スポンサーリンク

ランウェイで笑って191話ネタバレ考察感想あらすじ!育人の才能

漫画ネタバレ

2021年6月23日発売の週刊少年マガジン2021年30号で、ランウェイで笑って191話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って191話では、心のあとはシャルとのウォーキングがある千雪。

 

千雪の調子が悪いことが分かっているシャルは、相手にならないと挑発をします。

 

シャルの挑発に乗らず、千雪は育人に話しかけます。

 

育人は千雪からの言葉に対し、涙を流し見送ります。

 

本記事では、ランウェイで笑って191話「主役」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 190話 一覧 192話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って191話のあらすじネタバレ

シャルがランウェイを歩き始めます。

 

ランウェイで笑うモデルはいません。

 

それは服が主役なので、モデルの表情は邪魔になるからです。

 

デザイナーは表現や主張を服に編み込み、世界に発信します。

 

モデルはそのデザインを伝えるべく、全身全霊を注ぎます。

 

シャルロット・キャリーが世界のトップにいるのは、デザイナーが生み出したコンセプトを表現する天才だからです。

 

関係者席に座ってシャルのウォーキングを見ているみんなは、シャルのオーラに圧倒されています。

 

肌にビリビリと伝わってくるほどのシャルのオーラは、いつもより発揮されていました。

 

 

育人はこのショーに出るモデルと、一対一で話しながらデザインを描いていました。

 

パタンナーへの指示も、モデルの性格を細かに伝えていました。

 

あるモデルのことを、心と花丘にこう伝えています。

 

この服を着る人は恐ろしく自己中心的で、自分以外のモデルは要らないと思っています。

 

それを納得させる実力もあり、もちろん自身もあります。

 

しかしその現状に、飽きを感じていると思います。

 

自分と戦える人がおらず、自分の強さを証明できないからです。

 

なので、千雪と戦えることのが、とても楽しいはずだと育人は言いました。

 

 

シャルのウォーキングを見ていたオリヴィアは、確かにいつものシャルだと見ていました。

 

しかし、今日のシャルのウォーキングは、服が主役ではなく、シャル自身が主役だと気づきます。

 

 

同じくテルミも、今日ずっと感じていた違和感に気づきました。

 

本来モデルの個性や、人という存在は服に影に隠すものです。

 

しかし今日の服は、この服を着ている人はこんな人ですと主張してきています。

 

個人に寄り添うという、今までに無かったアプローチの仕方です。

 

少なくとも、このレベルで出来るデザイナーは見たことがありませんでした。

 

 

共感力・洞察力・分析力、膨大な人間観察に紐づけて、見る側までに響くデザインが出来ています。

 

天性なのか、独立してからつけた力なのか、誰かの下にいては見つかることのない才能です。

 

育人のデザインが皆に認められて、拍手が起きたらいいねと、綾野麻衣は楽しそうにステージを見ています。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って191話の感想と考察

やっとシャルの番が来ましたね。

 

シャル自身もとても楽しみにしていたでしょう。

 

前回はせっかく楽しみにしていた相手が調子悪いと知り、がっかりしたのか挑発していましたよね。

 

千雪が育人に何を言ったのか分かりませんでしたが、次回にはわかりそうですかね。

 

シャルのウォーキングを見て、関係者全員、シャルのオーラに飲み込まれていました。

 

それだけいつもより、気合が入っていたのでしょう。

 

そしてそのシャルのオーラを際立たせていたのは、育人の服のおかげでしょうか。

 

ランウェイで笑ってで何回も伝えてきたのは、ショーでは服が主役であり、モデルはその服を主張させるための存在です。

 

しかし育人はずっと、無表情のモデルたちのことが気になっていました。

 

今回の育人のショーは、ずっと主役になれなかったモデルに光を当てていました。

 

今までにないショーで、とても育人らしいショーになっているのではないでしょうか。

 

まだ肝心の千雪のウォーキングが見れていませんが、どんな千雪が見られるのか次回が楽しみです。

 

<< 190話 一覧 192話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました