スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ考察感想あらすじ!武臣の過去判明&謝罪の理由とは?

漫画ネタバレ

2021年11月10日発売の週刊少年マガジン2021年50号で、『東京卍リベンジャーズ』230話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』230話は、前半で武臣の過去が明らかになりました。

 

真一郎との関わりや黒龍のナンバー2になってからその後どうなったかが描かれましたが、彼はどんな人生を歩んだのでしょうか?

 

後半では武臣が千咒に謝罪をしますが、彼女からの答えは意外なものでした。

 

謝罪した理由と返ってきた答えとは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ230話『Get stuck-up』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 229話 一覧 231話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ230話のあらすじネタバレ

初代黒龍は天下統一を果たしたチームです。

 

そんなチームの副総長だった武臣は『軍神』という異名がついていました。

 

なぜなら、彼の采配で戦況が決まったからです。

 

しかし、本人はそんな器とは全く思っていませんでした。

 

武臣は真一郎と幼馴染でした。

 

幼い頃のある日、ジャングルジムの一番上で堂々と立つ真一郎のことを上に登ろうとしている武臣はすごいと思っていました。

 

そして、武臣は真一郎と比較をしていました。

 

自分は平凡で取り柄がない普通のガキだと思う一方、真一郎にはこの頃から不思議と人が集まるようになっていました。

 

それにも関わらず優しく接してくれました。

 

真一郎は強い相手としか喧嘩をしないし全敗で泣き虫だったので、『最弱王』という異名がつきました。

 

しかし、喧嘩した相手に好かれており、その中にウシワカやベンケイがいました。

 

ある日暴走族を立ち上げることになった際に、真一郎は武臣を副総長に任命します。

 

そして、自分のことを『軍神』と隊員たちは崇めました。

 

初代黒龍が日本一になった直後、真一郎はこの先は弱いものいじめになるという理由で解散を告げました。

 

それにも関わらず、武臣は黒龍のブランドを利用し続けました。

 

例えば、街に出たらVIPとして扱われたのでお金には困りませんでした。

 

そんなことを5年続けていると彼に残ったのは莫大な借金だけでした。

 

ちなみに、この頃に真一郎が亡くなってしまいましたが、そんなことよりも自分の命やお金の工面のことを当時の彼は重視していました。

 

「ジブンもチームを作ろうと思うんだ」

 

2006年のある日、千咒はマイキーと戦いたいと言う理由で暴走族を作りたいということを武臣に告げました。

 

スポンサーリンク

その話をウシワカのジムで話していますが、ジム内最強という話をウシワカとベンケイがしました。

 

そこで、千咒は武臣にチームの舵取り役を託そうとします。

 

このことに感動した武臣は全て尽くそうと誓ったのでした。

 

なぜなら、今の自分は落ちぶれており何もない存在にも関わらず迎えてくれたからです。

 

「梵の方針を見誤った」

 

千咒が手加減をしていることを知った武臣。

 

彼は千咒手加減をさせるほど信頼を失ったことに気づきました。

 

さらに、チームに誘い入れたドラケンの死も自分が間違った考えを持ったから起きてしまったと痛感したので号泣しながら謝罪をします。

 

「ジブンの責任だ」

 

武臣が自分のせいだと思っていたことはすべて自分のせいだと千咒は思っていました。

 

なぜなら、自分は梵の首領として不甲斐ないと思っていたからです。

 

そこで、今の自分にできる唯一のことを千咒は言いました。

 

「コイツを倒す事だけ」

 

千咒はサウスを倒すことが今の自分にできる唯一のことだと思っていました。

 

燃え盛る炎のようなオーラを出すサウス。

 

彼は千咒と戦うことに対して久しぶりに本気になれると思っていました。

 

「“無比”の千咒」

 

サウスは最後に千咒に対してそう言いました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ230話の感想と考察

今回の前半は武臣の過去の話でした。

 

まず判明したのが武臣は真一郎とは幼馴染で平凡な子供だったということ。

 

真一郎と幼馴染ということにも驚きましたが、不良であればヤンチャだったのではないかと勝手に思っていましたので普通と思っていたことにはさらに驚きました。

 

そして、真一郎には“最弱王“という異名がついていたことも判明。

 

しかし、これは強い相手としか戦わないという理念があったからでした。

 

初代黒龍解散の理由が“弱いものイジメ“だったのもこの理念に基づくものだったのかもしれないです。

 

続いて、一度借金地獄を味わっているということも判明。

 

梵でB―1のように賭け事をしていたのは、その利益で借金返済もしていたからかもしれないと思ってしまいました。

 

そうだとすると、全てを尽くすと誓っていたにも関わらず千咒が手加減するほど信頼を失って当然だと思ってしまいました。

 

しかし、千咒はそれら全て梵の首領として不甲斐ない自分の責任だと思っていました。

三天の中で最年少のチームリーダーとしてはすごい考えの持ち主だと思いました。

 

そして、本気になれそうだと思っているサウスは“無比”と一言添えて千咒の名前を呼びました。

 

サウスの“無双”のように“無比”は強さを表すワードだとは思いますが、そう呼ばれるエピソードがあるに違いないと思います。

 

そうだとすると、次回は千咒の過去が詳しく描かれる始まり方になるに違いないと思いました。

 

<< 229話 一覧 231話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました