スポンサーリンク

カイジ393話ネタバレ考察感想あらすじ!知らぬ所でカイジ達に障害発生

漫画ネタバレ

2021年7月12日発売の週刊ヤングマガジン2021年33号で、『賭博堕天録カイジ』393話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』393話は、順風満帆に始まった新生活の裏で、引っ越しならではの新たな問題が発生しました。

 

新キャラも登場し、一体カイジ達とどんな繋がりを見せるのかが楽しみになってくる回です。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』393話『隣人』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 392話 一覧 394話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

カイジ393話のあらすじネタバレ

午前10時、ようやく浮かれモードも終えたカイジとチャンは、大量の現金を近くのコインロッカーに移すべく、クルマで街へ向かいました。

 

それが済めば即帰宅して、留守番のマリオを含めた三人で作戦会議をして、必要な日用品を書き出して分担して買い出しとなります。

 

カイジが先頭を切って家を出て周囲を警戒すると、合図をして残りの二人も家を出ました。

 

この新生活における、カイジ達の行動規範は目立たず・人知れずをモットーとして息を潜めて暮らすことであり、近所づきあいなどもってのほかです。

 

ほっといて貰うのが希望なのですが、カイジ達がそう思っていたところで、世はそう簡単にはいきませんでした。

 

向かいの家の主婦が、カイジ達が入居したことに気付き、母であり84歳の三橋モネに報告していました。

 

無人よりも誰かいる方が安心という娘の意見など無視して、モネは引っ越し蕎麦や挨拶は無かったのかと尋ねます。

 

若い人だったからそういうのはもう無いと聞き、モネはカイジ達の家に向かいました。

 

伊藤という表札を見て、しっかり名前も覚えたモネは向かいの家にすら挨拶に来ず、地域に馴染む気があるのかと一喝し、怒りも露わに表札を叩きます。

 

カイジ達の思惑とは逆の思想であり、近所づきあいは竹馬の友を越えるというのが信条のモネ。

 

そのうち顔を合わせたときには睨んでやると決意したモネは、その足でスポーツクラブに通うほどの異様な元気さを見せます。

 

トレーニングマシンに水泳、更にはエアロビまでこなすほど時間も無尽蔵にあり、自分の体力も健康も持て余しているほどです。

 

歳をとったら健康でいることが仕事と考えているモネは、要介護になり家族に迷惑を掛けてしまうことを避けたいようです。

 

スポーツジムの帰り道、見慣れない二人組を見つけると、それが『伊藤』の家の者だとわかり尾行しました。

 

スポンサーリンク

後ろからみたら髪の長いカイジと女性と思い、合流したチャンを含めて日本の風習も心得ないバカップルと誤認してしまいます。

 

二人だけ幸せならそれだけで全てが完結と考えていると一方的に思い込んでいるモネは、改めて睨んでやると思いながら帰宅しました。

 

その10分後にはマリオも帰宅して合流しました。

 

ここまで、まさか向かいの家の住人に毛嫌いされていることなど全く知る由もない三人は、平和な生活を続けます。

 

ラーメンでも作ろうかと立ち上がったチャンを、マリオは制止しました。

 

食事の提案に見せたのは一枚のチラシで、うなぎ屋の出前でした。

 

人目につきたくないから外食が出来ないものの、出前なら豪華な食事も出来るとマリオは考えたようです。

 

これにはカイジもチャンも全力で同意はしましたが、出前を取る度に『伊藤』という名前で三人前頼むのは危険だとカイジは言いました。

 

繰り返される出前を、帝愛の兵隊である債務者に知られて通報されるという最悪の展開も考えられます。

 

出前も出来ないことを悔しがるマリオでしたが、カイジは偽名を名乗ることを提案しました。

 

役所からの届けは『伊藤』で受け取るしかありませんが、出前に対して本名を名乗る必要は無いとカイジは言い、三人は偽名用の名前を考えました。

 

唐突にカイジは『カマチ』という名を口にしました。

 

カイジのカ・マリオのマ・チャンのチでカマチ。

 

早速表札を剥がして裏面に蒲池と書いて、早速うなぎ屋に電話をしました。

 

特上うな重を堪能し盛り上がる三人ですが、犬の散歩をしていたモネが表札の名前が変わっていることに気付き唖然としました。

 

今流行の夫婦別姓と判断したモネは、そんなことよりもしきたりを守って蕎麦を持ってこいと、蒲池宅の門前で吠えました。

 

スポンサーリンク

カイジ393話の感想と考察

誰にも知られずひっそりと暮らしたいカイジ達でしたが、完全に住宅街の中の一件に住む以上そう簡単にはいきませんでした。

 

それよりも気になったのが、前回の最後に朝から三人ともビールを飲んでいたのに、チャンの運転でコインロッカーまで行った事です。

 

チャンは飲んでいなかったのかと思い、読み返しましたが気乗りしないままチビチビ飲んでいたのでアウトでしょう。

 

布団ダイブをしているうちに酔いは覚めたのかもしれませんし、この当時と今では法律も違うのかもしれません。

 

話は本編に戻りますが、やたらと元気なモネ婆さんは歳をとったら健康でいることが仕事とスポーツジムに通ったり犬の散歩をしたりしていました。

 

実に良い考えで健康でいるのは構わないのですが、風習やしきたりを向かいの家に押しつけて悪態をつくのはいただけません。

 

このままカイジ達とはすれ違ったまま生活を続けるのか、いつか衝突する日が来るのか今後の展開が楽しみです。

 

<< 392話 一覧 394話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレカイジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました