スポンサーリンク

少年のアビス76話ネタバレ考察感想あらすじ!夕子対柴沢先生の令児争奪戦再開?

漫画ネタバレ

2021年12月2日発売の週刊ヤングジャンプ2022年01号で、『少年のアビス』76話が掲載されました。

 

『少年のアビス』76話は、あの事件以降の玄の動向が明らかになり、相変わらず不穏な匂いを漂わせる柴沢先生との繋がりも描かれております。

 

柴沢先生の手の上で転がされるように、再び令児の平穏な日々は侵蝕されて行きそうです。

 

本記事では、『少年のアビス』76話『鍵』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 75話 一覧 77話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

少年のアビス76話のあらすじネタバレ

柴沢先生に鍵を返すため、その在処を思い返せば貰ったのは三者面談の時でした。

 

貰ったまま鞄の下敷きの中に押し込んでいた令児でしたが、あるはずの場所を見てもそこには何もありませんでした。

 

その鍵は母である夕子が、柴沢先生を襲わせるために玄に渡していましたのです。

 

その鍵を持ったまま、令児の前から姿を消した玄は柴沢先生の実家に訪れていました。

 

ボロボロの姿に驚きつつも、卓球場での一件があったことや謹慎中であることも含め、柴沢先生の態度は冷ややかなものでした。

 

何も言わずに玄はアパートの鍵を見せると、その鍵を持っていることに柴沢先生は驚きますが、玄は気にせずにアパートに泊まらせてくれるように頼みました。

 

住所を教えて、翌日のどこかで必ず行くという事だけを言うと、柴沢先生は家の中に入ってしまいました。

 

翌日、約束通りにアパートに向かうと、玄はぼんやりと床に座っていました。

 

ベッドを使っても良かったと言う柴沢先生に対し、令児とやりまくったベッドで寝るのは気持ち悪いと悪態をつく玄。

 

訝しげマスクと帽子で覆われた顔でも、柴沢先生の訝しげな表情は顕著に目に表われていました。

 

泊めたことと引き換えに、何があったのかと事情を尋ねてみると、玄は女を刺したとだけ言いました。

 

恋人を刺したことに驚く柴沢先生でしたが、殺して死のうと思ったけど逃げられたという玄に、心中するのが若い子の間で流行ってるの? と理解しようとはしませんでした。

 

そんな理由は特に気にするところでは無く、それよりもどうしてアパートの鍵を持っているかの方が重要でした。

 

スポンサーリンク

令児の母親から託されていたのは気付いていましたし、お金の話もされていて殺して金をふんだくろうとしていた夕子の企みも、柴沢先生は嘲笑するばかりでした。

 

結果的には金の全てを渡すことになり、玄の逃亡資金は用意できないと柴沢先生は言いました。

 

しかし、玄は町を出ないと言いました。

 

その言葉に令児も同様の事を言っていたことを思いだし、夕子に洗脳されているの? と言いますが、町を出ないことと夕子は玄にとっては関係無いようです。

 

あのままひき殺してくれることまで望んでいた玄は、そしたら……と何かを言いかけて舌打ちしてそれから先を呑み込みました。

 

玄の中にある感情を少なからず察した柴沢先生は、いたいだけいていいと言い、食料を提供するために職探しを始めようとしました。

 

すんなりと匿ってくれることになった玄は、いいのかと顔も見ずに問いますが、元高校教師であり、助けを求める青少年は助けると柴沢先生は言いました。

 

その言葉とは裏腹に、玄なりの令児への情や、自分の元に置いておけば夕子の駒として動くことも玄の家の会社で令児が働くこともなくなるという狙いがありました。

 

ドアを閉め、令児には気付きが必要だと言う柴沢先生。

 

誰も助けてくれず、この町で生きていくことの絶望を受け止めたとき、自分の救いが必要になってくると気付くまで、少しのお別れと言っていたのでした。

 

そして、三ヶ月ぶりに会った令児は玄に対し、この町から出て居場所を見つけてくれたら良いなと言っていたことを玄に伝えると、煙草を吸いながら玄は笑うばかりでした。

 

そんなアパートの事情をしるはずもなく、鍵を無くしたと思っている令児は弁償するとメッセージを送りますが既読もつかず、玄のいるアパートに直接向かうしかないと決めました。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス76話の感想と考察

前回の玄の登場から、その経緯を描いてくれました。

 

どうして心中しようとしたのかまで柴沢先生に聞いて欲しいところでしたが、敵意しか見せない相手が心中しようと興味はないことはわかるので仕方がありません。

 

玄の呑み込んだ言葉を推測すると、あのままひき殺してくれたら令児も解放されるというところなのではないでしょうか。

 

令児がこの町から出て行くなら玄も出て行くという気持ちはあるのかもしれませんし、夕子によってこの町に令児が留まり続ける限り玄もそうするのかもしれません。

 

恋人を刺して行方不明中の玄は、令児のところにまで警察が向かったことから考えればこの町ではもう普通に生きていくのは難しいかもしれません。

 

それでも町から出ずに、柴沢先生を頼ったのは令児がいるからなのでしょう。

 

柴沢先生が仕組んだ罠にも気付かずに、令児と玄は次回再会してしまうのでしょうか。

 

令児なら心中しようとした心境を聞いてくれるはずですが、その理由の中にもおそらく令児があるのだろうと思います。

 

<< 75話 一覧 77話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました