スポンサーリンク

推しの子49話ネタバレ考察感想あらすじ!アビ子とGOAふたりの天才が創り出す脚本

漫画ネタバレ

2021年7月8日発売の週刊ヤングジャンプ2021年32号で、『推しの子』49話が掲載されました。

 

アクアに頼まれて、吉祥寺はアビ子に封筒を渡しました。

 

その封筒の中身は・・・。

 

本記事では、『推しの子』49話『リライティング』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 48話 一覧 50話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子49話のあらすじネタバレ

脚本の参考になるかもしれなからアビ子に渡してほしい、とアクアが吉祥寺に手渡したのはGOAが脚本を務める舞台チケットでした。

 

アクアから頼まれたと話し吉祥寺はチケットをアビ子に渡すと、アビ子は早速舞台を見にやってきました。

 

そして舞台が終わった後、スタッフが慌てて雷田のところへやってきて、お客さんの中にアビ子がいたと話します。

 

雷田はとても驚き、おもてなしをするからアビ子を連れてきてと叫びました。

 

楽屋にやってきたアビ子に、雷田は舞台はどうでしたかと恐る恐る尋ねると、アビ子は今の舞台は思っていたのと全然違って参考になりましたと言いました。

 

雷田は、「アビ子先生直々の脚本が楽しみだ」と笑顔でアビ子のご機嫌とりをするも、雷田はアクアに言われた言葉「なんとかできるのは雷田さんだけですよ」を思い出しました。

 

へらへらしていた雷田は急に顔色を変えて、アビ子に言いました。

 

「先生、腹割って話しませんか?」

 

雷田は「僕は今すごく弱い立場にいます」と話し始めました。

 

『東京ブレイド』の舞台は著作者であるアビ子に権利があるので、アビ子の許可なくしては舞台はできないと強調し、よく考えてほしいと言いました。

 

どんな天才漫画家であっても、いきなり最高の舞台脚本を書くことなんてできない、アビ子が自分の権利を主張するなら、ぐだぐだの舞台になるに違いないと雷田は言いました。

 

それを聞いたアビ子は脅しているのかと尋ねるも、雷田はお互い様だと言います。

 

雷田はさらに、「これくらいの駆け引きはする、僕は100人以上の仕事を守らなくちゃいけない」と言い、「今日の舞台脚本はGOAが書いたものだ、彼の仕事を信じてみてくれませんか」と訴えました。

 

アビ子は吉祥寺に言われた言葉を思い出しました。

 

「歩み寄りなさい」と。

 

アビ子は雷田に「分かりました」と言うも、ひとつ条件があると言いました。

 

アビ子が出した条件とは、クラウド上のテキストデータをリアルタイムで共有し、通話しながらその場で修正していく、というものでした。

 

後日、雷田、GOA、アビ子は画面上で脚本の修正を始めました。

 

二人の白熱したやりとりを見聞きしながら、雷田は思いました。

 

これをやると原作者と脚本家は仲良くなるか、仲が悪くなるかのどっちかだと。

 

そして雷田は懸念していることがひとつあったのでした。

 

アビ子は自分の譲れない部分を主張し、GOAは舞台の仕組みを説明しながら、どんどん脚本の修正が進んでいきました。

 

そしてアビ子は「この間GOA脚本の舞台を見た」と言うと、GOAは「どうでしたか?」と尋ねます。

 

するとアビ子は照れながら「大分好きでした」と言いました。

 

それを聞いたGOAは笑いながら、普段はこういうのを書いていると言うと、アビ子は東京ブレイドの舞台もあの感じを出してほしいと言いました。

 

その後も二人は楽しみながらどんどん修正が進み、ついに脚本が完成しました。

 

アビ子は目をキラキラさせながら、GOAのおかげで良い脚本ができたと喜びました。

 

その脚本を見た雷田は思いました。

 

やっぱり危惧していたとおりになった、クリエイターが団結するとトガッた作品になる、しかしこれが上手くハマればすごい作品になるのも分かると。

 

それから完成した脚本が出演者たちに渡されました。

 

それを読んだかなは「まったくとんでもない脚本があがってきた」と言いました。

 

メルトやあかねも脚本を読み、説明セリフが削除されて、やたら動きだけでどうにかしないといけないシーンが多いと言いました。

 

かなは、「役者の演技に全投げのキラーパス脚本だ、失敗したら全部こっちの責任という無茶振りが過ぎる」と言うも、女優魂がメラメラと湧いていました。

 

スポンサーリンク

推しの子49話の感想と考察

やっぱりアクアがアビ子に渡したのは、GOAの脚本をつとめる舞台チケットでしたね。

 

アビ子を説得させるために雷田に一役かってもらうことで、GOAは東京ブレイドの脚本家として残ることができたし、見事にアクアの思惑通りに事が運びましたね。

 

やはり実際にGOAの仕事ぶりを間近で見ることでGOAの凄さをアビ子も感じることができたのだと思います。

 

才能あるプロ同士のアビ子とGOAのやりとりはさすがだなと思うし、雷田が懸念していた通り、クリエイター同士がお互いの才能を発揮するととんでもないものができるというのが納得で、ふたりのやりとりがとても面白かったです。

 

とんでもない脚本に、アクアたち出演者はどんな演技を見せるのか、これからがさらに楽しみですね。

 

東京ブレイドの舞台がどんな仕上がりを見せるのか、次回がまた楽しみです。

 

<< 48話 一覧 50話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました