スポンサーリンク

ハンチョウ97話ネタバレ考察感想あらすじ!地下労働者達の団結

漫画ネタバレ

2021年8月30日発売の週刊ヤングマガジン2021年40号で、『1日外出録ハンチョウ』97話が掲載されました。

 

『1日外出録ハンチョウ』97話は、地下強制労働施設の料理担当者川井の明らかな無気力さにより、食事が粗雑になってしまって数日。

 

各班班長達が話し合い、川井を立ち直らせようと奮闘します。

 

本記事では、『1日外出録ハンチョウ』97話『不味』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 96話 一覧 98話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ハンチョウ97話のあらすじネタバレ

地下強制労働施設の食堂で、配膳された食事を見て地下住人達の戸惑やうんざりしたような声を漏らしていました。

 

もう何度目かになる煮干し定食は勿論のこと、米すらまともに炊けておらず芯が残っていて食べられたものではありません。

 

元々基本的には質素な食事でしたが、このところはそれに輪を掛けて粗暴粗雑な食事になっていました。

 

一汁一菜のそのおかずはきゅうりに茹でもやしに大根おろしと、とても労働できるようなメニューではありません。

 

元パチプロの料理担当者川井の様子を見てみると、仕込みもせずに明らかにボーッと無気力に座っているだけでした。

 

前任の柳内によれば、川井は料理を覚えようとする気概のあった人間であり、就任当初よりも料理の腕も上がって来ていました。

 

大槻と沼川はそんな川井の様子を見て、間違いなく重大な変化が起きていると確信しました。

 

宮本にその理由を聞いてみると、1年以上付き合っていた彼女と別れ、恐らくそれで落ち込んでいるとのことでした。

 

そんな私情で食事のレベルを下げられたらたまったものではありません。

 

納得いかない沼川でしたが、見かねた同僚が川井を合コンに連れて行き、連絡先を交換していたとのことで、立ち直るはずとのことでした。

 

その合コンの日は、大根おろしにちりめんじゃこが掛かっていたという大槻でしたが、川井の恋愛事情で食事が左右されることに沼川は納得いきません。

 

それから1ヶ月経っても改善される気配は無く、地下住人全員が川井に彼女が出来る事を哀願し始めました。

 

そうなれば、各班班長が集まりどうすれば川井に彼女が出来るかという会議が開かれました。

 

ともかく清潔感という意見や、既に自信を失っている川井の為に易しめの筋トレメニューを考案して宮本へ提出するも効果はありませんでした。

 

スポンサーリンク

そんな地獄から、大槻は江戸そばを食べるために外出しました。

 

監視役は前任の柳内で、動いてもらうように打診するのが目的でもありました。

 

一緒にそばを食べながら、柳内は自分が動いても意味は無いと言い大槻も納得するしかありませんでした。

 

そして、川井の無気力の原因は他にあるのでは無いかと失恋だけなのだろうかと柳内は言いました。

 

引き継ぎ期間という短い間に接した川井の印象からは、それ以外にも別な理由があると言う柳内。

 

全ての料理人が同じ目的で料理をするとは限らず、柳内の場合は半ば自己満足であり、見返りと言うよりも過程が大事であり、料理すること自体が好きでやっていたタイプでした。

 

大槻から見て川井はどんなタイプかと問い、柳内は立ち去っていきました。

 

それからも地下の食事事情は変わらず、お見合いをさせようと盛り上がる班長達に、大槻はもうお節介はやめようと言いました。

 

事の発端は川井ではなく自分たちにあるかもしれないと、大槻は切り出しました。

 

米をしっかり炊かれていることも鯖に塩が振られていることも、当たり前の事では無かったと言い食事を終えた大槻は、川井にかけるべき言葉は彼女を作るためのアドバイスではないと言いました。

 

そして、川井にごちそうさまと、料理を作ってくれることに対してお礼を言う大槻に、食堂内は静まりかえりました。

 

しかし、次の食事はおかずがピーナッツ3粒と何も変化はありません。

 

さすがに大槻もお手上げで、再びお見合い話が浮上しました。

 

誰にもわからない川井の無気力の理由は、鬼滅ロスというただそれだけでした。

 

ハンチョウ漫画BANKや漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『1日外出録ハンチョウ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので...
スポンサーリンク

ハンチョウ97話の感想と考察

まさかのオチに他誌だけど良いのかと思いましたが、もはや雑誌の垣根を越えて鬼滅の刃の知名度はあるから良いのでしょう。

 

以前、地下労働施設の数少ない楽しみ1つが食事のような事が描かれてありましたが、その楽しみすら粗雑になってしまったのでは地下住人達も一致団結するしかありません。

 

こんなに多くの人間に彼女が出来るように哀願されることはなかなか無いのではと思い増したが、実のところ全く関係無い理由であり、まだまだ粗雑な料理は続きそろそろ倒れる人間も出て来そうです。

 

アニメの終了だけではなく、芸能人が結婚したときなどに『○○ロス』など言われている記事などを目にします。

 

その場合失う以前に別にその芸能人と交友があったわけでもないし、引退するわけでもないので一切ロスしてないのでなんだかなぁと思います。

 

鬼滅の刃の2期をやってくれれば、川井も立ち直り食事もまた復活すると思われますが、終わってしまったときにはまた粗雑なものになってしまうと思われるので、もう新しい人を入れた方が早い気もしますね。

 

<< 96話 一覧 98話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました