スポンサーリンク

彼女お借りします206話ネタバレ考察感想あらすじ!水原、母親の想いを知る

漫画ネタバレ

2021年9月29日発売の週刊少年マガジン2021年44号で、『彼女、お借りします』206話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』206話では、水原に迷惑ばかりかけていることを謝る和也。

 

しかし水原はそこまで気にしておらず、実際に今日は楽しかったようです。

 

そんな二人のところに現れたのは、和也の母の晴美でした。

 

たまたま遭遇しただけですが、晴美は水原と少し話したいと誘います。

 

晴美と水原が楽しそうに話しているところを目撃したのは、麻美でした。

 

本記事では、『彼女、お借りします』206話「楽園と彼女⑲」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 205話 一覧 207話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします206話のあらすじネタバレ

水原は晴美から、二人で少しお散歩をしようと誘われましたが、何気に二人きりで話すのは初めてでした。

 

どこに向かっているのかと聞いても、笑うだけの晴美を見て、お茶目な所もあるのだと知ります。

 

晴美から兄弟が居るのかと聞かれ、一人だと答えると、和也にも兄弟が居たらと呟きます。

 

 

そして遂に指輪のことを聞かれました。

 

慌てて手を触る水原を見て、晴美も圧を掛けているわけではないとすかさずフォローします。

 

その逆で、あの指輪のせいで水原を困らせているのではないかと気にしていました。

 

和おばあちゃんのパワフルさが、迷惑になっていないかと心配したのです。

 

晴美は、自分と和也の父の和男が出会った時のことを話します。

 

出会ったばかりの時は、晴美をどんな人なのか職場まで見に来ました。

 

交際が始まった時は、3回に1回は同伴してきて、2回目に会った時には結婚の意思があるか聞かれました。

 

晴美の話を聞いていた水原は、今の自分と比べて驚愕しました。

 

そんな和おばあちゃんですが、強く生きられる姿に尊敬をしていると晴美は言います。

 

昔の話をしていたら、ある場所に着きました、そこは結婚式場です。

 

晴美と和男は、ここで式を挙げました。

 

その式も、和おばあちゃんが遠い親戚まで声を掛けて、盛大に行われたそうです。

 

和おばあちゃんは、いつも自分のことをお姫様みたいに扱ってくれたそうです。

 

その言葉を聞いて、水原も思い当たる節があり納得します。

 

このハワイアンズは、和おばあちゃんにとって特別な場所だと晴美が教えてくれました。

 

晴美はハッとし、またプレッシャーみたいになってしまったと慌てて訂正します。

 

 

次に晴美は、和也のことを話してくれます。

 

和也は、晴美が32の時に産んだ子です。

 

結婚したのは24ですが、なかなか子供が出来ず治療にも通い、8年してようやく生まれた子でした。

 

子宝に恵まれなかった晴美のことを気にかけ、和おばあちゃんは治療にも毎回付き添ってくれました。

 

スポンサーリンク

和也が産まれた時は、涙を沢山流しながら、とても幸せそうな和おばあちゃんの笑顔が見れたそうです。

 

出来がいいかは分からないけれど、どんなに大きくなっても、和也は自分にとって可愛い一人息子です。

 

晴美は、今の水原と和おばあちゃんの気持ちが、どちらもよく分かります。

 

水原はとても素敵な女性だが、それでもプレッシャーから逃げてしまいたくなる時もあると思います。

 

そんな時は、いつでも相談して欲しいと水原の手を握ります。

 

自分の宝物の宝物は、自分にとっても宝物だと優しい笑顔で言ってくれました。

 

水原は晴美の手を見て、指輪の跡が残っていることに気が付きます。

 

あの指輪を25年間肌身離さず、水原に渡す直前までつけていたんだと知ります。

 

今の自分には、指輪を嵌めることも返すことも出来ません。

 

それでも何かあった時は相談することを、晴美に約束しました。

 

そろそろ部屋に戻ろうとしたとき、水原はもう少しだけ時間が欲しいと頼みます。

 

 

水原が連れて来たのは、お土産屋さんでした。

 

お風呂上がりの時に、可愛いと目をつけていた指輪を晴美にあげたいそうです。

 

晴美は少し驚き、自分が貰っていいのかと確認します。

 

今日の記念ということと、安物なので気負わずに貰って欲しいと水原は渡します。

 

晴美は左手の薬指に指輪を付け、お姫様みたいだと水原に笑顔で見せます。

 

 

そんな二人を陰から見ていたのは麻美でした。

 

和也に気は無いと言っていたのに、結婚指輪みたいなのものを貰っていることを知った麻美は驚きを隠せません。

 

水原は嘘つきだと、冷たい目で見ています。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします206話の感想と考察

今回は晴美と水原の回でした。

 

晴美の話を聞いて、すこしうるうるしてしまいました。

 

子宝に恵まれず、プレッシャーを不安も感じていただろう晴美を、気にかけてくれた和おばあちゃんが優しすぎですよね。

 

治療にも毎回一緒に来てくれる人なんて、なかなか居ないんじゃないですかね。

 

そもそも義母とそこまでの仲じゃないと、無理な話ですよね。

 

そして和也が産まれた時は、一番喜んでくれました。

 

晴美と和男が出会ってからのエピソードは、強烈だなと思いましたが、自分をお姫様みたいに扱ってくれるという晴美の例え方に、晴美の良い人さが見えました。

 

普通は母親がデート同伴とか、無理ですよね。

 

その時点で、距離を置く可能性もあります。

 

それでも晴美は和男と結婚したことにも、私は驚きました。

 

和おばあちゃんの強さを、尊敬出来ている晴美もいい人なんですよね。

 

今回の話しで、今までよくわからなかった晴美のことを知れ、すごく好きになりました。

 

ただ、麻美にこの場面を見られたことが、恐ろしくてたまりません。

 

今まで表面だけだったかもしれませんが、協力をしているような動きだったのに、この件で完全に裏切ることを決めたのではないでしょうか。

 

せっかく水原と木下家がいい感じになってきたのに、やはりすべてをぶち壊されるのではないでしょうか。

 

誰か麻美を止めて欲しいです。

 

次回もかなり気になります。

 

<< 205話 一覧 207話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ彼女、お借りします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました