スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい221話ネタバレ考察感想あらすじ!荒れている大仏の話を聞くかぐや

漫画ネタバレ

2021年7月15日発売の週刊ヤングジャンプ2021年33・34合併号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』221話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜221話では、今日もゲームの話をする石上ところもの間に、最近ゲームをし始めた伊井野が割り込んできました。

 

その結果、3人は楽しくゲームに関する話をして盛り上がったのです。

 

この話を密かに聞いていた大仏は快く思う事が出来なかったのか、かぐやに相談しました。

 

果たして、かぐやはどう対処するのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜221話『四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑥』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 220話 一覧 222話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい221話のあらすじネタバレ

この日も石上ところもはゲームの話で盛り上がっていました。

 

以前はただ聞いているだけだったが、今では白銀の父親の指導の元ゲームをし始めて上手くなった伊井野が会話に割り込んできたのです。

 

2人は疑問に思う事無く、彼女を会話の輪に入れる事で話は更に盛り上がります。

 

しかし、この会話を聞いていた大仏は余りいい気はしていませんでした。

 

それ故に生徒会室にいるかぐやの元に行き、男は平気で別の女性と親しくしたりするから信頼できない、と荒ぶった口調で言います。

 

大仏に圧倒されたかぐやは、それは女性と同じではないか、と言いました。

 

大仏はかぐやの言葉に説得しつつ、結果として男女共々駄目で、恋愛感情自体もろくでもない、と荒ぶった口調で言ったのです。

 

続けて、1人だけに恋愛感情を向け続けるのには限界がある、と言うとここ最近白銀と付き合いだしたかぐやは気まずそうな表情で、そう言った現実を見たくない、と言いました。

 

そうしたら大仏は、かぐやは何時の日か白銀と結婚するのか、と聞くとかぐやは驚きつつ、まだ付き合って日にちが経っていないのに、そう言う事は考えられない、と言います。

 

そして、結婚が理想的な形なのは間違いないけど、自分の実家のようにそれが必ず良いとは言えないし、ゴールとも言えない、と答えると大仏は安堵します。

 

スポンサーリンク

そして、お伽話で永遠に仲良く過ごしたと言う一文があるのだが、必ずしもお伽話のようにはいかない、と再びあらぶり始める大仏。

 

この様子から只事では無いと感じたかぐやは理由を尋ねると大仏は、石上の中にあるつばめに対する好意が消えてきている、と言います。

 

かぐやは、それが事実ならば問題ないし、引きずるよりマシではないか、と言うも大仏はそれが不満だったのです。

 

この事からかぐやは彼女が石上とつばめがカップルになって欲しいと言っていたのを思い出し、本当は石上の事が好きで、つばめとくっついてもらう事でその気持ちに区切りをつけようとしたのではないか、と大仏に尋ねます。

 

対する大仏はかぐやがその事に気づいたのに驚きつつ、この感情は好意とかではなく石上を幸せに出来るならつばめでも誰でもいいと言う気持ちだ、と言います。

 

それなら伊井野は如何か、とかぐやは勧めるも大仏は拒否しました。

 

理由は伊井野が性格上面倒な女性だったからです。

 

友人ではないのか、とかぐやは聞くと大仏は、表面上の関係に過ぎない、とはっきり言います。

 

そう言う大仏を尻目にかぐやは震えていました。

 

何故なら大仏の言葉を生徒会室に入ろうとしていた伊井野が聞いていたからです。

 

伊井野は無表情で、大仏が自分を頼ったり、本音で喋ったことがない、と言いつつ、今の自分は昔と違って友人が多いからこれまで通り付き合う事必要は無いかも、と言って去ります。

 

そして大仏は、自分がこんなだから皆嫌う、と言いつつ、言っている事は嘘偽りのない事実で、伊井野が言ったように本音で接したらとっくに友人じゃなくなっていた、と言いました。

 

ステラの栞を見せられていた自分の気持ちも知らないんだろうな、と言いつつ、伊井野に嫉妬する気持ちがあるのには驚いた、と言う大仏。

 

そして、石上と伊井野が付き合うのは嫌だし、伊井野が石上を選んだ時点で自分達の関係は遅かれ早かれこうなった、と言う大仏。

 

時は中学時代に遡り、ゲームをしている石上に伊井野は優しく注意します。

 

そして大仏は、石上と伊井野が不仲になった時から、自分と伊井野の関係も崩れた、と言いました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい221話の感想と考察

かぐやも言っていましたが、結婚がゴールじゃないケースは確かにありますよね。

 

結婚すると言う事は、結婚相手と人生の終わりまで共に歩む事になるので、途中で相手に嫌気が差して別れるケースだって十分あり得ます。

 

この事からも、ゴールは人それぞれなのでしょう。

 

そして大仏が伊井野と表面上の友人として接していた事が明らかになりましたね。

 

それに石上の事も少なからず思っていて、同じく彼の事を想っている伊井野が内心では好ましくなかったのでしょう。

 

それ故に石上とつばめがちゃんとくっついていれば良かったのに、それも叶わなかったから苛立ちが募り、今回のような展開になったのだと思いますね。

 

次回は、伊井野と大仏の中学時代が明らかになっていくのだと思います。

 

過去編に突入する際、中学時代の石上がいましたから、まだ大友絡みで不登校になる前の頃の話になっていくのだと思います。

 

それに伊井野がゲームを持ち込んでいた石上に優しく注意していた事からも、まだ大仏が言う所の不仲になる前なのでしょう。

 

伊井野が優しく注意しても石上はゲームを持ち込んでいた事から、初期の時のように不仲になっていったのだと思います。

 

そんな彼に対する愚痴とかを伊井野から聞いていた大仏の本心とかも明らかになるのでしょうね。

 

<< 220話 一覧 222話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました