スポンサーリンク

推しの子60話ネタバレ考察感想あらすじ!かなのことが大嫌いになったあかねの本当の理由

漫画ネタバレ

2021年10月21日発売の週刊ヤングジャンプ2021年47号で、『推しの子』60話が掲載されました。

 

同年代のかなのことが大好きで素晴らしい演技に尊敬していたあかね。

 

初めてのオーディションでかなに出会うも・・・。

 

本記事では、『推しの子』60話『太陽』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 59話 一覧 61話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子60話のあらすじネタバレ

――――― 子どもの頃、あかねは初めてのオーディション会場に行きました。

 

大好きなかなとそっくりな髪型や帽子で会場に行き、自販機でジュースを買うも開けることができずにいました。

 

そこへ関係者らしき人がやってきて、「かなちゃん、緊張しているの?」とあかねに声をかけます。

 

あかねは自分はかなではないと言いかけるも、その人物はさらにあかねに向かって「安心して。かなちゃんは最初から選ぶことが決まっているから、形だけのオーディションだから」と言いました。

 

それを聞いて驚いたあかねの背後から、「私がどうかしたの?」とかながやってきました。

 

関係者はかなではなく別の子に内部事情を話してしまったと気付き、「やっべ」と言ってその場を立ち去りました。

 

あかねは初めてかなを目の前にして嬉しさと驚きとを隠せず、かなちゃんのファンなのと言うと、あかねがかぶってきたベレー帽を見て、かなは「みたいね」とあかねとは真逆のテンションで言います。

 

そしてあかねは「あの人、このオーディションはかなちゃんを選ぶことが決まっているって言うんだよ、かなちゃんはそんなずるいことしないよね」と言うと、かなは「してたらなんなの」と言い返しました。

 

かなはあかねに、こういうのは出来レースって言うの、最初から私を選ぶことは決まっていると言いました。

 

それを聞いてあかねは、かなちゃんはそれでいいの?と尋ねると、かなは、良いに決まっている、それで仕事がもらえるんだから当然だと返しました。

 

かなはさらにヒートアップし、こんな端役、そこそこ演技ができればいい、それなら知名度のある自分を使うのは当然のこと、良い演技をするより有名な子役を使う方が視聴率が取れるだったらそっちの方がいいと言いました。

 

「演技なんかどーでもいいの!!」とかなは叫びました。

 

するとあかねは、違うよ、かなちゃんは本当はそんなこと思ってないでしょ?と言うも、かなは分かったようなこと言って、何よその帽子、バカみたいとあかねの被っているベレー帽を取り、床に投げつけました。

 

「私はアンタみたいなのが一番嫌い!」と大声でかなは言って去っていきました。

 

あかねはかなの言葉にショックを受け涙がこぼれそうになりました。

 

かながどうしてそんなことを言うのか分からないあかねは、そこから本屋さんで『人の心がわかる本』『やさしい行動心理学』などのタイトルが付いた本をたくさん買って読み、猛勉強しました。―――――

スポンサーリンク

舞台上では、あかねとかなの対決シーン。

 

お互い向かい合いながら、あかねは昔のことを思いだし、そして心の中でかなに話しかけていました。

 

「今なら分かるよ、かなちゃんがどうしてあんなことを言ったのか。怖かったんだよね。ちょっとずつ減っていく仕事、歌とかの方がお金になって大人に褒められて。」

 

「自分を認めてほしかったんだよね。必要とされたかったんだよね。」

 

子役の時かなはインタビューで「星は一人では輝けない。私は星を照らす存在になれたらいいと思うんです」と答えていました。

 

その言葉からもあかねは心の中でかなに問いかけます。

 

「かなは周りと息を合わせて、周りが求めることをこなして、みんなと一緒に生きて行こうと思ったんだよね。」

 

「そんなのダメだよ?そんな演技違うよ?」

 

「私が大好きなかなちゃんの演技は、星を照らす存在なんかじゃない、自身が輝く太陽みたいな演技をしていた」

 

舞台上でのあかねが演じる鞘姫のオーラがどんどん迫力を増していきます。

 

「今のかなちゃんの演技は大嫌い。皆と合わせろって大人に潰されちゃったんだよね?周りを合わさせるくらいな演技じゃないとダメ。私もちょっとできるようになったんだよ」

 

「周りを食べちゃうような演技・・・。」

 

あかねの圧倒的な存在感がかなに襲いかかります・・・。

 

スポンサーリンク

推しの子60話の感想と考察

かなとあかねの初対面のエピソードをやっと知ることができて、あかねがかなのことを大嫌いになった理由が分かりましたね。

 

かなも子どもながらに自分がどうすれば大人から求められるのか、悩んでいたし、子どもだったからこそ、大人のちょっとした態度に敏感に感じとっていたのかもしれませんね。

 

かなも子どもの頃からそんなに苦しんでいたのなら、そらそのまま大きくなっても性格悪くなってしまうなあと思いました。

 

あかねもかなのそんな態度を目の当たりにしたからこそ、本を読みまくって人の心が分かるように、猛勉強するようになったし、その努力が今の女優という仕事に生かされているんだなぁということが分かりました。

 

あかねは真面目でまっすぐな性格でどこまでも自分を追及するタイプだし、かなは周りを見て、周りに合わせて演技ができるタイプ、正反対ではありますが、どちらもすごい才能だと改めて思いました。

 

かながいなかったら今のあかねはここまで実力のある女優にはなっていなかっただろうし、そういう意味ではこの同じ舞台で繰り広げられるあかねとかなの女優対決は、かなり気になりますね。

 

あかねのオーラがとにかくすごいので、観客を既に魅了しているその演技の続きが早く見たいです。

<< 59話 一覧 61話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました