スポンサーリンク

少年のアビス61話ネタバレ考察感想あらすじ!野添に秘められた愛憎

漫画ネタバレ

2021年7月15日発売の週刊ヤングジャンプ2021年33・34合併号で、『少年のアビス』61話が掲載されました。

 

『少年のアビス』61話は、病院の玄関で初めての邂逅と思われた玄と野添ですが、玄は気付かなかったものの初めてではなかったようです。

 

そして、この物語の核心に迫るようなシーンもあり、重要な回になっています。

 

本記事では、『少年のアビス』61話『虚しき勝者』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 60話 一覧 62話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

少年のアビス61話のあらすじネタバレ

病院を訪れた野添は、玄関ですれ違った玄を見て、ある記憶を思い出しました。

 

それは、町中で令児を呼ぶ声が聞こえて振り返った時、その令児が蹴り飛ばされていたのを見たときの記憶でした。

 

蹴ったのは玄で、尻もちをついたままの高校の制服を着た令児に野添は声を掛けました。

 

大丈夫? と言う野添にすいませんとだけ言った令児の記憶には残っていなかったようです。

 

その様子を睨み付ける玄が、病院の玄関先ですれ違った玄とそのまま重なったのです。

 

峰岸さんの息子さんと呼び、挨拶をすると、玄の態度も一変して父親の知り合いか尋ねました。

 

知り合いというほどではなく、その先輩の黒瀬夕子の同学年だったと言うと、野添がここに来た目的がわかり、玄がまだ会えないと告げました。

 

驚く野添はそのまま集中治療室の前に連れてこられて、呆然と眺めるばかりでした。

 

夕子に何があったのかを尋ねると、家族でごたつきがあってその後に車に轢かれたことまでは説明できた玄も、なぜそうなったかまでは話せませんでした。

 

令児と揉めたことを確認する野添に、令児も入院していることだけを伝えると、玄は帰って行きました。

 

令児のお見舞いに来てあげていたの? と野添は聞きましたが、振り返る玄から言葉はありませんでした。

 

スポンサーリンク

令児の病室に訪れた野添は、ナギの次は母親との心中も失敗したことに笑みを見せながら面白いと言いました。

 

それでも相変わらず令児の表情は変わりません。

 

チャコが家に来たことや、自分に何の用事があったのかを尋ねる野添。

 

疲れてすぐに眠りについて、目が覚めたらもうチャコはいなくなっていたことを話しても、令児はもういいんですと言うだけでした。

 

カーテンを開け、夕日が見える窓を背に、野添は夕子に心中を持ちかけて断られた事を告白しました。

 

夕子は令児と死ぬためにずっと待っていたけれど、失敗してしまいました。

 

その理由は、野添が令児とナギを会わせたからで、目を見開き笑みを浮かべた野添はオレの勝ちだと宣言しました。

 

それでも令児は何も言うことはありませんでした。

 

令児は絶対に生きるように言うと、野添は帰って行きました。

 

その帰り道、野添は自分がただ嫉妬していただけだった事に気づきました。

 

翌日、雨が降っていても玄は令児の病室に訪れていました。

 

何も言わずうなだれたままの玄に、ようやく令児から言葉を発しました。

 

それは昨日見た夢の話で、どんな夢かと玄が聞いてみると、町中がゾンビだらけになって必死で倒しまくっていた夢だったと令児は言いました。

 

玄はむちゃくちゃ楽しそうだったと、ほんの少し笑いながら言う令児に、玄も思わず笑みをこぼしました。

 

その頃、集中治療室では令児の母、夕子が意識を取り戻し、目を開きました。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス61話の感想と考察

さりげなく物語の核心に迫った場面もあった回でもあり、玄の令児に対する友情というか本当に大事に思っている様子が描かれた回でした。

 

始めはナギと令児の出会いは偶然のような描かれ方をしていましたが、その実、野添が出会うように仕向けていたということが明かされました。

 

令児がナギに惹かれることも予想出来ていたのかはわかりませんが、人に言われるままに行動するナギだからこそ、令児を町の案内に誘ったり心中に誘ったりしたのかもしれません。

 

そう考えると人気アイドルグループのメンバーが地方の高校生に近付いたのもわかりますし、話を聞いた令児も気付いてしまったのではないでしょうか。

 

光と思っていた存在が、野添が夕子に対する復讐や夕子の気持ちを一心に向けられた令児に対する嫉妬から来る造られたものであったということになります。

 

それでももう一度ナギにあって真実を確かめて欲しいところですが、それを阻止するように夕子は目覚めてしまいました。

 

目覚めてしまったという言い方が正しいかはわかりませんが、もはや令児にとって何が正解なのかもわからなくなって来ましたし、どこに向かえば救われるかもわからなくなってしまいました。

 

全ては野添と夕子の関係から始まったといっても過言ではない、令児の人生ですが、玄がちゃんと毎日お見舞いに来てくれているのが唯一の救いのような気がします。

 

パシリにしたり蹴ったりもしますが、実は二人きりの時はそこまで酷い扱いをしていないような気がします。

 

令児の父が、玄の家の会社で働いているから令児も守るというような話が前回ありましたが、今はもうそれが理由ではないような気がします。

 

夕子が目覚めたことで、今後物語はどう動いていくのでしょうか。

 

<< 60話 一覧 62話 >>

 

「少年のアビス」著者・峰浪りょう先生のデビュー作『溺れる花火』も一緒にお楽しみください。

↓↓↓↓↓


夏が近づいてきた頃、泳太はいつも通り小秋の見舞いのため、海沿いの病院へと赴く。昔から体の弱かった小秋は、浅い関係のまま付き合い続けていることに負い目を感じていたが、泳太は十分に深く付き合っていると信じていた。そんな中、小秋とよく似た雰囲気を持つ彼女の従姉妹・夏澄と出会い、泳太の心は揺れて…。峰浪りょうが紡ぐ恋と欲望の物語!!
ネタバレ記事はこちら

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました