スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい220話ネタバレ考察感想あらすじ!伊井野の様子を監視する石上達

漫画ネタバレ

2021年7月8日発売の週刊ヤングジャンプ2021年32号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』220話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜220話では、白銀の父親とゲームの特訓をしてもらった結果、ゲームにハマったと共に仲良くなった伊井野。

 

今日も白銀の父親とスマホでやり取りしていたのだが、そのやり取りを小野寺が聞いてしまいました。

 

完全にパパ活していると断定したのか、小野寺は何もしなかった石上に当たってしまいます。

 

事情が分かっていない石上に小野寺は説明しようとするも、言いにくかったのです。

 

何故、言いにくいのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜220話『四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑤』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 219話 一覧 221話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい220話のあらすじネタバレ

白銀の父親との特訓を通じてゲームにハマり、仲良くなった伊井野。

 

ある日、伊井野は階段に座りながら白銀の父親とスマホで会話し、何処かへ出かける約束を取り付けました。

 

その会話を小野寺は聞いており、ゲームにハマり始めていた伊井野の会話からパパ活をしていると思っていた彼女は、今の会話を聞いて確信に変わったのです。

 

それ故に何もして来なかった石上に当たってしまいました。

 

事情が分からない石上は事情を尋ねるも、小野寺は答えませんでした。

 

その理由は小野寺が噂話を周囲の話題として盛り上げてしまう人間だったからです。

 

それによって、事情を知らない人間を守ったり、秩序を守ったりすることが出来ます。

 

小野寺は石上が大友が好きで、荻野を殴ったと言う噂を聞いて、盛り上がってしまった経緯があったので、それをした相手にそれをしようとしている事に罪悪感がありました。

 

それでも伊井野を救いたかったので、石上に、伊井野が知らないおじさんと遊んでいる、と伝えました。

 

石上は、それはない、と一蹴しようとするも伊井野がおじさんと遊んでいる光景を妄想すると、冗談に感じなくなったのです。

 

小野寺は、違っていたらそれでもいいし、そもそも自分は誤解しやすいから正しいとも思ってないけど、正しい事を知るためにちゃんと確かめたい、とはっきり言いました。

 

そして学校が終わり、2人は私服に着替えた伊井野の後をついていく事にしたのです。

 

スポンサーリンク

石上は、何故自分を巻き込んだんだ、と聞くと小野寺は、この話を石上にした以上石上にも責任を取ってもらう、と言います。

 

石上は過去の経験から、下手に他人に関わらなければ自然に解決したんじゃないか、と思っていて、今回も過去と同じ事をしているのではないか、と思って気が乗りませんでした。

 

その間に白銀の父親が伊井野の元に来て、石上は、会った事があるような、と呟き、小野寺も、案外良さそう人、と好印象を抱きます。

 

しかし石上は、ああいう人ほど危ない、と警告しました。

 

小野寺は、今いるのは秋葉原だから普通パパ活するなら歌舞伎町とかじゃないか、と聞くと石上は、秋葉原もパパ活するにはもってこいの場所だ、と言いつつ、秋葉原の事を語り始めます。

 

そして伊井野達が移動し始めたので、2人は後を追いかけました。

 

しかし、伊井野達は買い物をしているだけで、特にやましい事はしていませんでした。

 

それ故に石上は、他人の恋愛事情に深入りしない方がいい、と小野寺に言うと彼女は、伊井野と大友は同じなのか、と言われてしまいます。

 

そう言われた石上は面倒に思いつつ、伊井野と白銀の父親に元に行き、白銀の父親に、もし伊井野に変な事をしたらただじゃおかない、と言い放ちました。

 

対する白銀の父親は石上を一目見て、御行の生徒会の会計の人、と言い、石上もその言葉を受けて御行の父親だと察します。

 

その後、伊井野から、白銀の父親とパソコン周りの買い物を選んでいただけで、恋愛をしていたわけではない、と聞かされてる石上。

 

ただの買い物とは言え楽しそうだったな、と石上は言うと、伊井野は、もしかして嫉妬したのか、と冷やかすように言います。

 

しかし、石上は言い返さなかったので、伊井野は、本当に嫉妬していたのか、と言います。

 

そして石上は小野寺の言葉が頭に過ぎると共に、自分は伊井野の事をどう思っているのか、と考えていたのです。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい220話の感想と考察

伊井野が白銀の父親と電話で楽しく会話していましたが、本当に楽しそうに感じましたし、余程ゲームにハマったのでしょう。

 

しかし、そのせいで小野寺にパパ活していると誤解を招いてしまいましたけどね。

 

それでも今回の話の会話から誤解されてもおかしくない会話でしたね。

 

結果的には、伊井野は白銀の父親と付き合っていたわけじゃなく、ただ買い物をしていただけだった事が発覚しましたが、石上が伊井野を助けようとしていた姿に男を感じました。

 

それに伊井野も石上の事を冷かしましたが、本人が反論しなかった事から本当に嫉妬していた事を感じたと共に、満更でもなさそうな顔をしていましたね。

 

これから2人の関係がどうなっていくのか、気になるところです。

 

次回、石上が自分と伊井野の関係について、真剣に考えるのではないでしょうか。

 

小野寺にも指摘された事から行動に移しましたし、伊井野の冷やかしにも反論しなかった事から、少しながら意識しているのでしょうね。

 

それ故に今のままじゃ、伊井野に関してどう思っているのか考えられないし、生徒会の仕事にも支障をきたすから、自室とかに籠って考えるのではないかなと思います。

 

そして考えた末に、どう思っているのかをはっきりさせるのではないでしょうか。

 

<< 219話 一覧 221話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました