スポンサーリンク

ランウェイで笑って194話最終話ネタバレ考察感想あらすじ!育人と千雪、そしてみんなの笑顔

漫画ネタバレ

2021年07月14日発売の週刊少年マガジン2021年33号で、ランウェイで笑って194話(最終話)が掲載されました。

 

ランウェイで笑って194話では、シャルとのランウェイで、見事に差をつけた千雪。

 

会場は千雪のオーラに包まれ、育人の初東京ファッションウィークは無事に終わりました。

 

育人と千雪は、これからのファッション業界を変えていくかもしれないと皆に確信させます。

 

本記事では、ランウェイで笑って194話(最終話)「これは2人の物語」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 193話 一覧

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って194話最終話のあらすじネタバレ

ショーが終わった後、心は千雪に、育人がパリに行ったら告白をすると伝えていました。

 

 

育人の初めての東京コレクションが終わり、あれから10年経ちます。

 

文世は編集長になり、社員にも尊敬されるようになっていました。

 

そんな文世が、これだけは自分で書きたいと言い、楽しそうに書いているのはEGAOの記事です。

 

 

2021年東京ファッションウィークに初出展し、同年に北谷つとむの映画の衣装を任され、一躍世界的に注目を集めます。

 

2022年ニュースファッションウィークに初出展します。

 

その時に、GLS Designer Award大賞とヤングクリエイター賞を受賞します。

 

その後、初の直営店を青山にオープンします。

 

大手ハイブランドとのコラボや、Ocelotの巻頭企画として取り上げられます。

 

2023年ミラノファッションウィークに初出展します。

 

大手航空会社の制服デザインを担当し、メンズラインEGAO hommeを始めます。

 

その後、ニューヨークに初の国外店舗をオープンします。

 

そして2024年、パリファッションウィークに初出展し、藤戸千雪がランウェイを歩きます。

 

モデルの当日の血色や体型に合わせて、ランウェイ上で服を手直しするという変わったショーでした。

 

モデルが笑顔で歩き、多種多様な人物を採用し、ファッション業界に衝撃を与えました。

 

これがのちに、Be Youと称され、今のファッション業界の基盤を確立させることになりました。

 

パリコレから6年経ち、世界を代表するブランドになったEGAO。

 

そのデザイナーの都村育人を、独占取材することになりました。

 

スポンサーリンク

EGAOにとってのターニングポイントは、やはり最初のショーでした。

 

自分の我儘に答えてくれた仲間たちに、初期の段階で出会えたことがとても幸運なことでした。

 

世間から見ても、あのショーの反響はとても大きかったです。

 

そして育人は、あのショーのおかげで自分に自信を持て、大切なものを守れたと言っています。

 

北谷の映画の影響で、ファッションやモデルの在り方が見直されていきました。

 

そこにEGAOが上手くハマったと、育人は感じたようです。

 

育人は、みんなのおかげで自分が居ると、心から感謝しています。

 

 

ただいまと喫茶店の扉を開けたのは、制服を着た、いち花です。

 

お客さんと親しそうに話すいち花を見守りながら、コーヒーを入れている育人の母。

 

いち花はスタッフルームに行き、EGAOのタグが付いた服に着替えます。

 

 

EGAOの作業場では、育人が真白に声を掛けます。

 

現場に来るかと聞かれた真白は、今日はもう寝るとやけになっており、他のスタッフたちにも帰れと話しています。

 

真白は育人に、もうひと踏ん張りだと伝えます。

 

たくさんの荷物を抱えて、慌ただしくしている佐久間。

 

その後ろを、同じく荷物を抱えている心がいます。

 

指輪ケースを落としてしまった心は、育人に拾って欲しいと頼みます。

 

育人は手伝うと言いますが、落としたものだけ持って、急いでほしいと急かされてしまいます。

 

落ちた指輪ケースを拾う育人の左手の薬指には、指輪が光っています。

 

スポンサーリンク

柳田や遠もそれぞれ活動し、育人に負けじと頑張っています。

 

 

待ち合わせに遅れてきた葵を怒るほのか。

 

育人のショーが始まると急いでいます。

 

 

東京では、ミルネージュと名乗り一本の電話をとる研二の姿があります。

 

その会社内では、雫がモデルを目指している子たちにウォーキングを教えています。

 

一人の女の子が、パリに行きたいと言います。

 

その子の身長が155㎝だと聞いた雫は、きっと行けると微笑みます。

 

 

千雪に声を掛ける育人。

 

今日はどんな風に歩けばいいかと、笑顔で育人に聞く千雪。

 

育人はただ、笑ってと一言だけ返しました。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って194話最終話の感想と考察

とうとう最終回をむかえました。

 

あれからどんな風に終わるのかと、楽しみにしていました。

 

最後は文世が書いた記事に沿って、EGAOがどうなっていったのか知ることが出来ましたね。

 

2021年の東京ファッションウィークから始まり、たった3年でパリに行くことが出来ました。

 

これも色んな成果、衝撃を与えてきたからこそ、叶ったことなのでしょう。

 

東京、ニューヨーク、ミラノ、パリ、本当にやってのけたんだなと感心しました。

 

もともと育人も、最短でパリに行きたいと考えていましたよね。

 

絶対に無理だと思っていた人が、ほとんどだったと思うのですが、まさか本当に出来たんだと、驚きしかありません。

 

そして初期のメンバーとは長年の仲もあり、名前で呼び合っていました。

 

メンバーが全員いたことも、とても嬉しかったです。

 

育人の薬指には指輪がありましたが、最後千雪の指が見えることはありませんでした。

 

ですが、最後のタイトル、2人の物語とあるので、千雪と結婚したのだろうと私は思っています。

 

もしかして、心と千雪、どちらと結婚したのか分からない様にしたのでしょうか。

 

これは読者に想像させるためだと、受け取っていいのかなと思います。

 

もっとパリコレの様子などが見たかったですね。

 

千雪に散々パリコレは無理だと言っていた雫が、155㎝の子にきっと行けると言った場面は胸が熱くなりました。

 

それほど今までの、世界の常識を、2人は変えてきたんだなと思いました。

 

ファッション業界に注目したこのお話は、今まで服に興味を持てなかった人にも、とても面白い漫画だと思いました。

 

<< 193話 一覧

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました