スポンサーリンク

彼女お借りします195話ネタバレ考察感想あらすじ!水原に緊急事態発生!

漫画ネタバレ

2021年7月7日発売の週刊少年マガジン2021年32号で、『彼女、お借りします』195話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』195話では、みんなでウォータースライダーに乗ることになった和也たち。

 

木部からの勧めで、和也と水原は二人用の浮き輪を使うことになりました。

 

和也は無事に、このミッションを乗り越えられるのでしょうか。

 

本記事では、『彼女、お借りします』195話「楽園と彼女⑧」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 194話 一覧 196話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします195話のあらすじネタバレ

スタッフから、水原の後ろに座ってと誘導される和也。

 

平常心だと自分に言い聞かせ、ゆっくり座ります。

 

目の前には、水が滴る真っ白な背中がありました。

 

毛穴が一つも無く、背中まで完璧だと和也は目が離せません。

 

しかし、思ったより密着していないので、これなら何とかなると安心します。

 

するとスタッフから、安全のために和也の足を水原の脇に通してほしいと言われます。

 

そんなこと出来ないと固まっていると、スタッフは水原に足が通るように脇を上げてと頼みます。

 

水原はすんなりと脇をあげ、和也を待っています。

 

和也は恐る恐る足を通し、少し触れる水原の肌を感じます。

 

それだけで和也はドキドキしているのですが、更にスタッフから水原に脇で足を挟んで欲しいと頼まれます。

 

水原はキュッと脇で和也の足を挟みます。

 

和也の心臓はバクバクで、水原の二の腕や脇の感覚に全神経を持っていかれています。

 

 

ウォータースライダーが始まり、子供の頃は怖ったが、今はそうでもないと和也は思います。

 

更に今はこんな状況で、そんなこと考えている余裕はありません。

 

水原はこんなことになって嫌じゃないのかと、ふと思います。

 

爆発寸前の和也は、水原の背中や腰、全てに触れたいと考えます。

 

すると、急にふわっと浮き輪が浮き、ジェットコースター並みの感覚を味わいます。

 

スポンサーリンク

下まで降り、一気に恐怖を感じた和也。

 

慌てて水原の安否を確認します。

 

全然平気そうな水原を見て、やはりドキドキしているのは自分だけだと落ち込みます。

 

 

和也の背中を見て、水原は麻美とミスドに行った時のことを思い出します。

 

あの日麻美はSNSで連絡できるように、水原にフレンド登録を送っていました。

 

水原みたいな可愛い子がレンタル彼女なんてしていたら、こんなことよくあるのではないかと麻美は言います。

 

水原は、麻美は和也のことを誤解していると反論します。

 

ストーカーという程ではないという水原に、麻美は一瞬冷たい視線を送ります。

 

麻美は水原が思ったよりお人好しだと言い、そんなんだから付け込まれると心配します。

 

それでも水原が反論しようとすると、麻美は和也のことが好きなのかと聞きます。

 

麻美からはそうゆう風に見えるし、そうじゃないのなら相手が勘違いしちゃうから気をつた方がいいと忠告します。

 

水原は言葉に詰まりながら、そんなことは無いと言います。

 

一人で背負わずにもっと人を頼ってと言い残し、麻美は帰って行きます。

 

 

今日の旅行に現れた麻美は、水原の方を見て微笑みました。

 

水原はため息をつき、プールから上がろうとします。

 

その時、自分の水着の上がないことに気が付きます。

 

顔を真っ赤にし、両手で胸を隠す水原。

 

水着は水原から少し離れたところで浮いています。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします195話の感想と考察

和也のドキドキ密着事件は、男の子ってそんなこと考えるのかと笑えました。

 

よく異性に意識してもらうには、ボディタッチが効くと聞きますが、こんな心境なのかと知れました。

 

そう考えるとボディタッチって、かなり効果的なんだと思いました。

 

そんな和也側も面白かったですが、水原はそれどころではないですよね。

 

平気そうにしていますが、やはり内心はかなりストレスが溜まっているのではないでしょうか。

 

麻美とのことは誰にも言えないし、自分の気持ちも言えません。

 

本当に一人で背負い込んでいる状況です。

 

精神的にきついのではないでしょうか。

 

スムーズに行くことを考えると、水原がレンカノを辞めて、和也が告白し、OKをすればよさそうですが、和也が自分のことを好きという確証がない水原は、レンカノを辞められないでしょう。

 

さすがに和也の気持ちを分かっているとは思いますが、100%と言い切れないところが、水原が行動できない理由ですかね。

 

真面目な水原だからこそ、ここまで悩んでいるのだと思います。

 

見ているこちらも胸が苦しいですね。

 

最後、プールでありがちな事件が起きましたが、水原はどうするのか気になりますね。

 

<< 194話 一覧 196話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ彼女、お借りします
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました