スポンサーリンク

ゴールデンカムイ285話ネタバレ考察感想あらすじ!容赦なく砲撃してくる第七師団

漫画ネタバレ

2021年7月29日発売の週刊ヤングジャンプ2021年35号で、『ゴールデンカムイ』285話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ285話では、金塊がもう半分あるのを知った白石が探そうとした矢先、鶴見率いる第七師団が五稜郭に向けて砲撃を仕掛けてきたのです。

 

鶴見は軍用の気球を用意させて兵士に杉元達の様子を窺っていて、自分達は駆逐艦によって予想よりも速く五稜郭に到着していました。

 

そんな中、永倉は門倉達に後を託して向こう岸に渡り、突如第七師団の兵士を探し始めたのです。

 

果たして、永倉は一体何故兵士を探しているのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ285話『最終決戦』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 284話 一覧 286話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ285話のあらすじネタバレ

金塊がもう半分ある事を知った白石が探そうと動き出し、アシリパはそれを止めようとします。

 

そうしたら急に砲弾が飛んできて、白石の近くに落ちて爆発したので白石は吹っ飛びました。

 

しかも砲弾は五稜郭のあちこちに降って来ていて、永倉と門倉も塹壕に避難しようとするも砲弾が飛んできて近くに落ちて爆発します。

 

永倉は急いで逃げて、五稜郭の周りにある水の中に飛び込んだのです。

 

杉元は、鶴見か、と言うもアシリパは、そうだとしても早い、と口にします。

 

牛山は、あれを見ろ、と言うと彼の視線の先には軍が使う気球がありました。

 

杉元は、あれで自分達の様子を見ていたのか、と言うと共に、鶴見達は駆逐艦でここへ来たから砲撃して来たんだ、と言ったのです。

 

実際、杉元の言う通り、鶴見達は駆逐艦を使って五稜郭へと来ていました。

 

鶴見は暗号を解読している間に鯉登の父親がいる青森の大湊要港部に連絡し、何処に金塊があったとしても早く来い、と命令していたのです。

 

そして鶴見達が室蘭駅へと移動した時には駆逐艦が揃っており、それに乗ってきたのです。

 

水の中にいる永倉はこのままだと嫌な予感がすると感じたのか、泳いで向こう岸に辿り着くと門倉に対して、後は頼んだ、と言って岸から上がると第七師団の兵士を探し始めます。

 

そして兵士を見つけたため、永倉は白いものを手に取って降参の意を示したのです。

 

彼の様子を見ていた門倉達は自分達のやるべき事をやろうと撤退していきました。

 

スポンサーリンク

その頃、杉元達は建物の中に隠れていたが、砲撃が止む事はありませんでした。

 

アシリパは、撤退しよう、と進言すると土方は、既に出入口は包囲されているし、この砲撃も自分達をおびき寄せようするためにしている、と言います。

 

対する杉元は、駆逐艦は16人しか乗れず、函館にあった駆逐艦が全部来ているなら64人いるから、出入口以外の場所なら人は少ない筈、と言ったのです。

 

それならすぐ逃げよう、とアシリパは言うのだが、白石は、権利書が正しければ五稜郭に金塊がある筈だから、それを確かめたい、と聞きませんでした。

 

そんな中、砲撃が急に止まりました。

 

その理由は永倉が鶴見に会っていたからです。

 

永倉は鶴見に、金塊は存在しない、と言うが鶴見は信用せず、全員始末してからゆっくり調べる、と言います。

 

永倉は鶴見に権利書があった事や契約の事を伝えつつ土下座すると、権利書を渡すから皆を助けてほしい、今の土方は函館戦争で命を落とし損ねたから新たな命の落とし場所を探しているだけだから、自分が説得すれば従ってくれる、と訴えたのです。

 

対する鶴見は、顔を上げるように言いつつ、権利書を盾にして砲撃を止め、説得すると言う名目で戻って土方達と共に戦うつもりなのだろう、と言います。

 

続けて、永倉こそ戦いたくてしょうがない新撰組隊士じゃないか、と言う鶴見に対し、永倉は土下座しながらもよく見破ったなと言わんばかりに顔は好戦的な笑みを浮かべていたのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ285話の感想と考察

鶴見達が駆逐艦を使って五稜郭に到着するとは、完全に想定外でしたね。

 

そもそも鶴見達は軍人なのだから、船を使うと言う選択肢もあったわけですからこの事に関しては鶴見達の方が一枚上手だったのかもしれません。

 

船を使えたから、先手必勝で攻撃出来たわけですから、杉元達は先に五稜郭に到着しながらも先手を取られてしまった感じになってしまいましたね。

 

白石が金塊を見るまで命を落としたくないと言っていましたが、命の方が大事ですし、今の状況じゃ探している場合でも無いので、アシリパの言う通り逃げた方がいいなと思いました。

 

次回は鶴見は永倉を始末するのではないでしょうか。

 

永倉は一旦鶴見達に降伏を申し出ましたが、表向きは権利書を渡す代わりに皆を救ってほしいと言うものですが、裏ではそれを盾に徹底抗戦をしようとしていました。

 

鶴見がそのように見破った際、永倉は笑みを浮かべていたのでその通りだったのでしょう。

 

それが分かった今、鶴見は永倉を生かしておく理由がありません。

 

普通だったらどのような状況なのか、永倉を拘束して拷問にかけると思いますが、鶴見は砲撃で杉元達を始末してからゆっくり探すつもりなので、拷問もしないでしょう。

 

それ故に永倉を早々に始末すると思いますが、永倉もただでは命を落とするつもりはないでしょうから、足搔くと思います。

 

<< 284話 一覧 286話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました