スポンサーリンク

なれの果ての僕ら5話ネタバレ考察感想あらすじ!毒を持ち出した犯人は未来!?

なれの果ての僕ら

2020年2月12日発売の週刊少年マガジン2020年11号で、『なれの果ての僕ら』5話が掲載されました。

 

なれの果ての僕ら5話は、みきおから毒が入った瓶を2本誰かが持ち去った事を知らされたネズは急いで戻って皆に伝えますがパニックになってしまいます。

 

そうしたらカレーを食べたであろう相沢が体調不良を訴えると同時に、吐血して苦しみながらその命を落としたのです。

 

この場にいる者達の中に犯人がいるので一斉に犯人探しが始まるも、毒の瓶を持っていたのはネズの恋人である未来でありました。

 

果たして、相沢のカレーに毒を入れたのは本当に未来なのでしょうか。

 

本記事では、なれの果ての僕ら5話『破戒』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら5話のあらすじネタバレ

みきおからの毒の瓶が無くなった事を知ったネズは内心動揺しながらも、自分達の中の誰かが盗んだとしたらと懸命に考えます。

 

そんな中、みきおはもうすぐ夜だと呟くと夜は魔物が動き出す時間であり、魔物の餌食になるのは誰かなと不敵に笑みながら言ったのです。

 

ネズは誰かが仲間を始末しようとしているのかと言いながらみきおに迫るも、みきおから無駄話をしていたら誰かが犠牲になっちゃうよと言われたので引き返します。

 

皆がいる教室へと向かおうとすると、物音が聞こえたので手遅れだったかと思いながら入ると誰も命を落としていなかったが、溝口と水野が揉めていたのです。

 

未来は溝口が急にパニックに陥ったのだとネズに話すと、ネズは安堵しました。

 

そしてすぐさまみきおが言っていた事を皆に話すと、全員に動揺が走ったのです。

 

早乙女は毒の瓶が無くなったと言ったのはみきおだから、自分達をパニックにさせようとした罠かもしれないと言います。

 

ネズも最もだと思いつつ、あの時のみきおは嘘をついているようには見えなかったとも思っていたのです。

 

そうしたら橘が早乙女の意見も一理あるけど、みきおの話が本当なら対策を立てないといけないと言うも、雨宮の一件で信頼がた落ちの橘の言葉に誰も耳を傾けません。

 

そして女子生徒がカレーに毒が入っていたら終わりだと言うと、ネズ以外は皆パニックに陥ってしまったのです。

 

ネズはもっと慎重に話すべきだったと反省していると、彼の後ろにいた相沢がもしカレーに毒が入っていたら何で自分だけこんなに体が熱いのと聞きます。

 

彼女の言葉からネズはゾッとすると共に、相沢は地面に倒れ伏してしまったのです。

 

ネズは解毒剤を持ってこようとするも、時遅く彼女は吐血して苦しみながら息を引き取りました。

 

ネズはあの時みきおから解毒剤を貰っていれば助けられたかもしれないと自分を責め始めていると、水野が身体検査をすると言い出したのです。

 

彼はこの中に犯人がいると思っており、いるのなら殻の瓶を持っているはずだからそれを探り当て、持っていたら制裁を加えようとしていました。

 

時は事件後となり、溝口は身体検査をしようとしたのが間違いだったと病院のベッドで語っていたのです。

 

彼は体を震わせながらあの頃から自分達はおかしくなり、悪を罰したいという誘惑に知らず知らずのうちに負けていたのだと語りました。

 

時は事件中に戻り、男子は男子、女子は女子で身体検査を行う事になったのです。

 

ネズは早乙女の身体検査をし、彼からこのようにして未来の体を触っているのかと弄られます。

 

彼はネズと未来が付き合っている事に気づいており、絶対に生き残るぞと言ったのでした。

 

そんな中、ガシャンと言う音が聞こえ、ネズ達が振り返ると女子生徒が誰かが何かを隠そうとしていたと言って押さえつけようとしていました。

 

その誰かの手には殻の瓶を握りしめていたのです。

 

殻の瓶を持っていたのは未来であり、まさかの展開にネズは動揺を隠せません。

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら5話の感想と考察

未来が殻の瓶を持っていた事には驚きでしたね。

 

彼女と相沢の間に何かあって、毒を盛ったというのが妥当な答えだとは思いますが恐らく嵌められたという可能性もあると思います。

 

前回、山口は皆は口には出さないけど小清水が命を落としたのはネズのせいだと言っていたのです。

 

そして今回の話で早乙女がネズと未来が付き合っている事を知っていました。

 

この事から早乙女以外もネズと未来が付き合っている事を知っていた者がいたと思われ、その者はネズと相沢に恨みを持っている可能性があるでしょう。

 

その者が相沢のカレーに毒を入れて始末し、ネズをより苦しめてやろうと未来を嵌めたという事も十分にあり得ると思います。

 

次回はwin-winとなっていますので、未来に何らかの制裁が下ると思われます。

 

1日目は3人命を落としたとなっていて、タカポン、小清水、相沢が命を落としましたので未来は今すぐに始末されることはないのは間違いないでしょう。

 

次回で一応未来は弁明を行う事になると思いますが殻の瓶を持っていたので、完全に言い逃れる事は無理だとは思います。

 

それ故に今日1日拘束されるか、翌日のみきおの実験では一番最初に立候補するかのどれかが制裁として提示されるのではないでしょうか。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました