スポンサーリンク

ゴールデンカムイ292話ネタバレ考察感想あらすじ!主砲と艦砲による撃ち合いの勝者は!?

漫画ネタバレ

2021年9月30日発売の週刊ヤングジャンプ2021年44号で、『ゴールデンカムイ』292話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ292話では、東口では第七師団の者達がソフィアの仲間達による銃撃のせいで足止めを喰らっていて、艦砲射撃もないので苦戦を強いられていました。

 

怯んでいる彼らに対し、ソフィアは手投げ弾を投げつけて打撃を与えたのです。

 

その頃、鯉登の父親が指揮を執る艦船部隊は、彼が乗っている電以外の艦船は使い物にならない状態になっていました。

 

それでも永倉達がいる函館山に砲撃を仕掛けたのです。

 

果たして、どちらが勝利するのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ292話『函館湾海戦』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 291話 一覧 293話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ292話のあらすじネタバレ

東口では、第七師団が攻め入ろうとしているのだが、ソフィアの仲間達の銃撃によって思うように動けませんでした。

 

それにさっきまで艦砲射撃があったのだが、それもないので猶の事動けませんでした。

 

そんな第七師団の者達に対し、ソフィアは手投げ弾を投げつけ、彼らが一か所に固まっているところに落ちて爆発したため、大打撃を与える事に成功します。

 

その頃、鯉登の父親が率いる艦船部隊は、彼が乗っている電以外の艦船は永倉達が使う回天丸の主砲のせいで使い物にならなくなっていたのです。

 

それでも体勢を整えて艦砲射撃を仕掛け、函館山にいる永倉達の近くにある鐘がある屋根に直撃しました。

 

これはやばいと感じたのか、永倉達は撤退も考えるようになってきたのです。

 

間髪入れずに艦砲射撃が放たれていきます。

 

その頃、後を追いかけていた尾形は何処かにいて、何時でも銃撃が出来るようにしていました。

 

尾形は、土方達は戦を制する事が出来るのか、と思いつつ、土地の権利書があるならアシリパが所持している、と踏んでいたのです。

 

今、土方達と第七師団の者達が争っているが、その中で銃撃したら自分の仕業で自分がいる場所を見抜けるかな、と思いつつ、ヴァシリなら可能だろう、と思っていました。

 

その頃、艦砲射撃を受けて吹っ飛んだ門倉は鼻血を出して気絶しており、キラウシは何とか立ち上がってマンスールに反撃するように言います。

 

キラウシは砲弾を主砲に入れ、マンスールは狙いを定め始めます。

 

永倉は起き上がったが、まだすぐ動ける状態にありませんでした。

 

スポンサーリンク

キラウシはマンスールと共に狙いを定めていると、アシリパの事を思い出していました。

 

そして砲撃を仕掛け、電に直撃したのです。

 

対する鯉登の父親は自分が乗っている艦船がやられながらも冷静な表情をしながら、反撃の艦砲射撃を仕掛けて主砲に命中させる事で一矢報いる事に成功しました。

 

しかし、その前に喰らった砲撃のせいで電が海の底へと沈もうとしており、鯉登の父親は息子に後を託すかのように、心の中で息子の名を呟くと共に函館湾の海に沈んでいったのです。

 

その頃、鯉登は積極的に剣を振るってソフィアの仲間達を仕留めていきましたが、函館湾で煙が舞っているのを目撃すると、父親の身に何かあったのだと察していました。

 

そして月島も的確に敵を仕留めていきます。

 

鶴見は頭部から血を流しながらも、待機している二階堂達に攻め落としたと言う合図を送りました。

 

この事は土方達も気づいていて、都丹は、南口にいる者達は全員始末されたのだろう、と察したのです。

 

そして兵士達は橋を盾にしながら向かって来ていて、土方達は下手に攻撃したら橋が壊れる可能性があると踏んで反撃できませんでした。

 

五稜郭に侵入した兵士達は他の入り口を攻めている者達のカバー、鶴見達に合流するためにあちこち動き回ります。

 

しかし、やっと出番かと言わんばかりに杉元が現れて、目の前にいる兵士を銃剣で刺して仕留めました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ292話の感想と考察

今回も砲撃戦がメインの話でしたね。

 

永倉達は砲撃を仕掛けて殆どの艦船を撃沈させました。

 

最終的に主砲も相手側の砲撃を喰らってしまいましたが、最終的に艦船は撃沈出来たのでこれは大きいと思いましたね。

 

土方達は最初艦砲射撃に苦しめられていましたので、それが来ない分目の前の敵に集中できるので、やりやすいと言えます。

 

あとは最後に砲撃を喰らった永倉達がどうなったかが気になりますね。

 

そして密かに尾形もこの戦場の何処かに来ていて、何時でも撃てるように準備をしている様子を見せていました。

 

彼の言動から土地の権利書を手に入れようとしている様子ですが、本当に何処にいるのか気になるところですね。

 

彼と銃撃戦で渡り合えるヴァシリも何処にいるのか、気になります。

 

次回は本格的に白兵戦になって来るんじゃないかなと思います。

 

鶴見が月島、鯉登と共に攻め入って五稜郭の一角を落とし、待機していた兵士達が一気に突撃して来ました。

 

杉元も迎え撃っている事から、白兵戦の様相になって来るでしょう。

 

しかし、そうなって来ると数に劣る土方達が不利になって来そうです。

 

主砲は使えそうにありませんし、他の場所で戦っている者達も鶴見達に続けと言わんばかりに攻めているでしょうからね。

 

<< 291話 一覧 293話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました