スポンサーリンク

センゴク権兵衛224話ネタバレ考察感想あらすじ!明国の貿易に関する話し合い

漫画ネタバレ

2021年9月6日発売の週刊ヤングマガジン2021年41号で、『センゴク権兵衛』224話が掲載されました。

 

センゴク権兵衛224話では、日本と明国の講和交渉がそろそろ終わろうとしていました。

 

宣教師達はこの交渉が成立すれば、貿易に支障が出る事から決裂する事を望んでいたのです。

 

明国もまた反対派と賛成派に真っ二つに分かれていました。

 

反対派は倭寇の一件や寧波を日本が狙っていて、明国を混乱させようとしている事から反対していました。

 

賛成派は日本と貿易をすれば、お金を得られる事から賛成していたのです。

 

果たして、どちらの意見が通るのでしょうか。

 

本記事では、センゴク権兵衛224話『交渉の争点』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 223話 一覧 225話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

センゴク権兵衛224話のあらすじネタバレ

日本と明国による交渉が最終段階に迫っている中、ある人物は貿易を望んでいて、ある人物は貿易に反対している、と宣教師が綴っていました。

 

そして宣教師達は、貿易こそ交渉の中で重要視されている、と踏んでいて、彼らは貿易に関しては反対の立場でした。

 

その理由は、彼らの国の貿易利権が害される可能性があったからです。

 

それくらい豊臣太閤秀吉が行おうとしていた唐入りは他国に影響を与えていたのです。

 

そして明国内でも賛成派と反対派で激しく争っていました。

 

反対派の沈一貫は、日本と貿易を辞めてから治安も良くなったし、また始めたら倭寇が暴れ始め、寧波を失いかねない、と言います。

 

寧波は昔日本が貿易利権をかけて争っていた土地、倭寇が好き勝手するようになる場所でもありました。

 

別の者も、豊臣太閤秀吉が貿易を求めて朝鮮に攻め入ったが、本当に欲しかったのは朝鮮じゃなくて寧波であり、もし奪われたら国が混乱してしまう、と訴えます。

 

このように大勢の家臣が貿易に反対している中、賛成している者達もいました。

 

賛成派の陳懿典は、日本は危険な国ではあるが、上手く扱えば自分達が主導権を握れる可能性がある、と言います。

 

顧養謙も、自分達はモンゴルとも取引をしているが彼らに対しては銀を払うも、日本との貿易は銀を手に入れられるから利がある、と言いました。

 

張位も同意見であり、同時に、日本はただ貿易を望んでいるのだからお互いの利益を尊重すべきだ、と述べます。

 

会議はそれからも紛糾するが、明国は貿易をしない方針を取る事に決め、その代わりに豊臣太閤秀吉に日本国王の称号を渡す事に決めたのです。

 

スポンサーリンク

1596年6月15日、明国は豊臣太閤秀吉に、貿易は白紙になった事、日本国王に任ずる事にした事、朝鮮にある倭城を破壊して日本軍を撤退させる事を伝える正使を派遣。

 

6月27日、日本では謎の白砂が降ると言う怪奇現象が起こります。

 

1か月半後の7月13日、慶長伏見地震が起こりました。

 

数多くの犠牲者を出し、建物も多数崩れ、しかも伏見城と大仏殿も崩れてしまったため、豊臣太閤秀吉は唖然としていたのです。

 

その2日後に、老婆の髪の毛が空から降って来ると言う怪奇現象が起こりました。

 

この光景を見ていた豊臣太閤秀吉は何かを察していたのです。

 

こういう現象や地震が起きた事から、明国の正使との会談は9月1日となりました。

 

今から3か月前、豊臣太閤秀吉は息子豊臣朝臣藤吉郎秀頼を大名達に見せており、暇さえあれば遊んでいたが、同時に衰えも実感していたのです。

 

茶々に対して、自分はもうこの世にいる意味は無いとここ最近の事件で教えられた、と言い、これからは豊臣朝臣藤吉郎秀頼が苦労しないように、天下を安定させる事に専念する事に決めます。

 

それ故に貿易の事もどうでもよくなったのです。

 

そして豊臣太閤秀吉は明国の正使と会い、彼らから全て聞かされました。

 

本来、彼らの話を聞いた豊臣太閤秀吉は激怒したそうですが、それは創作であり、実際は何も起こらずに会見は終わったのです。

 

センゴク権兵衛を無料で全巻全部読める?漫画BANKやzipダウンロード以外で安全に読む方法!
本記事では漫画『センゴク権兵衛』を無料で全巻全部を読むことができるのか調べてみました。 もちろん星のロミや漫画BANKなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので...
スポンサーリンク

センゴク権兵衛224話の感想と考察

明国内でも反対派と賛成派で激しく争っていたようでしたね。

 

賛成派は利益を優先していて、反対派は明国の安全を優先していたのが分かりましたね。

 

反対派にとって貿易を嫌っている理由はこの頃でも倭寇が暴れていて、日本が朝鮮に攻め入ったのが寧波を奪う事だからなのが理由でした。

 

確かに貿易をしたとしても倭寇によってお金等を奪われては溜まりませんし、治安も乱れる可能性もあります。

 

それに朝鮮に攻め入った不信感もありますし、戦争で犠牲者も出たのですから躊躇するのも無理ないかなと思いますね。

 

そう言う考えを持つ反対派が沢山いたから、貿易は断念してその代わりに日本国王の称号を与える事になったのでしょうね。

 

そして本来なら貿易を望んでおり、日本国王の称号を望んでいなかったと思われる豊臣太閤秀吉が怒らなかったのには驚きでした。

 

これまでの歴史の書物では怒ったとされているので、本当に驚きました。

 

今回の話でもありましたが、災害とかがあったりしたので、もう世の中や神様が自分を必要としていないから豊臣朝臣藤吉郎秀頼が後を継ぐまでに政権を安定させる事を考えたのでしょう。

 

しかし、慶長の役は行われると思いますので、何が切っ掛けで起こるのか気になるところですね。

 

<< 223話 一覧 225話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレセンゴク権兵衛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました