スポンサーリンク

ランウェイで笑って192話ネタバレ考察感想あらすじ!千雪からの言葉

漫画ネタバレ

2021年6月30日発売の週刊少年マガジン2021年31号で、ランウェイで笑って192話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って192話では、少しずつ調子が戻ってきた千雪。

 

シャルが放つ、周りを圧倒するオーラの後で、千雪らしいウォーキングが出来るのでしょうか。

 

本記事では、ランウェイで笑って192話「わたしね」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 191話 一覧 193話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って192話のあらすじネタバレ

ランウェイに向かう千雪を、笑顔で見送る育人。

 

モデルは服を良く見せるために、ランウェイでは笑わないでいました。

 

しかし自分は、EGAOのデザイナーだと胸を張ります。

 

 

千雪がランウェイに出てきた途端、先程までシャルのオーラで包まれていた会場の空気が変わっていきます。

 

オリヴィアは、千雪がシャルと戦うつもりだと確信しました。

 

皆が千雪に目を奪われている中、テルミは人の為のデザイナーだと呟きます。

 

 

千雪がランウェイに出る前、育人は最後の仕上げをしていました。

 

自分達が初めて出会った時のことを覚えているかと、育人は話し始めます。

 

服が好きだけれど、デザイナーになるのを諦めていた育人。

 

しかし千雪に出会ってから、日常が変わり始めました。

 

スポンサーリンク

自分と同じように、千雪と出会ってから変わり始めた人が沢山います。

 

服に興味が無かった編集者、服を作る方が好きだと言えたモデル、まだ戦う相手が居ると知ったハイパーモデル。

 

そして自分は今日、デザイナーとしてここに立てています。

 

育人は、この身長でもパリに行けると証明したい、と言った千雪を思い出します。

 

千雪は気づいているのか、自分達の周りに、もう千雪のことを小さいと馬鹿にする人は居ないことを。

 

育人と千雪は、自分達の周りの常識を変えてきました。

 

だからあとは、世界を変えるだけだと、育人は最後の糸をほどきます。

 

世界を倒せばハイパーモデルだと言う育人に、千雪は小さな声でありがとうと返します。

 

自分の服を着ている人には、笑っていて欲しいと思う育人。

 

もちろん千雪の笑顔も、もう一度見たいと思っています。

 

ランウェイに向かって歩き始めた千雪は、途中で育人の方に振り向きます。

 

振り向いた千雪は、とびきりの笑顔でパリに行きたいと言います。

 

ずっと見たかった笑顔と、聞きたかった言葉を聞けて、育人は涙を流します。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って192話の感想と考察

ずっと気になっていた、千雪と育人の会話がわかりましたね。

 

これは私もウルッときました。

 

研二の事務所の出来事から、千雪の本当の笑顔が見られなくなって、育人は今まで自分の背中を押してくれた千雪を、どうしても助けたかったんですよね。

 

自分がこの業界に入れるのも、好きな服が作れるのも、千雪が居てくれたからです。

 

そんな千雪が、今までで見たことないくらい落ちているとき、自分に何が出来るのか考え、このショーを作ってきました。

 

最後ももしかしたら、調子が戻らないと思っていたのではないでしょうか。

 

そんな時に振り向いた千雪の笑顔と、パリに行きたいという言葉、育人がずっと待っていたものですよね。

 

このショーをして良かったと、育人も私も思いました。

 

シャルと戦う千雪のようですが、完全復活できるのでしょうか。

 

シャルも、後ろから来る千雪のオーラに気づいていそうですよね。

 

この二人が並んで歩くところがとても楽しみです。

 

残り二話となりましたが、最後どうなるか気になりますね。

 

<< 191話 一覧 193話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました