スポンサーリンク

青年少女よ春を貪れ30話ネタバレ考察感想あらすじ!もう、水川でいいんじゃないかな

漫画ネタバレ

2021年9月9日発売の週刊ヤングジャンプ2021年41号で、『青年少女よ、春を貪れ。』30話が掲載されました。

 

『青年少女よ、春を貪れ。』30話は、今度こそ初子にケリをつけるべく再び地元に戻った

勝之でしたが、予想外の人物に出迎えられます。

 

前回の帰省により様々な影響が出た事により、勝之の状況も以前と同じようには行きませんでした。

 

本記事では、『青年少女よ、春を貪れ。』30話『ここだけは、一緒やねん』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 29話 一覧 31話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

青年少女よ春を貪れ30話のあらすじネタバレ

帰省する事を龍樹達に再び連絡した勝之でしたが、前回は最後まで一緒に過ごしてくれた龍樹すらも返信はありませんでした。

 

誰からの出迎えもないと思いきや、車のクラクションの音が聞こえ驚きながら振り返るとそれは水川が運転している車でした。

 

予想外の出迎えに勝之は驚きましたが、水川にしてみれば会いたいと連絡が来たから来ただけとのことでした。

 

乗るように言われ、その行き先は水川の自宅でした。

 

お土産の高級チョコをツマミに、水川は缶チューハイを飲み干すと上機嫌ですが、その酒もなくなってしまいました。

 

車の鍵を勝之に渡して、缶ビールを箱で買ってくるように言いますが、その辺にしておけと制止する勝之は鍵を受け取りはしませんでした。

 

休みの日くらい好きにさせてと言う水川ですが、ヒナが帰ってくる頃だろうと勝之は反論します。

 

別にいいと言い張る水川はそっと離婚届を勝之に見せると、今は2人とも旦那の実家で暮らしていると静かに言いました。

 

そのきっかけは、音無が家に来た際に人殺しと吹き込まれ事故の話もされたことでした。

 

反論しても無駄で、親のことでヒナに迷惑は掛けられないとそれだけで終わりを迎えたようです。

 

勝之は言葉が見つからず神妙な顔をしますが、お通夜か! と水川は笑い飛ばしました。

 

一瞬で壊れてしまう結婚生活を経験した水川は、勝之にも結婚なんかやめとけと言いました。

 

スポンサーリンク

勝之が昨晩別れたと告げた途端、死んだ元カノの為に結婚直前の彼女を振ったことにアホかと猛反論しました。

 

振られた方だと勝之が言っても、問題はそこではありませんでした。

 

乳がでかくて奉仕体質の男に都合がいい女ともう出会えないとまくし立てる水川は、そんなにいい男じゃないと勝之に対してはっきり言いました。

 

初めての彼女がハルだから調子に乗っていると言われたところで、ようやく勝之もそういうことじゃないと言い返しました。

 

ハルとは手繋ぐくらいしかしてないと言うと、思い返せば一ヶ月も付き合っていないことを水川も思い出しました。

 

すると、水川はおもむろに勝之の手を取り見つめます。

 

戸惑う勝之に、ハルの手の温もりを思い出す? と問いますがそんなわけあるかと否定しようとしたとき、水川はハルと血が繋がっていると明かしました。

 

実は従姉妹同士ということを告げ、残念ながらハルのように可愛くは生まれられなかったけれど、ここだけは同じと良い、自分の左胸に勝之の手を押しつけました。

 

やめてくれと冷静な勝之に、欲望に身を任せなよと水川も引きません。

 

しかし、まだ飾られたままの家族の写真も綺麗にされた部屋も2人が帰ってくるのを待っているからだと勝之は指摘します。

 

水川はまだやり直せると勝之が言うと、水川は涙を流しながら勝之の真面目さを改めて思い知らされました。

 

学生の頃、今やったようにハルの名前を出したら色んな男が抱いてくれたと水川は打ち明けました。

 

ハルを関係無く初めて抱いてくれたのが今の旦那であり、それだけの理由で入れ込んだと水川は笑って言いました。

 

家の事も仕事も頑張っているようには見えないだろうけど頑張っていたと主張すると、勝之ははっきりと頑張っているように見えると答えました。

 

水川も何故ハルが死んだのかわからず、だからこそ忘れようとしているのにまた寂しさを埋めるためにハルを利用してしまった水川もまた、ハルに縛られていると自覚しました。

 

そして、自分が聞けば新しい話が聞けるかもしれないと、龍樹や亮に話を聞いてみると言ってくれました。

 

そんな水川には、まだ勝之に言うべきか悩んでいるキャンプでの出来事がありました。

 

事件に関わっていることかもわからないからというのは建前であり、自分の見たものがハルの死に関係していると思いたくない一心でした。

 

スポンサーリンク

青年少女よ春を貪れ30話の感想と考察

始めの方はデフォルメ顔も多かったせいか、水川の可愛い面が見ることが出来ました。

 

酒も入りノリが良かったと思いながら読んでいましたが、読み終えてみると勝之が言っていたように自棄になっているようにも見えました。

 

前回の帰省時に、勝之は水川の旦那と対峙し水川に対して暴言ばかりの旦那に反論していました。

 

それを偶然聞いていた事も、今回の水川の心変わりに繋がるのかもしれません。

 

水川とハルが従姉妹同士という新たな事実を公開されましたが、ハルは知らなかったのか前にあった水川の回想シーンでは随分と他人行儀な感じがしたので、その関係性には違和感がありました。

 

ハルは東京から来たので従姉妹と言っても、あまり縁があったわけではないのかもしれません。

 

そんなハルとの血の繋がりを利用して、勝之を誘惑しましたが真面目な勝之は戸惑いながらも誘惑に打ち勝ちました。

 

まぁ、元の旦那に未練があるのがわかっているとは言え……ハルでも千鶴でもなく水川で良いんじゃないかなという気持ちになりました。

 

勝之に対してのまくしたてるシーンなど、冒頭のノリがとても良かったです。

 

<< 29話 一覧 31話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ青年少女よ、春を貪れ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました