スポンサーリンク

彼女お借りします215話ネタバレ考察感想あらすじ!今の麻美ができた訳

漫画ネタバレ

2021年12月1日発売の週刊少年マガジン2022年01号で、『彼女、お借りします』215話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』215話では、和おばあちゃんに全て話すという麻美を引き留めに走る水原。

 

ロビーで合流すると、今水原がしていることは周りに迷惑をかけていると麻美に言われます。

 

それでももう少し待って欲しいと頼みますが、麻美は水原をレンタルすると言い出しました。

 

本記事では、『彼女、お借りします』215話「楽園と彼女㉘」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 214話 一覧 216話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします215話のあらすじネタバレ

世の中は、恋が好きだなと麻美は思っていました。

 

飲み会では、恋とダイエットとメンヘラというワードがあれば盛り上がります。

 

他人が恋をしようがレンタルをしようが、正直どうでもいいのです。

 

今生きてる時間は、死ぬまでの暇つぶしだと考えています。

 

 

麻美が4歳の頃初めて、大切にしていたものを捨てられました。

 

父親は、品格は教育からという言葉を口癖にしている人でした。

 

父親が描く未来に不必要だと判断されたものは、麻美と弟の周りから排除されました。

 

 

白馬という夫婦の息子に会ったのは、麻美が9歳の時でした。

 

麻美の家では、家柄のいい人達との食事会は日常的に行われていました。

 

なので、その人のことは、少し歳が離れたお兄さんくらいに思っていました。

 

 

中学と高校は、一貫校のお嬢様学校に通っていました。

 

父親の口癖通りの学校で、風紀も厳しく異性間交流などほぼありません。

 

卒業して随分経った頃、学校に父親の息が掛かっていたことを知りました。

 

家に帰ると部屋は勝手に整理整頓されており、その度に写真や本など不要なものは捨てられていました。

 

ここまでは父親の思惑通りの品行方正、意のままの娘だったはずです。

 

小さい頃からこの習慣が日常だった麻美は、特に疑問を持っていませんでした。

 

母親のおさがりのスマホがあれば最低限の友達との連絡は取れるし、ゲームも出来ます。

 

父親の唯一の誤算は、この娘の心に自由への灯があったことだと思います。

 

 

高校生になり、隣の高校の男の子から告白をされました。

 

誠実で明るく家族思いの優しい人で、同じソシャゲをやっていたことで盛り上がり3か月後に付き合い始めました。

 

 

自分の家の事情を話しても理解してくれ、どこにでもいる普通のカップルでした。

 

勿論親には内緒だったので、危なっかしくも刺激的な日常に得られる感覚を感じていました。

 

スポンサーリンク

やがて変化がおき、彼との未来がより明瞭になってきました。

 

敷かれたレールをただ歩いてきた自分にとって、この脱線行為は自分の中の何かを照らすのに十分でした。

 

彼と未来を生きていきたいと思い、15年間の中で初めて、自由な自分を手に入れる希望の光になっていました。

 

 

ある日父親に、彼と別れて白馬さん家の息子と結婚しろと言われました。

 

あまりにもひどい現実に、麻美はもちろん反抗しましたが、父親から顔を叩かれ子供には分からないと突き放されました。

 

 

父親は後日、登下校中の彼に声を掛けています。

 

 

夜彼から、他に好きな人が出来たと連絡が来ました。

 

その瞬間、自分の中の小さな赤ちゃんが死んだ気がしました。

 

 

そんなことがあっても、自分にはどうすることも出来ませんでした。

 

家を出ていくほどの勇気も知識も能力も無かったからです。

 

結局は親の言いなりになるしかできない、小市民でしかありませんでした。

 

 

彼と幸せになりたいと言いながら、親の庇護を疎ましく思う幼稚な自立本能は、恋という名前よりも反抗期という分かりやすい名前がありました。

 

恋や愛なんて言葉は、飲み会で盛り上がるだけのラベリングでしかありません。

 

なので、恨んでいるわけでもないし、人の為なんて偽善も、自分だけなんてエゴも意味なんてありません。

 

結果、自分は恋する2人を見ると壊したくなるのでした。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします215話の感想と考察

今回は、麻美の過去について知ることが出来ました。

 

何故こんなに意地悪なことをするのかと、今まで思っていましたが、こうゆう過去があったからなのでしょうね。

 

初めて出来た好きな人と幸せな未来を夢見ていたのに、厳格な父親から切り離され結局自分は無力だと知りました。

 

テレビなどでよく見る光景だと思いました。

 

お金持ちの家のお嬢様は、いい家柄の息子との結婚を決められていますよね。

 

それにみんな反抗し、親に勝てずに言いなりになるしかない人、家から出ていくもの、反抗し続け親が折れたもの、色んなパターンがあると思います。

 

麻美は言いなりになったんですよね。

 

まだ子供の自分には、何も出来ないと知ったのです。

 

彼から別れを切りだされた時、麻美の心は死んだのでしょう。

 

他人はどうでもいい、でもみんなが幸せになろうとしているのを見ると腹が立つのでしょうね。

 

今まではただ怖いとだけ思っていましたが、これからは少し見る目が変わってくると思います。

 

それでも水原たちの邪魔をしないで欲しいし、麻美も幸せになって欲しいですね。

 

<< 214話 一覧 216話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ彼女、お借りします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました