スポンサーリンク

ランウェイで笑って193話ネタバレ考察感想あらすじ!育人と千雪、2人が変えるこの世界

漫画ネタバレ

2021年7月7日発売の週刊少年マガジン2021年32号で、ランウェイで笑って193話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って193話では、育人は最後の仕上げをしながら、千雪に出会えて自分の人生は変わったと話しました。

 

その言葉に、千雪は満面の笑みでパリに行きたいと答え、ランウェイを歩き始めます。

 

本記事では、ランウェイで笑って193話「ランウェイで笑って」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 192話 一覧 194話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って193話のあらすじネタバレ

会場が千雪のオーラで包まれ、北谷はそれが見たかったと興奮しながら立ち上がります。

 

千雪が北谷の方に視線を向けた時、その場にいた人たちは千雪の表情に釘付けです。

 

 

研二も目を輝かせ、オリヴィアの隣に居る今、前みたいに感情的になってはいけないと自分を抑えようとします。

 

するとオリヴィアが、このショーを手短に説明して欲しいと聞いてきます。

 

このショーは人生で、2組1対で人が歩んできた出会いと関係を描いたショーだと説明します。

 

研二は、育人と千雪が出会った頃の二人を思い出し、胸がいっぱいになります。

 

オリヴィアは、シャルは千雪の宿敵だと理解し、今からAホールに移りたいと言います。

 

 

Aホールの後ろから見ていた遠、その横には柳田もいます。

 

育人は人の為のデザインをし、その道を選んだとショーを見て知りました。

 

人の為に作るということは、人本来の逞しさと美しさを追求するということです。

 

そんなことが出来てしまったら、みんな流行よりも育人の服を選ぶだろうと、遠は考えます。

 

人が美しく見える服、それはとても普遍的で最も魅力的に見えるからです。

 

Aホールの中央で、シャルと千雪が向かい合います。

 

正反対のオーラがぶつかり合い、瞬く間に千雪のオーラで会場が包まれます。

 

シャルをこのショーに出演させたことを、後悔している遠。

 

育人が千雪の為に作ったのだから、負けるはずがないと柳田一は確信していました。

 

自分が負けたことに驚いているシャルは、千雪を見ています。

 

その千雪の表情はとても自然で、とても優しい笑顔でした。

 

スポンサーリンク

二人を見ているオリヴィアは、以前研二が、シャルより紹介したいモデルが居ると言ってきたことについて話します。

 

研二は、オリヴィアがあの時のことを覚えていたことに驚きます。

 

オリヴィアは、あの時からあなたは優秀だったと研二を認めます。

 

その言葉を聞き、研二は静かに涙を流します。

 

 

並んで歩き始めた千雪とシャル。

 

千雪はシャルに、父のことを心配してくれてありがとうとお礼を伝えます。

 

シャルは初めてランウェイで微笑みました。

 

 

最後にデザイナーの育人が出ると、会場からは大きな拍手が起こります。

 

モデルが笑うという変なショーに、異質のデザイナーと異質のモデル、みんなが二人を認めています。

 

ここがファッション業界の分岐点になりそうだと、テルミは北谷に話します。

 

あの二人が世界に認められるかどうかで、ファッション業界の常識が変わるかもしれないとテルミは考えます。

 

すると北谷は何の迷いもなく、変わると言います。

 

その根拠は、自分があの二人を使って映画を作るからです。

 

ショーを見ていた人たちはみんな笑顔です。

 

その時北谷は、映画のタイトルを思いつきます。

 

タイトルは「Smile at the Runway」です。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って193話の感想と考察

今回は、千雪とシャルのランウェイがどうなるのかと楽しみにしていました。

 

見事に千雪が勝ちましたね。

 

読んでいて、目に涙が溜まってしまいました。

 

色んな人に支えられて、今日このショーで歩けている千雪。

 

こんなにも千雪には助けてくれる人が居て、自分を奮い立たせてくれる人もいます。

 

とても幸せなことですよね。

 

自身に満ち溢れていたシャルも、千雪の圧巻のオーラに、潔く負けを認めていたように感じました。

 

ただこの二人はこれからもいいライバルで、お互いを高め合っていくのではないでしょうか。

 

テルミや遠、恐らく見ていた業界の人たちは同じことを考えていたでしょう。

 

これからのファッション業界がどうなっていくのか、育人たちで変わると思ったはずです。

 

研二もオリヴィアに認められ、安心しました。

 

そして残り一話となりましたが、北谷が作る映画で終わりとなるのでしょうか。

 

二人はパリへ行けたのでしょうか。

 

まだまだ読みたいですよね、次回最終回、どうなるのか楽しみです。

 

<< 192話 一覧 194話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました