スポンサーリンク

ヒットマン80話ネタバレ考察感想あらすじ!板挟みになった龍之介の決断とは!?

漫画ネタバレ

2020年2月12日発売の週刊少年マガジン2020年11号で、『ヒットマン』80話が掲載されました。

 

ヒットマン80話は、本来の絵で勝負したい島風と今風の絵にしたい會澤との間で板挟みになってしまった龍之介は夏目に相談します。

 

彼の助言を受けて龍之介は敷島と共に、會澤と菊池の元に行って島風の作風で勝負させてほしいと頼むが、會澤は売り上げの事もあって譲らなかったのです。

 

そうしたらキャラクターデザインに原画と作画監督を兼任している菊池が、修正通りではなくアニメ映えしたものにすると言って去っていきました。

 

果たして、ここからどうなっていくのでしょうか。

 

本記事では、ヒットマン80話『アニメ側と原作側』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 79話 一覧 81話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ヒットマン80話のあらすじネタバレ

島風の事と會澤の事に関して完全に板挟みになってしまった龍之介は敷島と共にカフェで夏目に会い、今回の事を話します。

 

どっちも正しいとは思うけど何が正解なのか分からないと龍之介は言うと、夏目は自分達は神様ではなく編集者であり、全ての人の理想を叶えられないなら自分に出来る事をすればいいと言い、最後に2人の仕事は何かと尋ねたのです。

 

この問いに龍之介はやっぱりそうですよねと返しました。

 

後日、龍之介と敷島は會澤と菊池に会い、會澤の提案は島風には話していないと伝えると會澤は驚いたのです。

 

龍之介は會澤が言っている事は最もだと言いつつ、自分達の仕事は作家の理想を叶えてあげるべきだと言ってどうか再考をお願いしたいと頭を下げます。

 

対して會澤は自分達は島風のためにアニメを作っているのではなく、これは仕事であり、アニメファンの人達や社員を養っていくために出来るだけ売れる作品を作りたいから作家の要望に応えるのは無理だと言ったのです。

 

そうしたら黙っていた敷島は島風の作品がアニメ化されるのを心待ちにしていて、アニメファンのために作るのなら島風の絵でやった方がファンのためになると意見します。

 

そうしたら會澤は少々声を荒げながら、何故そう言い切れるのだと、敷島だけの好みの可能性があると反論したのです。

 

敷島はそんな事はなく島風のファンの人に聞けば自分と同じ答えになると反論し、會澤はそんな不確かな理由で変えることは出来ないと反論した事から平行線を辿ります。

 

そして龍之介は菊池のデザインの方が確実に成功するという根拠があるのかと聞くと、會澤は菊池は最近のアニメの殆どに携わっている人気絵師だから当然と言ったのです。

 

その答えを聞いた龍之介は、今回も成功するとは限らないと言ったので敷島は驚き、會澤は怒りを露わにします。

 

そんな中、今までずっと黙っていた菊池はこれ以上気を遣わないでほしいと発言したのです。

 

會澤はその言葉にたじろぎ、龍之介はその言葉の意味は分かりません。

 

菊池は今回キャラクターデザインだけでなく原画や作画監督を兼任しており、即ち作品のクオリティを左右する役割を担っているのです。

 

會澤は菊池が島風にキャラクターデザインを修正された事に腹を立て、その事が切っ掛けでやる気等が削がれるのではと危惧していると思っているから今風の絵にしろと言っているのだと菊池は言います。

 

會澤はその通りだと言わんばかりに無言でした。

 

敷島は一応怒っていないのかと尋ねると、菊池は怒っていないと口にはしますが表情からは明らかに怒っていると龍之介達は感じていました。

 

小娘に人間の骨格はこう描くのだと言われたのは初めてだと言いつつ、修正通りではなくアニメ映えするような本当の骨格と筋肉に修正すると言って去っていったのです。

 

龍之介は會澤はさっきの無礼を謝罪すると、會澤は本当は前の方が成功すると思っていたと本音を口にします。

 

敷島は大丈夫なのかと不安を口にし、會澤は今回の事で菊池が笑ったのは初めてだと口にすると共にこれが災いではなく、幸運の兆しになるのを祈ると口にしたのでした。

 

スポンサーリンク

ヒットマン80話の感想と考察

アニメ化に携わるとこういう事は日常茶飯事なのかなと思いましたね。

 

作家はこの絵で間違いないと思っていても、アニメサイドはそうは思っておらず、こうしたほうが売れると思っている場合があるはずです。

 

その結果、今の島風や會澤、菊池の意見がぶつかり合い、譲れない争いに発展していくのだと思います。

 

そうなっていくと両者が入念に話し合って、落としどころをつける形で決着を着ける事になっていくと思いますが島風は決して譲るつもりがないので、ここまでこじれたのでしょう。

 

一応菊池が修正通りではなくアニメ映えする絵を描くと言っていましたが、それが島風の意に沿う事になるのか気になるところだと思います。

 

次回81話は島風と菊池がぶつかるのではないでしょうか。

 

菊池の口ぶりから売れっ子だとはいえ、たかだか年下の小娘に色々なアニメのデザインに携わってきた自分の絵を否定されたと思っているはずであり、かなり屈辱に感じたからアニメ映えする絵を描く事にしたのだと思います。

 

そう言ったのは菊池には譲れないものがあると言う事であり、それは決して自分の絵の事を譲らなかった島風も同じです。

 

それ故にお互い譲れないものを持っている2人はかなりお互いの意見をぶつけ合う事になると思われます。

 

<< 79話 一覧 81話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレヒットマン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました