スポンサーリンク

少年のアビス75話ネタバレ考察感想あらすじ!令児に迫る最悪タッグ

漫画ネタバレ

2021年11月25日発売の週刊ヤングジャンプ2021年52号で、『少年のアビス』75話が掲載されました。

 

『少年のアビス』75話は、チャコの家から帰宅すると、自分の家から出て来たのは柴沢先生でした。

 

偶然の再会から、あの事故以来の動向を知れると共に、もう一人の動きも明らかになります。

 

本記事では、『少年のアビス』75話『改心』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 74話 一覧 76話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

少年のアビス75話のあらすじネタバレ

自分の家から出て来た柴沢先生の姿に、令児は動揺するばかりでなにしに来たのかなど理由を考えては動くことが出来ませんでした。

 

柴沢先生の足音に身体を震わせる令児でしたが、令児との再会を柴沢先生は謝りました。

 

バイトの時間で令児がいない時間だから訪問したとのことで、母とは連絡を取り合っていて、この日は改めて謝罪をしに来たようです。

 

本当は令児との接触は禁止されていますが、偶然にも会ってしまったのだから言わせてと柴沢先生が切り出すと、やはり令児は身体とビクッと震わせました。

 

深々と頭を下げて謝罪する柴沢先生の姿に、令児は驚き何も言うことが出来ませんでした。

 

隣人がドアを開ける音で我に返った令児でしたが、それ以上は何も言わず柴沢先生は帰ろうとしました。

 

しかし、今帰ったら母に会ったことが気付かれると言い、令児は歩きながら話すことにしました。

 

先生と呼ぶべきか迷う令児に、隣町の塾講師をやっているからまた先生で良いと柴沢先生は言いました。

 

もう既に働いている事に感心しつつ、母と連絡を取り合っていることについて尋ねると、入院中にもお見舞いに来ていたようです。

 

その時のひどい状態を見て、改めてとんでもないことをしてしまったと実感した柴沢先生は、リハビリは続き顔にも傷が残るという令児の母に一生かけて償うと誓いました。

 

そして、チャコのことについても柴沢先生は尋ねました。

 

スポンサーリンク

どうしてチャコのことを知りたいのかと令児は逆に聞き返しますが、ただ謝りたいだけで自分の生活を取り戻してくれていたらと思っているようです。

 

会うことがあったら伝えておくと、令児は長髪で顔を隠しながら言いました。

 

令児の現状の話になると、仕事の件から行方不明の幼馴染みの子の話になりました。

 

早く見つかると良いというわけでもないと令児の心中を察しますが、令児はこの町から出て居場所が見つかっていることを願っていました。

 

自分だけこの町に置いてけぼりになっても? と呟く柴沢先生の声は令児には届いておらず、また高校生に戻ってくれないと償いにならないと言いました。

 

けれど、令児は償わなくていいと言うだけでした。

 

あの事故は母の方から飛び出したものであり、自分が心中しようとしたことが全ての始まりで、逆に令児の方が巻き込んでしまったことに頭を下げました。

 

そんな令児の言葉を否定し、大人で先生である自分が正しい道に導けなかった自分の失敗だと言う柴沢先生は、誰にも謝らないでと令児に告げました。

 

言う資格は無いと前置きしながら、同じ町にいる大人として今度こそ間違えないから頼って欲しいと言うと、令児は素直にお礼を言いました。

 

帰ろうとする柴沢先生は、預けておいたアパートの鍵を返すように言いました。

 

アパートの住所を書いたメモを渡し、そこに送るように言うと、自転車で走り去る令児の後ろ姿を見送りました。

 

その姿によく出来ましたと言う柴沢先生の表情は以前のものに戻っていました。

 

帰宅し、やつれて苦労が滲み出ていた姿を憐れとしか言いようがなかったと一人で呟き、あんな顔をさせたままで良いわけがないという気持ちは同じはずと振り返り誰かに同意を求めました。

 

その相手は、柴沢先生が令児との会話の中で行方不明だと切り出した玄でした。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス75話の感想と考察

最初はまんまと騙された読者も多いのではないでしょうか。

 

新章になり、柴沢先生も変わって新たな展開になり、本当に頼れる存在として令児の道しるべになってくれるのかと思いました。

 

元々数少ない令児周りの人間に、今は誰も頼れる存在がいない中での登場のはずが、さらなる事件を巻き起こす空気しかありません。

 

挙げ句に玄も登場しましたが、どういう流れで玄はそこに向かったのかは次回語られるのではないでしょうか。

 

元々はこの町から出したかった柴沢先生と、この町に留めたい玄とでは目的が真逆のはずなのですが、どちらも令児への想いは一緒です。

 

令児が今の生活から抜け出させるために行動するのであれば、一体何をしようというのか想像もつきませんが、まだまだ令児に平穏な生活は訪れないのでしょうか。

 

最後にはまた似非森が動いてくれることを願っていますが、今のところその気配も無いので令児に本当に手を差し伸べてくれる人はいるのでしょうか。

 

<< 74話 一覧 76話 >>

 

「少年のアビス」著者・峰浪りょう先生のデビュー作『溺れる花火』も一緒にお楽しみください。

↓↓↓↓↓


夏が近づいてきた頃、泳太はいつも通り小秋の見舞いのため、海沿いの病院へと赴く。昔から体の弱かった小秋は、浅い関係のまま付き合い続けていることに負い目を感じていたが、泳太は十分に深く付き合っていると信じていた。そんな中、小秋とよく似た雰囲気を持つ彼女の従姉妹・夏澄と出会い、泳太の心は揺れて…。峰浪りょうが紡ぐ恋と欲望の物語!!
ネタバレ記事はこちら

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました