スポンサーリンク

センゴク権兵衛225話ネタバレ考察感想あらすじ!豊臣太閤秀吉と奉行衆の話し合い

漫画ネタバレ

2021年9月13日発売の週刊ヤングマガジン2021年42号で、『センゴク権兵衛』225話が掲載されました。

 

センゴク権兵衛225話では、大阪城で明国正使と会った豊臣太閤秀吉。

 

そして彼らから受け取った明国の衣装に身を包んで、彼らの前に姿を見せた事から謁見は何も起こる事なく無事に終わりました。

 

この前日、豊臣太閤秀吉は小西摂津守行長から五か国同時脅嚇は失敗にしてしまった事を聞かされていたのです。

 

それだけじゃなく、イエスズ会とフランシスコ会の仲違いを利用するのも難しい事も聞かされていました。

 

これらの話を聞いた豊臣太閤秀吉は奉行衆達とどのような会話をしたのでしょうか。

 

本記事では、センゴク権兵衛225話『惣無事成就』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 224話 一覧 226話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

センゴク権兵衛225話のあらすじネタバレ

大阪城にやって来た明国正使が駆けつけ、豊臣太閤秀吉に謁見します。

 

そして豊臣太閤秀吉は彼らから貰った衣装を着て、彼らに見せつけました。

 

これによって謁見は何も起こる事なく無事に終わったのです。

 

謁見が始まる前、豊臣太閤秀吉は小西摂津守行長から、五か国同時脅嚇が失敗してしまった、と聞かされていました。

 

その理由は天竺と呂宋は明国と同じように交渉が上手くいかず、高山は何処の国王に渡せばいいか分からず、安南は交渉するに足る人物がいなかったからでした。

 

続けて小西摂津守行長は、イエスズ会とフランシスコ会が仲たがいしているからそれを利用して、情報を得る事も難しく、最終的に貿易は断念せざるを得ない、と言います。

 

石田治部少輔三成は、今回は貿易を求めるより、日本国王になった方がいい、と助言。

 

明国から日本国王の称号を与えられる事で、日本は天皇じゃなく豊臣政権が支配していると諸外国は知る事になるし、後の将来の安定のためにも必要だ、と力説する石田治部少輔三成。

 

ここまで口を開かずに話を聞いていた豊臣太閤秀吉は、自分も石田治部少輔三成と同じ事を考えていた、と言って貿易を辞めて日本国王の称号を得る事にしました。

 

そして奉行衆達を労いつつ、惣無事は無事に完遂した、と告げるのでした。

 

スポンサーリンク

現在に至り、豊臣太閤秀吉は交渉が無事に成功した事を喜びつつ、地震によって千畳敷が壊れた事を悔やんでいました。

 

それ故に、今日まで練習してきた舞を皆に見せたかった、と言うと桑原次右衛門貞成は、これからは日本中を移動して多くの人々に舞を見せてあげて欲しい、というのでした。

 

そして豊臣太閤秀吉は、無事に交渉も終わったと言う記念で舞を舞う、と言い、桑原次右衛門貞成は了承すると共に、衣装の準備を行います。

 

やがて舞を舞う衣装を身につけた豊臣太閤秀吉は舞を舞いながら心の中で、日本中にいる民衆達、この豊臣太閤秀吉が築いた世の中を見ろ、と思っていました。

 

そして豊臣太閤秀吉は舞を舞う中、木下藤吉郎時代の事を思い出していました。

 

あの頃は貧しくても、家族がいたので仲睦まじく過ごしていたのです。

 

やがて武士になろうと諸国を巡っているうちに、織田信長と出会って、彼にこの命を捧げようと決意して仕えるようになりました。

 

その信長に信頼され、竹中半兵衛や多くの家臣達と共に信長の天下取りのために邁進していきます。

 

やがて信長は本能寺で倒れ、後を継いで明智光秀を倒して仇を討ち、多くの大名達を滅ぼし、従わせる事で天下統一を果たしたのです。

 

そして多くの財宝や女性を手に入れ、大勢の大切な人々を失い、大勢の人々を始末し、色々と苦しい思いをしながらも、最終的には息子を得たので良き日々を得たと感じていました。

 

しかし、これから先続く未来は、決して輝かしいものではなく、非常に殺風景なものでした。

 

この光景を見た豊臣太閤秀吉は、先の未来は全然輝かしいものではない、と思いつつ、自分達豊臣の天下は長く続かないと感じたのか、涙を流したのです。

 

センゴク権兵衛を無料で全巻全部読める?漫画BANKやzipダウンロード以外で安全に読む方法!
本記事では漫画『センゴク権兵衛』を無料で全巻全部を読むことができるのか調べてみました。 もちろん星のロミや漫画BANKなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので...
スポンサーリンク

センゴク権兵衛225話の感想と考察

結局貿易はままなりませんでしたが、最終的に日本国王と言う称号を貰えました。

 

豊臣太閤秀吉はもううんざり気味になっていましたし、奉行衆も泥沼化を避けられたのでお互いに良かったんじゃないかなと思います。

 

しかし、戦で頑張っていた者達にとってはやってられないと言った感じじゃないかなと思いますね。

 

これが後に奉行衆と武将達で仲間割れする切っ掛けになりそうです。

 

そして豊臣太閤秀吉は舞を舞った際、昔の事を思い出していましたが同時に未来の風景が殺風景なのも見ていました。

 

後々関ヶ原の戦いによって徳川大納言家康が台頭して幕府を開き、豊臣家を滅ぼすから豊臣家が栄える未来は無いと言う暗示なのかもしれません。

 

しかし、豊臣太閤秀吉はこの時点でその事を知る事はありませんから、単純に自分は豊臣秀頼に何も残せないと感じる筈です。

 

それ故に次回は再び朝鮮を攻める準備を諸大名にさせるのではないでしょうか。

 

殺風景な未来を見た豊臣太閤秀吉は天下をしっかり豊臣家の手で盤石にさせるためには、豊臣家は日本を統一しただけじゃなく外国にも影響を与える家にしたいと考える筈です。

 

そして朝鮮を攻めて、自分達の領土にしようと思いつくのではないでしょうか。

 

<< 224話 一覧 226話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレセンゴク権兵衛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました