スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ225話ネタバレ考察感想あらすじ!早くも始まってしまった三天戦争

漫画ネタバレ

2021年10月6日発売の週刊少年マガジン2021年45号で、『東京卍リベンジャーズ』225話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』225話は、マイキーだけ現れたと思ったら関東卍會の隊員たち現れたことで三天戦争が始まってしまいました。

 

そんな中、マイキーは予想外の反応をしていました。

 

彼の反応とは?

 

そして、主要キャラのバトルが始まろうとするというところで終わります。

 

その対戦カードとは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ225話『Free-for-all』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 224話 一覧 226話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ225話のあらすじネタバレ

梵と六破羅単代が集結した駐車場にやってきたマイキー。

 

しかし、ここにやってきたのは彼だけはありませんでした。

 

彼の後ろには無数のバイクに乗った人たちがいましたが、その中にはチームの旗を持った人がいます。

 

「3チームがそろっちまった」

 

マイキーは関東卍會のメンバーを引き連れていたので、駐車場には三天のチーム全員が集結してしまいました。

 

千咒はこのことに困惑する一方、サウスは興奮。

 

マイキーは無言のままというように各チームの大将の反応は三者三様でした。

 

タケミチがマイキーに戦って欲しくないと願っていました。

 

しかし、武臣がドラケンの弔い合戦、サウスは三天戦争開始。

 

三途が全員倒すよう隊員をそれぞれ隊員たちを煽ったことで3チームごちゃ混ぜの殴り合いが始まりました。

 

殴り合いが始まると、武臣はドラケンを見捨てた怒りから関東卍會へ怒りをぶつけます。

 

一方、千咒は梵のみんなを止めようと必死に声をかけていました。

 

「様子を見んぞ」

 

マイキーは三途たちにしばらくここを任せることにして、マイキーはこの状況を見ることに徹しようとしました。

 

その発言に指示を受けたココだけではなくタケミチも驚いていました。

 

指示を受けたココはマイキーに何か思うことはないのか問いますが、マイキーは聞かれたことの意味がわからないようでした。

 

「関東卍會を抑えておけ」

 

サウスは元天竺組のメンバーに関東卍會を相手するよう指示をしました。

 

なぜなら、珍しく武臣が熱くなっているので梵をまず潰したいと思ったからです。

 

スポンサーリンク

指示を受けたモッチーと灰谷兄弟が了承する一方、鶴蝶は無言でした。

 

そのやりとりが見えた武臣は、迫り来る六破羅単代の隊員を次々と倒しながら笑っていたことに対して怒りをぶつけます。

 

そんな彼に落ち着くよう千咒は叫びますが、彼女に動かないでほしいとウシワカがお願いをします。

 

なぜなら、ドラケンの死が周りに与えた影響が非常に大きいことでこの戦争を異常なものにした結果、この先も死者が出るに違いないと思ったからです。

 

「梵の姫をたのむワ」

 

ウシワカはタケミチに千咒のことを託してベンケイと一緒に戦場に向かいました。

 

「なぜドラケンを殺した!?」

 

武臣はなぜドラケンを殺害をしたのを迫り来る六破羅単代の隊員たちを倒しながらサウスに問いました。

 

なぜなら、彼は“正規”メンバーではないので狙うなら自分にすべきと思っていたからです。

 

そのことを問う武臣は六破羅単代の二人に抑えられてそばから動くことができなくなってしまいます。

 

そんな彼にサウスが殴りかかろうとしますが、目の前の光景を見て目を見開いて驚きます。

 

なぜなら、ベンケイが防御したからです。

 

そして、彼の後ろから飛んできたウシワカの蹴りを喰らってサウスはよろめいてしまいます。

 

「情熱的だな!!!初代黒龍!!」

 

初代黒龍が自分の相手になることに対してサウスはそう思っていました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ225話の感想と考察

マイキーだけと思ったら関東卍會の隊員たちの姿がありました。

 

もしかすると、マイキーが抱いた嫌な予感はドラケンの死や三天が集結するということったのかもしれないです。

 

それにより、千咒が予定していた7月14日よりも1週間早く三天戦争が始まってしまいました。

 

ちなみに、武臣はドラケンの弔い合戦だということで開戦を告げました。

 

しかし、ドラケンが亡くならなかった場合は千咒が亡くなるはずでした。

 

仮に千咒が亡くなったとして話が進んだとしても、武臣は彼女の弔い合戦として三天戦争を早くしようと思ったに違いないと思います。

 

そして、戦争が始まりますが大将の反応は三者三様でした。

 

特にマイキーが戦いに参加せずに様子見というのは予想外でした。

 

今まであれば彼はすぐに参戦しているのでこの行動には予想外でした。

 

タケミチの動向を伺ってるのでしょうか?

 

とても気になりますね。

 

そして、ココがなんとも思わないのか聞くと聞かれたことが何かわからないという反応をしています。

 

ドラケンの死について聞いたと思うのですが、決別しているからなんとも思っていないのかもしれないですね。

 

そして、次回はサウスvs.初代黒龍の三人のようです。

 

関東卍會と相手にするよう元天竺組にした際に斑目の姿がなかったので、この戦いにこっそり現れる可能性がありそうですね。

 

<< 224話 一覧 226話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました