スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい236話ネタバレ考察感想あらすじ!自宅で2人きりの伊井野と石上

漫画ネタバレ

2021年12月2日発売の週刊ヤングジャンプ2022年1号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』236話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜236話では、伊井野は石上を家に招きつつ、これまでかぐやが自分達にきつく接していたのは、自分達だけで生徒会を運営していけるようにするためだ、と口にしていました。

 

しかし、石上は伊井野の手が自分の手に触れているため、そっちに意識が向き、彼女の話の殆どを聞いていませんでした。

 

果たして、伊井野はどういう感情で話をしているのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜236話『そして、石上優は目を閉じた⑤』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 235話 一覧 237話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい236話のあらすじネタバレ

調査員の魔の手があると言う事と、家族が不在なのを理由に石上を自分の家に泊めた伊井野。

 

そして一緒にソファーに座ると、かぐやがいなくなる前に自分達に対して厳し目に対応していたのは、自分達の手で生徒会を運営してほしかったからだ、と伊井野は言います。

 

しかし、石上は彼女の話を余り聞いていませんでした。

 

その理由は伊井野の手が石上の手の上に置かれていたからで、石上は内心では、この状況で平然と話が出来るな、と思っていました。

 

伊井野はここへ来る手伝いさんが用意する料理を石上に食べさせようとし、石上も最初は食べようとするのだが、伊井野の分しかないと察して彼女のためにやめる事にしたのです。

 

伊井野は了承して再びソファーに座ると、石上の手の上に自分の手を置くのでした。

 

そして伊井野は、石上は白銀達が去っても生徒会に残るの、と聞くと石上は、今のところは何とも言えない、と言いつつ、白銀に助けてもらった恩を返すためにこれまで唯一の居所の生徒会に属していたが、今となっては生徒会以外にも居所が出来た、と言います。

 

話を聞いた伊井野は、それなら生徒会にいる必要はないし、石上は新たな居場所で好きな事をやればいい、と言いつつ、自分はあくまで生徒会長になるために生徒会に居続ける、と口にしたのです。

 

そんな彼女を石上は褒めながら頭をポンポンと軽く叩き、伊井野は嫌がるそぶりを見せませんでした。

 

そして、白銀達の元で色々やって来たけど、自分がかつて掲げていたやり方が良いのか分からなくなっていて、生徒会長になりたいけど、何故そうしようと考えたのか分からなくなった、と口にする伊井野。

 

スポンサーリンク

そんな中、石上は伊井野の髪の触り心地がいい事に気持ち良さを感じていて、彼女の話を余り聞いていなかったが、彼女の問いかけに対して何とか返す事が出来ました。

 

伊井野は、石上もいなくなると、自分だけになるのか、と呟くと石上は、伊井野は寂しいのが嫌だからな、と呟きます。

 

そうしたら伊井野は石上に寄りかかって、石上の言う通りにだし、甘えるのも好き、と口にしました。

 

この光景に石上はかつて手を出そうにも出せなかったつばめの事を思い出し、あの時無理にでも手を出さなかった事を反省していたのです。

 

それ故に似たような展開があれば、今度は迷う事無く手を出そうと考えていたのです。

 

実際石上は、伊井野は自分から寄りかかって来た事から、手を出してほしいんだ、と思っており、伊井野も、石上は自分に手を出そうとしているけど、石上なら嫌じゃない、と思っていました。

 

このように2人は同じ気持ちだったので、2人はキスしようとするのだが運悪く電話が来たのです。

 

スマホを取り出した石上は電話して来た相手がかぐやだったので、応答します。

 

そして話をするのだが、ある事を白銀に言うように指示されて、一方的に切ってしまったので石上は怒りを覚えました。

 

伊井野は、何があったの、と聞くと石上は、かぐやが学校を退学するそうだ、と言ったのです。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい236話の感想と考察

ここ最近、かぐやが2人に対して手厳しかったのは、将来的に2人に生徒会を任せたいと言う思いだったのが分かりましたね。

 

今回の一件が無くても、かぐやは3年生だから生徒会を辞めるので、残るかもしれない2人に厳しくしたのでしょう。

 

伊井野が石上に対して、寂しがり屋で甘えん坊と言っていましたが、彼の手に手を置いているのもその表れだったのかなと思いますね。

 

今、四宮家の命令で調査員が動いていて、今も猶見張っているんじゃないかと言う不安もあるのでしょうが、将来的な意味でも不安があるのでしょう。

 

石上も以前と違って友人もそれなりにいるため、生徒会をやるかどうか不透明な状態です。

 

伊井野は続けると決めているが、役員は殆ど知らない人達ばかりでしょうし、白銀やかぐやのように振舞えるのか、今回でも言っていましたが何故生徒会会長になりたいのかと言う不安を抱えています。

 

それ故に石上に甘えてきたのかなと思いましたね。

 

そしてかぐやから学校を退学すると言う電話が来ましたが、明らかに実家で大ごとが起こったのでしょう。

 

どうして学校をやめる事になったのか、石上に伝えたのかどうかは分かりませんが、石上はかぐやが言っていた事を白銀に伝えるのでしょう。

 

次回が楽しみです。

 

<< 235話 一覧 237話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました