スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ234話ネタバレ考察感想あらすじ!三天戦争が終わり、タケミチは何を想う?

漫画ネタバレ

2021年12月8日発売の週刊少年マガジン2022年2号3号合併号で、『東京卍リベンジャーズ』234話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』234話は、三天戦争の結末とタケミチがどうなったがまず明らかになりました。

 

果たして、どうなったのか?

 

そして、お見舞いに千冬がやってきますが、すぐに帰らせてしまいました。

 

この時、あることを決めていたのが理由にありましたがその理由とは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ234話『There is no mending』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ234話のあらすじネタバレ

「グシャ」

 

顔面血だらけのタケミチがマイキーの名前を呼んだ直後、サウスが亡くなる際と同様に嫌な音が響きました。

 

その後、タケミチは人工呼吸器を付けた状態で病院のベッドにいました。

 

ちなみに、殴られて開かなくなった右目には包帯が巻かれており、折られた腕と首にギプスがつけられていました。

 

そんな重症のタケミチの横にはココがいました。

 

彼曰く、タケミチは3日間寝ていました。

 

それにより、タケミチはマイキーにやられたことを悟りますが、その一方で気になることがありました。

 

それは、なぜ自分が生きているのかということです。

 

「もういいだろ」

 

タケミチを今の状態になるまで殴りまくったマイキーを止めるために千咒が2人の間に割って入りました。

 

ちなみに、この時千咒は戦うことができる状況ではありませんでした。

 

そこで、千咒は土下座をしました。

 

そして、梵の解散を宣言しました。

 

最終的に梵の解散宣言で集結した三天戦争。

 

この戦争で関東卍會は六破羅単代を吸収していました。

 

そして、三天戦争の結末を話したココは、後始末があるということで病室から出て行きました。

 

自分のせいで梵を解散させてしまった。

 

そのことを知ってしまったタケミチはマイキーのことを考え始めました。

 

三天戦争で会ったマイキーは自分が知っている彼ではない。

 

なぜなら、本気で自分のことを殺そうとしたから。

 

スポンサーリンク

そう思いながら自分は何をしているのか考えていました。

 

ぼーっとしていると千冬がいたことにタケミチは気づきました。

 

千冬はドラケンの葬儀に行ってきましたが、葬儀に参加した人たちは何があったのか理解不能だったので放心状態だったということを話しました。

 

そして、何が起きたのかタケミチに聞こうとします。

 

さらに、未来でドラケンに会ったことを聞いてからなぜ彼が死んでしまったのか号泣しながら聞きました。

 

「オマエのせいでドラケン君は!!!」

 

タケミチが戻ってきたせいでドラケンが死んでしまったので、千冬はタケミチを責めました。

 

「全部俺のせいだから」

 

責めてしまったことに対して千冬は謝りますが、タケミチは全て自分が悪い思っていることを告げました。

 

そして、一人になりたいとお願いをしました。

 

タケミチのお願いを受けて千冬は出て行きますが、出て行く前に復活したら殴るから早く怪我を治すよう伝えました。

 

病室から出てきた千冬をヒナが目撃しました。

 

ちなみに、彼女は花瓶に花を替えてきて病室に戻る途中でした。

 

ヒナは千冬が帰ってしまうことが気になって声をかけました。

 

「もういいんだ」

 

そう言って千冬は去ってしまいますが、この時ヒナは言っている意味がわからないので困惑していました。

 

千冬が病室から出て言った直後、タケミチは心の中で彼に謝っていました。

 

なぜなら、この先は自分一人で戦うことを誓ったので、これ以上誰も巻き込みたくないと思っていたからでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ234話の感想と考察

まず、タケミチガどうなったかが明らかになりましたが、病院送りにされて人工呼吸器が必要なくらい重症でした。

 

ちなみに、前回の最後にマイキーの名前を呼びましたが、それで何かマイキーに変化は無し。

それによって、トドメの一撃は喰らっていたようです。

 

マイキーに良い変化があればよかったのですが何もなかったのは残念です。

 

そして、タケミチを守るために千咒が梵を解散させるという犠牲があったことが発覚!

 

さらに、三天戦争の終結で関東卍會は六破羅単代を吸収したことも発覚!

 

これが2018年で梵天が存在した&梵天にサウスと千咒がいないことにつながっていたようですね。

 

そうだとすると、梵のメンバーだった武臣がなぜ梵天にいたのかがまだわかりません。

 

今後この謎がわかる出来事があるのかもしれないですね。

ココの次にタケミチのもとに千冬がやってきますが、タケミチは一人になりたいということで追い返してしまうような感じになってしまいました。

 

これでコンビ解消と思いましたが、千冬はそうは思っていないように感じました。

 

しかし、タケミチは解消させようとしていたようですが、これは一人で戦うと決めたからでした。

 

復活したらどんな展開が待っているのか気になりますね。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました