スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい222話ネタバレ考察感想あらすじ!お互いに浮いていた2人

漫画ネタバレ

2021年7月29日発売の週刊ヤングジャンプ2021年35号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』222話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜222話では、大仏から見た石上と伊井野は最初から犬猿の仲では無かったのです。

 

どちらかと言えばお互い浮いていたのだが、石上はどちらかと言えば逃げているが、伊井野はどんな目に遭おうとも自分の理想を曲げない点でした。

 

それ故に石上は彼女に気づかれないように、手助けをしていました。

 

果たして、そんな2人は何故仲が悪くなったのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜222話『四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑦』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 221話 一覧 223話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい222話のあらすじネタバレ

中学時代の石上と伊井野は最初から仲が良くなかったわけではありませんでした。

 

この頃の石上は小学校時代やっていたサッカー部を辞めていて、友人も部活仲間しかいなかったので、他に友達がいなくて浮いている状態だったのです。

 

対する伊井野は風紀委員の仕事をしていたが、厳しかったので疎まれていました。

 

伊井野にゲームをしている事を指摘された石上は、自分が部活を辞めた理由を話しつつ、伊井野に対して、皆から嫌われる風紀委員なんかやって何が面白いの、他に合っている事があるのではないか、と疑問をぶつけます。

 

それに対する伊井野の答えは、石上の言う通りかもしれないけど、皆にちゃんとしてルールを守ってほしいからと言う理想があるから、そのためなら頑張れる、と言うものでした。

 

その言葉が石上の胸に突き刺さったのか、石上はその後、伊井野の背中に張られていた悪口が書かれている紙を剝がしたりしたのです。

 

その様子を大仏は見ていました。

 

その大仏はつばめにカフェに誘われると、彼女から、眼鏡を外してコンタクトにした方がいい、と勧めます。

 

対する大仏は、モテる気は無いし、仮に好きな人に告白して拒否されたらストーカーになるから、と言いつつ、好きになると言う事は執着でもある、と持論を言い、つばめもその持論を否定しませんでした。

 

そして大仏は、今のままがいい、と言いつつも心の中では、外見じゃなくて中身を好きになってほしい、と言います。

 

これまで大仏は子役をやっていた事もあってか、与えられた代わりに愛を与えてばかりだったので、石上の行動は大仏にとっては好ましいものであり、彼みたいな人を好きになりたい、と思うようになったのです。

 

そんな中、石上が伊井野の机の中に花入りの手紙を入れたのを目撃し、その事を伊井野が嬉しそうに語った事から、彼らが親しくなる方がずっといい、と感じて一歩引く形になりました。

 

そして、石上は伊井野を助けているからこれでいい、と思い、自分に言い聞かせていたのです。

 

そんな中、石上が大友に執着し、彼氏である荻野を殴ると言う事件が起こりました。

 

伊井野は石上に真相を聞こうとしたが、石上は突き放すような発言をしたので伊井野も売り言葉に買い言葉と冷たくしたのです。

 

石上が伊井野のために動いていたのを見ていた大仏は心の中で、石上を信じるべきだ、今こそ石上のために動くべきじゃないのか、石上を助けて支えるべきじゃないのかと思っていたのです。

 

現在に至り、かぐやに話した大仏は、今更伊井野が石上の事を好きになったと言っても虫が良過ぎるし、そう言う自分も何もしなかったから糾弾する権利はない、と言います。

 

そして、つばめの事を応援していたのも罪を清算するためだったけど、あの時石上の傍に伊井野じゃなくて自分がいればと思う事はあった、と言って眼鏡越しの目から涙を滲ませていたのです。

 

最後に、好きだと言う事は執着だから、今も猶忘れられずにいるんだ、と言いました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい222話の感想と考察

今回、3人の中学生時代が明らかになりましたね。

 

これまでの過去話では石上は最初から浮いていると思っていましたが、友人が部活の人しかいなかったから、辞めた自分が話しかけにくかった事が分かりました。

 

同時にゲームをしているのが、部活を辞めてから何をすればいいのか分からないからやっていた事も分かりましたね。

 

そんな石上にとって、決して楽しいわけではなく、ただ苦しくて疎まれているだけの風紀委員の仕事に理想を掲げ、理想の為なら疎まれようが構わないと言う伊井野に憧れを感じていたのかもしれません。

 

それ故に嫌がらせを受ける彼女を影ながら助けていたのも分かりましたね。

 

伊井野に感謝されるわけでも無く、無償でそう言う事をする石上の姿にこれまで子役として色んなものを貰っていた大仏は惹かれたのでしょう。

 

しかし、石上が伊井野の机に頑張っているよと言う手紙と花を入れたのを見て、石上と伊井野がお似合いだと思って一歩引いてしまいました。

 

しかも、例の事件が起こってから2人の関係に変化が生じた事もあって、今も石上に対して好意を持っている大仏からすれば、事を起こした石上を信じられず、これまで彼がしてくれた事に報いる事なく好きになった伊井野が許せないのでしょうね。

 

<< 221話 一覧 223話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました