スポンサーリンク

彼女お借りします213話ネタバレ考察感想あらすじ!和也の気持ちはバレバレだったが・・・

漫画ネタバレ

2021年11月17日発売の週刊少年マガジン2021年51号で、『彼女、お借りします』213話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』213話では、もう限界だという連絡が麻美から来てしまい、さらに頭を抱えている水原。

 

そこに現れたのは、息を切らすほど走ってきた和也でした。

 

和也の表情を見て、水原は何かを察します。

 

本記事では、『彼女、お借りします』213話「楽園と彼女㉖」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 212話 一覧 214話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします213話のあらすじネタバレ

それぞれ別の場所で携帯を見つめる麻美と和おばあちゃんと、気まずそうにしている瑠夏と栗林。

 

色んな所で物事が起きている今、水原の前にも和也が現れ、話を聞いて欲しいと言っています。

 

 

和也は先に謝っておくと前置きをし、少し時間が欲しいと頼みます。

 

水原は和也が告白をすると察し、告白という単語は使わずに和也を止めます。

 

これから自分がしようとしていることが、水原にバレていると気づいた和也。

 

これはもう告白をしているようなものだと、恥ずかしくなってきました。

 

しかし気づいているのに止めるということは、やはり水原にとって迷惑だということでしょうか。

 

そのとき水原は、右手に持っているスマホをチラッと見ました。

 

和也が来た時にスマホを触っていたので、何か取り込み中なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

そうなると告白が出来ない気がしてきて、前に進むことも後ろに下がることも出来ません。

 

すると水原は、行くところがあると言い、和也の横を通り過ぎていきます。

 

和也は水原の手を掴み、まだ話は終わっていないと凄い気迫で伝えます。

 

告白をしようとしたとき、水原のスマホに連絡が入り、水原は冷や汗を流します。

 

その内容は、何かの写真1枚ともう着いたという麻美からの言葉でした。

 

水原は和也にごめんと告げ、手を振りほどき走って行ってしまいます。

 

水原が走っていく後ろ姿を見ながら、和也はそのまま動きません。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします213話の感想と考察

とうとう和也の告白が見れると思いましたが、きちんと言葉にして言えませんでしたね。

 

たしかに水原は和也が告白すると気づいていましたが、今麻美が動き始め、それどころではありません。

 

スマホの内容がはっきりと見えませんでしたが、写真ともう着いたという言葉だったので、和おばあちゃんの部屋の前に着いたということでしょうか。

 

麻美が一人で、和おばあちゃんに突撃してしまうという状況だと思います。

 

せっかく和也は覚悟を決めて来ましたが、ものすごくタイミングが悪かったですね。

 

和也が水原を引き留めた時は、やっと言うのかと思いましたが、水原が立ち去ってしまい言えませんでした。

 

和也からしたらあの水原のごめんは、フラれたと思ったのではないでしょうか。

 

お互い言葉が足りなかったですね。

 

和也を置いて走っていった水原は、麻美のところに間に合ったのか、和也はこれからどうするのか、次回が楽しみです。

 

<< 212話 一覧 214話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ彼女、お借りします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました