スポンサーリンク

サタノファニ183話ネタバレ考察感想あらすじ!幼少期の頃のしぐま!

漫画ネタバレ

2021年9月18日発売の週刊ヤングマガジン2021年43号で、『サタノファニ』183話が掲載されました。

 

サタノファニ183話では、利害が一致した事から聡と共に行動する道隆と叶。

 

改めて作戦を確認し合って、道隆と叶は目的のために奥の院へと向かうのでした。

 

その頃、しぐまは儀式として自分のモノを真希のお尻の中に入れ、彼女を気持ちよくさせていました。

 

気持ち良過ぎて何も考えられない状態の彼女は脳内で幼い頃のしぐまが両親を事故で失った出来事を見る事になります。

 

果たして、両親を失った彼女はどんな過去を送る事になったのでしょうか。

 

本記事では、サタノファニ183話『しぐま』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 182話 一覧 184話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

サタノファニ183話のあらすじネタバレ

カレンを助けたい聡とメデューサ達を助けたい道隆と叶は利害が一致したので、儀式のための道具が沢山ある準備室へと到着していました。

 

その奥に扉があり、そこが奥の院に繋がっていました。

 

道隆は、改め儀式をしている最中、相手の油断につけこんでしぐまを捕まえ、人質にしてメデューサ達を解放して、自分達が逃げるための道を用意させる、と言います。

 

そして実行役は叶が行い、道隆はしぐま達と話し合う係をする事になったのです。

 

聡は、今儀式を行っている者達は、かなりの強者ばかりだから気を付けて、と警告し、2人は奥の院へと向かいます。

 

その奥の院では儀式を行っていて、真希はしぐまのモノをお尻の中に入れられ、腰を振られる事で快楽を感じていました。

 

もう何も考えられない彼女は脳裏で事故で両親を失った子供の頃のしぐまの映像を見ます。

 

しぐまは両親亡きあと、施設に入れられました。

 

重傷を負いながら生き残ったのは何故だろう、とじっと考える日々を送るしぐま。

 

そんな中、子供が母親からいただいた指輪を失い、先生と共に探している光景を目にしたしぐまは、指輪は先生のポケットの中に存在している、と言います。

 

今ある相手を可視化する能力も事故によって得た物だったのです。

 

先生は指輪を見つけるも、何故しぐまは分かったのかと言う不信感が芽生えます。

 

それからしぐまは普段の目と相手を可視化する目をチェンジする作業を行う事で、使い分ける事が出来たのです。

 

それによってより繊細に見えるようになってきて、おまけに見た人が命を落とすことまで分かるようになっていました。

 

スポンサーリンク

ある日、あの人いずれ命を落とす、と男性を指差して言うとある日、本当に命を落としたのです。

 

それによって先生達から益々不審な目で見られるようになったが、しぐまは自分の目について勉強し続けました。

 

それから学校で生徒会長になり、目を駆使して人気を集め、自分がこうして生きている理由を探し続けます。

 

そんなある日、いきなり男性のモノが生え始めたのです。

 

興奮し始めたら自慰を行い、何とか欲を抑えようとしていました。

 

勿論、しぐまは男性から告白も良くされたが、男性のモノが生えている事もあって拒み続けていたのです。

 

そして仕事の間、占い師を行い、可視化する能力を使って大人気となっていました。

 

しかし、その間も自分が生きている理由を探していたのです。

 

そんなある日、内田がしぐまの元を訪れ、彼の言葉を聞いたしぐまは彼に心を許し、行為を行いました。

 

そして内田と共に教団を生み出し、しぐまは教祖となって多くの人々を助けようとしていたのです。

 

やがて教義も作られ、教団は沢山の者達から支持を得ていたのです。

 

内田とは時折自分が内田のモノで気持ちよくなり、その逆もありながら良い関係を築いていました。

 

長い間、両親の代わりに自分が生きていた理由を探し続けたしぐまは、多くの人々を助けるために生き残り、可視化する能力を得たのだと確信しながら、真希を気持ちよくさせ続けていたのです。

 

スポンサーリンク

サタノファニ183話の感想と考察

今回の話で、しぐまの過去が明らかになりました。

 

事故が切っ掛けで今の能力が得られたのは、よくある展開だなと思いましたが、モノが突然生まれたのには驚きましたね。

 

敢えて生やしたのかなとも思っていましたので、前触れもなく突然生えたのは本当に驚きました。

 

それにやり方はちょっとどうなのかなと思いましたが、彼女の人々を幸福に導こうと言う意思は本物みたいですね。

 

そして教団を築いたのが龍野や僧正の入れ知恵か、自分自身で作り上げたのかなと思っていましたが、まさか内田だったとは思いませんでした。

 

そうなって来ると表向きのリーダーはしぐまで、裏のリーダーが内田のような感じですね。

 

道隆達は彼を連れて帰ろうとしていますが、今回の展開によって内田を連れ戻すのは正直言って無理かもしれませんね。

 

次回は真希の意識が飲まれてしまうのではないでしょうか。

 

今回の話でしぐまの過去が明らかになり、やり方はあれですが彼女の確固たる信念も明らかになりました。

 

その強い信念のせいで、意志の弱そうな真希は飲まれてしまう可能性がありますね。

 

もしかしたら彼女の奥底にある瀬里の意識が食い止める展開もあり得そうですが、それでも屈してしまいそうな感じがします。

 

<< 182話 一覧 184話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレサタノファニ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました