会が好きだよな」と言いました。

 

あかねはすぐにスマホで当日予約できるお店を調べてあるからと言って探し始めました。

 

姫川は金田一に「たまにはおっさんも行く?」と誘うと、金田一はおっさんがいたら気を遣うだろうから若者だけで行って来いと言うも、あかねが一緒に行きましょうと誘うと、それならと金田一も一緒に行くことになりました。

 

かなは飲み会は苦手だから帰って休もうかなと言うも、アクアはどうするのかと尋ねると、アクアは「行く」と言いました。

 

すると即座にかなもやっぱ私も行くと言いました。

 

飲み会ではそれぞれ盛り上がっている中、アクアは「隣いいですか?」と言って金田一の隣に座りました。

 

金田一は劇団ララライに長く席を置いていて、アイがワークショップに参加していた頃のことを知っているんじゃないかとアクアは考えていました。

 

金田一はアクアに、芝居が良くなってきているからこのまま千秋楽まで頑張れと言うと、アクアはありがとうございますと言いました。

 

そしてアクアは金田一に、いつからララライにいるのか尋ねると、最初からで立ち上げメンバーの一人だと金田一は言いました。

 

金田一は最初の頃は人を集めるのも大変で、ワークショップで集めた人で何公演か回していたが、あれは失敗だった、もうやらんと話しました。

 

アイが参加していたワークショップかもしれないと思ったアクアは、金田一に「失敗ですか?ク悪しく聞きたいですね」と言うと、金田一は若い頃の失敗だ、詮索するなと言いました。

 

教えてくださいとアクアが言うも、ダメだと言う金田一。

 

そこへ2人のやりとりを聞いていた姫川が、アクアの耳元で任せろ、俺もおっさんの失敗は気になると言って、金田一に良い店があるからそこへ行って飲みましょうと誘いました。

スポンサーリンク

姫川は金田一とアクアを連れて、可愛い女の子たちがいるお店にやってきました。

 

姫川は一人の女の子に、金田一に酒をたくさん飲ませて潰してとお願いしました。

 

姫川はアクアに、男は可愛い女の子に注がれたお酒は飲み干すものだ、酔わせて過去の失敗を引き出すぞと言いました。

 

ここはどういう店なのかとアクアが尋ねると、姫川はモデルやアイドルが食べていけなくて事務所に内緒で働く店で、会員制だからバレるリスクも少ないと説明しました。

 

アクアは、かなり通ってる感じですねと言うと、姫川は俺は可愛い女の子が好きだからと言いました。

 

するとべろべろに酔った金田一が姫川にお前飲んでないだろと声をかけてきました。

 

金田一は姫川にここまで育ててきてやった義理も忘れてるだろ、飲めと言うと、アクアは二人はどういう関係なのかと尋ねました。

 

すると姫川が、俺は養護施設出身で施設を出た後、金田一さんに面倒をみてもらってたと言いました。

 

酔っぱらった金田一は、「欠けている奴はいい、欠けている部分を求めるように技術を吸収していく、姫川がまさにそうだった」と言った後、「星野、お前もだ、お前たちの芝居は似ている、欠けている人間の演技だ」と言いました。

 

金田一は続けました。

 

「まともな人間じゃない奴がまともな人間のふりをしている、人とは違うから周りを観察して世の中に順応しようとしてきた奴の芝居」

 

それを聞いて姫川は確かにと言いました。

 

金田一はアクアに、お前はつまらない演技をする奴だと思っていたが、終盤の演技、本物の感情が見えた、本物のやつだ、面白い、まぁ俺の指導が良かったんだなと言うと、そのまま酔って寝てしまいました。

 

姫川は飲ませ過ぎたと言い、アクアにおっさんの過去話はいずれ引き出してやるからと謝りました。

 

アクアは別にいいですよと言い、今日はあなたと話がしたかったんです、このタイミングを待っていましたと姫川に言いました。

 

そしてアクアは一枚の紙を姫川に見せました。

 

姫川はその紙を手に取り、「何これ?遺伝子鑑定?」と言うと、アクアが言いました。

 

「俺と姫川さん、父親が同じなんですよ」

 

「教えてくれませんか、あなたの父親のこと」

 

スポンサーリンク

推しの子67話の感想と考察

最後が衝撃すぎて思わず声が出てしまいました。

 

まさかアクアと姫川が異母兄弟だったなんて、びっくりです。

 

アクアもDNA鑑定の結果を見た時はかなり衝撃だったのではないでしょうか。

 

となると、私は金田一がアクアの父親かと思っていたのですが、この線はハズレですね。

 

姫川は施設育ちでどこまで自分の生立ちをしっているのかが今のところ分からないですが、アクアと姫川の父親って相当女遊びをしていた可能性がありますよね。

 

業界の人で色んな女の子と遊んでいた中の一人がアイだった可能性もあるじゃないですか。

 

もしかしたら姫川の母親もアイドルとか役者だったかもしれませんね。

 

だから育てられなくて、人に知られたくなくて、姫川を施設に預けたのかもしれません。

 

姫川が自分の父親のことをどこまで知っているのか、次回が今から楽しみです。

 

<< 66話 一覧 68話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました