スポンサーリンク

推しの子62話ネタバレ考察感想あらすじ!アクアのアドリブで演りやすさを感じたかな

漫画ネタバレ

2021年11月11日発売の週刊ヤングジャンプ2021年50号で、『推しの子』62話が掲載されました。

 

周りの状況を見て演技ができる素晴らしい役者のかな。

 

そんなかなの演技を変えようとアクアが・・・。

 

本記事では、『推しの子』62話『アドリブ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 61話 一覧 63話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子62話のあらすじネタバレ

舞台袖に入ったかなに、姫川がさっきの演技は乗るべきだったんじゃないか?と言われ、一瞬黙ったかなでしたが、姫川は主役の演技をするし、あかねも主役食ってやるっていう演技をするし、誰かが調整役をしないとと答えました。

 

そんな姫川はめがねをかけずに持って台本を見ていたのでかなが何をしているのかと尋ねます。

 

すると姫川はメイクさんにめがねをかけたらメイクが崩れるって言われたからエアめがねをしていると言うと、かなはコンタクトはしていないのかと聞くとうんと姫川は答えました。

 

相手の演技が見えないでしょとかなが言うと、姫川は動きは大体見えるから良い、相手の表情なんて見る必要あるか?と言いました。

 

さらに姫川は客に見えてないものを前提に俺は演技をしないしそれなら表情なんて見えなくていい、役者同士は動きだけで語り合えるっていうのが俺の考えだと言いました。

 

かなは「だからってコンタクトをしないのはやりすぎ」と言うと姫川はコンタクトは怖いと言いました。

 

一流はどこか変だと思いながらもかなは、なんで台本をチェックしているのかと姫川に尋ねると、あかねがのってきてこのままだと食われるからここでアドリブを入れるぞと言いました。

 

姫川はどんなアドリブでもお前なら合わせられるだろうと言うと、かなは得意げな顔で私を誰だと思っているのと言いました。

 

いよいよ舞台上では姫川とアクアの戦いが始まりました。

 

姫川の太刀は一つ一つの所作に感情が乗っていて、これぞ感情演技という素晴らしいものでした。

 

一方のアクアは格上の相手と同じ土俵で戦うつものはないと、姫川と対照的に無表情な演技をします。

 

姫川が熱い演技をするほど、アクアの感情を押し殺した演技をすることでどちらが良い悪いじゃなくなる対比構造をアクアは作りました。

 

そして舞台ではかながそろそろ姫川のアドリブが入るところだけれどいつ来るんだろうと思っていると、突然、姫川は「避けろ!つるぎ!」と叫びながらかなを全力で押しました。

スポンサーリンク

押されたかなはアクアの目の前に。

 

アドリブがかなに丸投げ状態なのに驚いたかなでしたが、かなは心の中で私が上手く繋げるから合わせなさいと思った瞬間、アクアはかなのあごをつかみ、「女、遊んでる場合か?」とアクアがアドリブでつなげました。

 

さらにアクアは「男に守られなければ戦場に立てないようなら、今すぐこの場を去れ」とアドリブを入れると、かなは「わ、私は戦える」と慌ててアドリブを言いました。

 

アクアはかなの腕を触りながら「こんな軟らかい身体をして、もう少し鍛えたらどうだ」とアドリブを言うと、かなは「乙女の魅惑ボデーに何すった」とアドリブを言いました。

 

するとアクアは「お前は女ということだ、男は女を命を賭して守るものなのだろう、俺は絶対負けるわけにはいかないのだ」と元の台本のセリフに戻ってきました。

 

かなは思いました。

 

アクアってこんなに受けがうまかったんだ、立ち位置も私を中心にして私に視線が集まるように立ててくれている、演技しやすいと。

 

さらにかなはアクアの思いも伝わってきました。

 

「お前が調整に回る必要はない、裏方は俺に任せろ、どんなアドリブだって受けてやる、だからやりたい演技をやれよ、有馬かな」

 

アクアの思いが分かり、かなは思いました。

 

「アクア、確かにあんたは人をひっかきまわすのが得意よね」

 

その瞬間、かなは覚醒したかのように、目を見開きアクアに挑んでいきました。

 

スポンサーリンク

推しの子62話の感想と考察

アクアのアドリブがすごかったですね。

 

ちゃんと元の台本に戻ってこれるのがさすがだなと思いました。

 

姫川も看板役者なだけあって、すごい感情演技ができるのですね。

 

さすがにアクアであっても姫川に勝てないのは分かるから、真逆の演技で、姫川と対等でいられる演技をするというところもすごいなぁと思いました。

 

かなもやっぱりすごいですよね。

 

アクアの演技ひとつひとつにどういう思いでしているのかがその場で分かるなんて、かなもさすがですよね。

 

アクアからもっと感情演技をしろという思いを受取り、かなはどんな風に豹変するのか、本来もっているものを全力で出してくるんだろうなぁと思うと次回が楽しみです。

 

アクア・あかねVSあかね・姫川の演技対決、どちらもすごいことになりそうでわくわくしています。

<< 61話 一覧 63話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました