スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい227話ネタバレ考察感想あらすじ!白銀にある疑惑が!?

漫画ネタバレ

2021年9月16日発売の週刊ヤングジャンプ2021年42号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』227話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜227話では、ある日の生徒会室では早坂が白銀に元にやって来て、修学旅行以来イメージチェンジを試したがこれまでの喋り方がやりやすい事に気づいた事を報告。

 

早坂は、白銀はそう言う事をしないのか、と聞くと白銀は、アメリカの大学に行ったらやるかもしれない、と述べます。

 

早坂はスマホを弄って、髪型の写真を見せるのだが、彼はもっと大きくするように言ったのです。

 

この台詞から早坂は何かに気づきましたが、果たして何に気づいたのでしょう。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜227話『白銀御行は入れたくない』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 226話 一覧 228話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい227話のあらすじネタバレ

ある日、生徒会室にやって来た早坂は白銀に対し、君付け、さん付け、会長呼び等をし出したので白銀は困惑します。

 

そんな彼に早坂は、修学旅行以来自分を変えようとイメージチェンジを図ったが、その結果これまで通りの喋り方がやりやすい事が分かった、と報告しました。

 

極力友人にはタメ口で喋りたい、と言う早坂に対して白銀は、最終的には自分のやりやすいやり方の方が良いだろう、と言います。

 

早坂は、白銀は別の髪型にするとか、自分を変える気は無いのか、と聞くと白銀は、アメリカの大学に通ったらそうするかもしれない、と答えました。

 

そうしたら早坂はスマホを弄って、髪型の写真を白銀に見せるが、彼は目を細めながら、もっと大きくしてほしい、と言ったのです。

 

その言葉を聞いた早坂は、視力が良くないのか、と聞くと白銀は、良くブルーベリーを口にしていた、と言って否定します。

 

試しに視力テストをしたら、大きい字の方向すら間違っていたので、視力が良くない事が発覚。

 

この事に白銀はショックを受け、早坂は、普段目つきが良くないのも視力が悪い原因かも、と言うのでした。

 

早坂は自分が使用していた眼鏡を渡し、白銀は渋々かけるととても度合が合っていて、何時もよりも視界が良好なのか、非常に盛り上がっていたのです。

 

因みに早坂の眼鏡は度合いが強いので、それで良く見えると言う事は視力が悪い証拠となります。

 

早坂は眼鏡をかける事を勧めるも、がり勉に見えてしまう事を嫌なので拒否する白銀。

 

対する早坂は、一度使ったコンタクトをつけよう、と言い、白銀は思い切って入れようとするも入れられませんでした。

 

その理由は、失敗して目が見えなくなるのを恐れていたのです。

 

スポンサーリンク

早坂は、早く入れて欲しい、と急かされた白銀はカウントダウン交じりで入れようとするも、結局入れられずに早坂を見ます。

 

早坂は若干イラッとしたのか、さっさとつけて、と言うも白銀は怖がっていて無理でした。

 

そんな彼に早坂は、世の中には目を舐める事が好きな人がいて、かぐやもその可能性がある、と言い、つけられない白銀の代わりにつけようとします。

 

しかし、それでも白銀は抵抗し、彼が抵抗する声は生徒会室に近づくかぐやの耳に入りました。

 

そしてかぐやは急いで室内に入り、事情を聴きます。

 

話を聞いたかぐやは、眼鏡をかけた白銀をこの目で見てみたい、と言うとさっきまで嫌がっていた白銀はその気になりました。

 

早坂は去る事にしましたがその瞬間に、目を舐められるのが好きな癖に、と言って去っていったのです。

 

その事は聞かされていないかぐやは白銀に尋ねると、白銀は早坂が言っていた事を話します。

 

話を聞いたかぐやは興味を持ち、白銀がやってほしいならやってあげる、と言いつつ心の中では、白銀の目を舐めるなんて真似が出来るなんて、と言いながら息を荒くします。

 

彼女は白銀の目も好きなので、余計に目を舐める行為に興味があったのです。

 

こういう事があったので、後に白銀はコンタクトを普通につけられるようになります。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい227話の感想と考察

まさか白銀の目が悪いとは思いませんでしたね。

 

そう言う描写がありませんでしたし、今回の話でもブルーベリーを口にしていたと言っていたので、普通だったら目が悪いわけがありません。

 

しかし、思い当たる節があるとすれば、勉強のし過ぎなのではないかなと思います。

 

これまでかぐやに勝つために白銀は勉強を行って来て、夜遅くまで勉強もしてくる事で何とか勝利しました。

 

それに今はアメリカに行く準備や英語の勉強もしている筈です。

 

その弊害が今出て来てしまったんじゃないでしょうか。

 

そして早坂から眼鏡を借りてかけましたが、まるでがり勉みたいで嫌だと口にしていましたが、今までかぐやに勝つために勉強しまくって来た奴が何を言っているんだと思ってしまいました。

 

それから白銀は早坂からコンタクトレンズを勧められ、つける事に苦心していましたが実際その通りかもしれませんね。

 

幾らつけても大丈夫と言われても、怖いものは怖いでしょう。

 

次回は石上がメインの話になるんじゃないかと思います。

 

伊井野の一件が終わり、今は日常編の話になっていますが今のところ、石上がメインの話はまだ始まっていません。

 

それ故にそろそろ彼がメインの話が始まるのではないでしょうか。

 

<< 226話 一覧 228話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました