スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ227話ネタバレ考察感想あらすじ!壮絶な過去を送っていたサウス

漫画ネタバレ

2021年10月20日発売の週刊少年マガジン2021年47号で、『東京卍リベンジャーズ』227話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』227話は、まず、六破羅単代設立までのサウスの過去が明らかになりますが、壮絶な人生を送っていました。

 

特に5歳と12歳のころに恐ろしい罪を犯していましたが、その罪とは?

 

終盤ではベンケイ・ウシワカとサウスの対戦中に鶴蝶がその対戦について思っていることが明らかになりました。

 

その対戦に対して思っていたこととは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ227話『Gangster』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 226話 一覧 228話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ227話のあらすじネタバレ

寺野 南(てらのみなみ)はブラジル・リオで育ちました。

 

ちなみに、病弱な母親と二人暮らしで、調律が狂ったピアノを弾くことだけが娯楽でした。

 

彼の母親を気にかけていた人物に“ディノ”という人がいました。

 

彼は異国生まれの南に街で生きる術を教えた人物でもありました。

 

5歳の南はディノは何かの頃合いがきたことを告げられました。

 

そして、ディノの敵を射殺してしまいました。

 

「“サウス”と名乗れ」

 

ディノの敵の射殺後、彼からサウスという名を南は与えました。

 

そして、この日にもらったお金でいい靴を買ったことで暴力の価値というものを知りました。

 

12歳になったある日、サウスはやめてほしいと訴えているにも関わらずディノに馬乗りになって殴った結果殺してしまいます。

 

そして、彼を殺害したことで涙を流しました。

 

これにより、“ディノ・サウス”というギャングチームのボスになる一方でサウスの人格が完成しました。

 

その後、14歳になった年に敵対するチームに自宅を襲撃されたことで母親は死亡。

 

この件を機に、両親を失ったサウスは日本の祖父母の元へ移住しました。

 

 

2006年2月24日。

 

サウスはこの時少年鑑別所にいました。

 

「関東事変って知ってます?」

 

サウスの隣にいた人が話しかけました。

 

なぜなら、この日は天竺にいた極悪の世代がやってきた日だからです。

 

関東事変を知っているか聞いた人が極悪の世代の面々について話すと、サウスは彼らを倒したら関東一になれると思います。

 

その考えを聞いた隣にいた人は答えに戸惑うほど驚いていました。

 

「“日本“でも俺の“時代”を創ってみるか」

 

スポンサーリンク

そう思ったサウスは極悪の世代の全員を倒してしまいました。

 

特に、望月はサウスの化け物級の強さに驚いていました。

 

その後、2007年に出所したサウスは六破羅単代を設立しました。

 

出所後、サウスは蘭に鶴蝶をメンバーにしたいということを話します。

 

なぜなら、鶴蝶は天竺最強の男だったからです。

 

しかし、鶴蝶はイザナにのみに従っていたのでサウスに従うはずはないということを蘭が話すと、サウスは交渉が上手ということを自慢しました。

 

「オレの・・・負けだ・・・」

 

サウスと勝負をした結果、鶴蝶は負けてしまいました。

 

場面はウシワカ・ベンケイとのバトルに変わりました。

 

ウシワカとベンケイは顔に傷を負っていたり荒い呼吸を2人ともしていますが、サウスは無傷でピンピンしています。

 

そして、サウスは2人を煽りました。

 

灰谷兄弟が関東卍會の隊員たちを倒す一方、気絶している関東卍會の隊員の胸ぐらを掴みながらサウスたちのバトルの様子を鶴蝶はこのように思っていました。

 

「寺野サウスには勝てない」

 

初代黒龍の最強コンビのウシワカ・ベンケイがどんなに強いとしても、サウスに勝つことは無理だと思っていました。

 

なぜなら、サウスは暴力に愛された男だからです。

 

この時、サウスは不気味み笑っていました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ227話の感想と考察

今回はサウスの生い立ちがなど過去が判明した回でした。

 

まず、そもそも名前が『サウス』ではなく『みなみ』だったということ。

 

210話で名前の紹介がありましたが、その際の振り仮名は『サウス』でした。

 

続いて、ブラジル育ちで5歳で殺人を犯し、12歳でギャングのボスになったということ。

すごい人生を経験していますね。

 

そして、ブラジル時代はピアノを弾くことが彼にとっての娯楽だったようです。

 

以前ドラケンとのバトル中に『フォルテ』や『フォルテシモ』とピアノで使う用語を口にしながら殴っている描写がありましたが、その時の名残だったのかもしれないです。

 

その後、母親の死をきっかけに日本にやって来たそうですが、関東事変直後の2月24日に少年鑑別所にいました。

 

一体、どんな罪を犯してここにいたのか気になりますね。

 

そして、ここで極悪の世代と出会ったことで出所後六破羅単代を設立したり鶴蝶を説得と称して力で圧倒して加入させたようです。

 

終盤はウシワカ・ベンケイとサウスのバトルの話になりますが、サウスに1人に押され気味のようです。

 

しかも、鶴蝶は2人が最強コンビだとしてもサウスに勝つことができないと思っています。

 

サウス1人で最強コンビを倒してしまうのか気になりますね。

 

<< 226話 一覧 228話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました