スポンサーリンク

ゴールデンカムイ288話ネタバレ考察感想あらすじ!キムシプと土方の出会い

漫画ネタバレ

2021年8月26日発売の週刊ヤングジャンプ2021年39号で、『ゴールデンカムイ』288話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ288話では、1902年ロシア領事館で土地の権利書を見つけたウイルク達。

 

権利書の使い道に困っているとウイルクは榎本の助力を得ようと提案するも、他の者達は懐疑的でした。

 

キムシプも榎本に届く前に奪われると言いつつ、ある人物ならば何とかしてくれる筈と意味深な言葉を述べます。

 

時は1868年に遡り、若い頃のキムシプは榎本がいる五稜郭で土地の購入についての交渉をしていると、ある爽やかな男性と知り合いました。

 

果たして、何者なのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ288話『爽やかな男』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 287話 一覧 289話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ288話のあらすじネタバレ

1902年のロシア領事館で、北海道の土地の権利書を手に入れたウイルク達。

 

しかし、これを提出しても政府が揉み消すつもりでいるのが分かっているため、持て余している状態にありました。

 

そんな中、ウイルクは、榎本に相談してみてはどうか、と提案するも現在政府の高官になっている彼に会う術が無いので、仲間は気が引けていました。

 

キムシプは、政府はこの権利書を何としても見つけたいから、榎本に渡る前に没収される、と言いつつ、あの人物なら何とかしてくれる、と呟きます。

 

時は1868年に遡ります。

 

この頃のキムシプは仲間と共に土地に関する交渉を榎本相手に行っていたのです。

 

キムシプは馬に水を飲ませるために、井戸から水を掬いあげていました。

 

そんな中、洋風の服を着ている若い男性がやって来て、キムシプの手の刺青に注目し、その事を尋ねます。

 

その男性も馬に水を飲ませようとしていたので、手伝う事になりました。

 

スポンサーリンク

男性はキムシプに、先程の者達は同志なのか、と聞くとキムシプは頷きます。

 

男性は、ここでの政治は全部榎本が行っており、自分は戦や馬、女性の事しか知らない、と言い、そう言った男性が非常に爽やかだったのをキムシプは感じていたのです。

 

その男性こそ当時陸軍奉行並で新撰組副長の土方歳三でした。

 

土地に関する事は榎本しか知らず、契約は順調に進んでいったため、キムシプ達は金塊を渡そうとします。

 

しかし、他にも金塊がある事がバレたら不味いので、残った金塊はあちこちに隠す事にしたのです。

 

そして函館戦争が始まり、キムシプ達は函館山に避難しようとしていたが、偶然馬がやられ、脇腹を撃たれた土方を見つけます。

 

キムシプは仲間の反対を押し切って、誰もいない民家で土方の怪我を治しました。

 

この間に旧幕府軍の軍艦は破壊されたのです。

 

土方は、政府軍の猛攻で弁天台場が制圧される前に行かなくては、と呟くもキムシプは、土方が眠っている間にもう制圧されてしまった、と言います。

 

それを知った土方は無理を言って、キムシプ達と共に函館山に行き、観音像がある場所に到着します。

 

その間に五稜郭は砲撃を受けており、この光景を見た土方は無念さを感じていたのです。

 

そこへ政府軍の者達が現れ、土方がいると分かって攻撃しようとします。

 

キムシプ達は、北海道が政府の物になったら、全てが水の泡だ、と思い、抵抗するも仲間は撃たれました。

 

自分のせいで迷惑をかけたくないと思った土方は降伏して、政府軍に連行されたのです。

 

時は1902年に進み、キムシプは、土方は命を落としておらず監獄に囚われている、と言い、別の男性も、土方なら何とかしてくれるだろう、と期待を持ちます。

 

取りあえず見つけた金塊を、後にアシリパ達が見つけた井戸に埋める事にしたのです。

 

埋めた後、各地にいるアイヌ人に呼びかけようとするウイルク達。

 

ウイルクは、自分達が与えた恩を土方が忘れていないでほしい、と言う思いを込めていました。

 

そして現在に至りました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ288話の感想と考察

今回は函館戦争の間に何が起こっていたのか、分かった話でしたね。

 

そしてキムシプが若い姿で登場しましたが、ウイルク達が権利書を見つけた頃と比べて髭が黒色である事以外は余り変わりませんでしたね。

 

それから五稜郭に来て、馬に水を与えようとしたら土方に出会いましたが、今思えば運命だったのかなと思いました。

 

そして榎本は契約してくれましたが、今函館戦争の真っただ中だと言うのに、良く了承してくれたなと思いましたね。

 

仮に政府軍に勝利する事が出来れば、原住民のアイヌ人と親しくしないといけないので無碍にせずに契約をしてくれたのでしょうね。

 

そうじゃなければ、後々ウイルクから榎本に助力を仰ごうなんて言葉は出ないでしょうね。

 

そして負傷をした土方の看病をして、彼の頼みで函館山に向かい、観音像の元に到着しましたが、これは何の意味があるのかなと思いました。

 

土方が信仰に篤い人物ではありませんし、観音像に仲間の勝利を祈ったのか、そこには何が隠されているのに気づいたからではないでしょうか。

 

そして現在に至り、土方は助けてもらった恩を忘れていなかったのだと思います。

 

それ故にアシリパに協力してくれたのでしょう。

 

これから金塊を持っていくと思いますが、どう言う手段でやるのか気になります。

 

<< 287話 一覧 289話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました