スポンサーリンク

彼女お借りします204話ネタバレ考察感想あらすじ!願いはただ一つ、水原に幸せになって欲しい

漫画ネタバレ

2021年9月15日発売の週刊少年マガジン2021年42号で、『彼女、お借りします』204話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』204話では、ポリネシアンショーを観た後、男女それぞれお風呂に入っていました。

 

水原は和おばあちゃんから、水原の家族はここに居ると温かい言葉を貰い、和おばあちゃんの優しさを感じていました。

 

和也側では、普段口数の少ない父が和也に、自分が今までどういう思いで働いてきたかを聞き、父の偉大さを知りました。

 

二人が家族の温かみを感じていた頃、帰り道で和おばあちゃんを引き留めたのは瑠夏でした。

 

本記事では、『彼女、お借りします』204話「楽園と彼女⑰」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 203話 一覧 205話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします204話のあらすじネタバレ

和おばあちゃんを引き留めた瑠夏は、和おばあちゃんを傷つけたくないと考えています。

 

しかし、やはり嘘をついているのはズルいし、自分なら水原が居なくなった寂しさを埋めてあげられる自信がありました。

 

なかなか瑠夏が喋らないので、和おばあちゃんは椅子に腰かけ、ゆっくり話そうと声を掛けます。

 

瑠夏はゆっくりと口を開き、和おばあちゃんが求める結婚の条件は何かと質問します。

 

ただ和おばあちゃんは、水原と和也のことを心配し、探りを入れてきていると思って笑っています。

 

瑠夏は質問を変えて、水原が大きな嘘をついているとしたらどうするかと聞きます。

 

以前、水原にも同じことを聞かれたことがあると笑っている和おばあちゃん。

 

そのことを知らなかった瑠夏は、水原も本当のことを言おうか悩んでいることに気づきます。

 

その時和おばあちゃんは、大袈裟に言えば、水原が宇宙人でも好きだと答えました。

 

水原にも過去の恋で言い辛いこともあるだろうと、和おばあちゃんは水原の恋愛歴のことだと思っています。

 

しかし時々、こんな完璧な女性は夢ではないのか、急に目の前から居なくなるのではないかと不安になるそうです。

 

水原が居なくなる可能性も考えていることを知った瑠夏は、それでもいいのかと興奮気味に聞きます。

 

そうなった場合、和也は別の女性と結婚し、木下家の跡取りとなるのだろうと和おばあちゃんは話します。

 

その跡取りの和也の隣に居るのは自分だと、心の中で強く思う瑠夏は、本当のことを話そうとします。

 

しかしまだ、和おばあちゃんの話には続きがあります。

 

スポンサーリンク

数年後、風の噂で水原が別の男性と結婚し、幸せに暮らしていると聞いたとき、心から良かったと思うだろうと話します。

 

もちろん相手が和也であれば嬉しいが、水原が幸せに生きてくれればそれでいいと思っています。

 

そこに和也の父親が来て、早く行こうと声を掛けられます。

 

和おばあちゃんは水原のことを、自分の娘みたいに想っていることを知った瑠夏は敵わないと下を向きます。

 

しかし、それでも諦められないから今ここに居るんだと、自分を奮いたたせます。

 

瑠夏は、去っていく和おばあちゃんをもう一度引き止め、最後に一つ聞かせて欲しいと言います。

 

 

売店で色んな商品を見ているとき、瑠夏の元気がないことに気が付く和也。

 

声を掛けてみますが、反応が良くありません。

 

この後は各自部屋で過ごそうと話しているとき、和也と水原が二人部屋のことを瑠夏は思い出します。

 

 

部屋の前で、和也と水原の部屋に自分も一緒に寝るという瑠夏。

 

みんなから色々言われますが、一人部屋で寂しいと駄々をこね、水原に許可を取ります。

 

水原は笑顔で大丈夫だと言い、和也にも圧を掛けてきます。

 

 

水原・瑠夏・和也の順で川の字に布団を引き、枕投げでもしようかと瑠夏は提案します。

 

もちろん二人がノッてくれるはずもなく、話しているうちに瑠夏は寝てしまいました。

 

水原の寝たのだろと思い、和也は水を買いに外に出ていきます。

 

ドアが閉まったあと、水原は体を起こして何かを考えます。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします204話の感想と考察

瑠夏が、麻美より先にバラすのかとドキドキしましたね。

 

和おばあちゃんが、どれだけ水原のこと想っているのかが、すごくわかった回でした。

 

本当に、自分の娘のように想っているんですね。

 

水原の祖母と友達だったこともあるのでしょう。

 

友達の代わりに、自分が水原の人生を見守っていきたいと、思っているのかもしれません。

 

とてもいいおばあちゃんですよね。

 

瑠夏も敵わないと思いましたが、それで諦められるほどの気持ちではありません。

 

未来の和也の隣には、自分が居るんだと信じています。

 

最後、何を質問したのかとても気になりますね。

 

和也も、瑠夏が和おばあちゃんと話していたことに気づいていたので、何があったのか気になりますよね。

 

最後、3人部屋になり、告白のタイミングを無くした和也ですが、水原のあの様子では何か起きそうな予感でした。

 

和也の後を追って、部屋を出ていくのでしょうか。

 

そうなると和也も、告白をするのではないでしょうか。

 

次回も気になります。

 

<< 203話 一覧 205話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ彼女、お借りします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました