スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい234話ネタバレ考察感想あらすじ!生徒会室に一人ぼっちの石上

漫画ネタバレ

2021年11月11日発売の週刊ヤングジャンプ2021年50号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』234話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜234話では、かぐやが来なくなってから1週間が経過し、石上は生徒会室にやって来たが誰もいませんでした。

 

白銀は留学の準備中で、千花もかぐやがいるから生徒会に加入したので、彼らの事情は察している石上。

 

しかし、彼にとっての問題は伊井野が生徒会室にいない事でした。

 

果たして、一人ぼっちの彼は何を思うのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜234話『石上優は下を向く』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい234話のあらすじネタバレ

かぐやが学校に来なくなって1週間が経過しました。

 

石上は生徒会室にやって来るのだが、誰一人いませんでした。

 

かぐやは今の四宮家の状態を放置しないだろうし、千花も駆けつけないのも納得できる、と思う石上。

 

その理由は千花はかぐやがおらず、いるのが石上だけだったら、用事があった、と言って逃げ去るからなのです。

 

その事に関して石上は、自分にそれ程興味ないなら、もっとマシな理由をつけろ、と思っていましたが、そもそもかぐやがいるから生徒会にいるから、今の現状行く気になれないのも理解できる、と思っていました。

 

白銀もここ最近は早坂と行動しつつ、留学の準備中だから駆けつけないのは仕方ない、と思う石上。

 

同時に、何故伊井野まで顔を出さないんだ、とも思う石上。

 

ここ最近、それなりに距離を詰めてきたから自分に少なからず想いを寄せていて、今の状況なら積極的になってもいいんじゃないか、と石上は思いつつ、今思った事は自分だけがそう思っていて、伊井野は別に好きな人がいるのかもしれない、とも思い始めます。

 

伊井野の事もしかり、かぐやがいなくなった事も影響したのか、石上は憂鬱な気分に。

 

そしてあっという間にネガティブと言う名の沼にはまり込むと、今すぐあの世に逝きたい、小学生くらいから人生をリスタートしたい、とネガティブな言葉を連呼します。

 

更に心の中で、かっこいい男子として再び生を受けたい、そうすればつばめも自分の事をフラないでいてくれたかもしれない、と言う石上。

 

そして石上は、今幸せの絶頂期の人々はあの世に逝ってくれないかな、と呟きました。

 

スポンサーリンク

そう呟いた後、天井を見ながら、自分が良い人だったらもう少しいい人生だったのかな、自分は自分に好意を持った人に告白されたいと心の中で言いつつ、つばめの事を思い出していました。

 

彼女にフラれてからは未練がましく思っていた彼だが、今ではそれ程彼女の事を想う事はありませんでした。

 

つばめは本当は辛いのに、自分のためにフッてくれたし、自分だったら中途半端に終わらせていたかもしれない、と心の中で呟く石上。

 

それ故に中途半端な真似をする事なく、辛いながらも優しくフッてくれたから、こうして伊井野に対して好意を持てている、と感じている石上はつばめに対して心の中で礼を言いました。

 

その頃、伊井野は大仏に、今は石上1人だけだから、関係を深められるでしょ、と勧められても、生徒会室に行く気がありませんでした。

 

その理由は石上がいるのと、彼に対して積極的に絡んでるから、もしこれ以上攻めた事によって肉食系女子と認定されたくなかったからです。

 

大仏は、考え過ぎだ、と言うのだが、伊井野は、実際石上は自分の事をどのように考えてるか理解できないし、インターネットで調べたら一度男にホイホイついていく女性は軽いとされているし、と言うのでした。

 

そして、自分は男にホイホイついていくような軽い女性だし、つばめのような人じゃないと石上はなびかない、とネガティブな発言をする伊井野。

 

大仏は、メンヘラなの、と聞くと彼女は笑顔で、そんなわけない、と返しました。

 

この言葉に大仏は敢えて、メンヘラの自覚が無い女性が一番厄介、と言う言葉を心の中で止め、一緒に帰宅するのでした。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい234話の感想と考察

現状踏まえて、石上が言うようにやむを得ないのかもしれませんが、生徒会の人達が全然来ないのは何か変ですね。

 

今のところ、特に急ぎの準備とかが無いのもありますし、かぐやもそうですし、白銀は留学の問題があるから特に機能していなくても問題ないのかもしれません。

 

それに白銀が早坂と行動していますが、特に変な噂が立っていない所を見ると、留学の手伝いをかぐやの代わりに行っていると言う目で見られているのでしょうね。

 

今回は石上がメインでしたが、伊井野が全然来ないのもあって憂鬱になっていましたね。

 

元々陰キャラな彼ですが、憂鬱になった彼は余計に暗くなりました。

 

一時は現実逃避しかけていましたが、フラれたつばめの事を思い出したら我に返った様子でしたね。

 

フラれてからそれなりに時間が経過したのか、未練はもう無くなっている様子でしたね。

 

そう言う状況になっているから、伊井野の事を異性として見れていて、再び恋について考えられているので、彼女には感謝しているのでしょう。

 

伊井野は伊井野で、これまで積極的になり過ぎた影響で、臆病になっている様子になっていました。

 

今の石上の様子からだと、積極的な状態を維持すればいいんじゃないかなと思いましたね。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました