スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ210話ネタバレ考察感想あらすじ!呼び出しの理由と突如現れた2人

漫画ネタバレ

2021年6月16日発売の週刊少年マガジン2021年29号で、『東京卍リベンジャーズ』210話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』210話は、まずはドラケンがタケミチを呼び出した理由が明らかになりました。

 

それはあるものを披露するためでしたが、何を披露したのか?

 

その後、バイクで走行中に反対側から2人現れました。

 

一人はタケミチたちが知る人物ですが、タケミチと一緒にいたドラケンのみが知っているもう一人は最後にドラケンに話しかけました。

 

彼らは何者なのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ210話『Face the music』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 209話 一覧 211話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ210話のあらすじネタバレ

ドラケンが働いているバイク屋にやってきたタケミチ。

 

この時、ドラケンはバイクの整備をしていました。

 

「CB250T直しといたぞ」

 

ドラケンがタケミチを呼んだのはCB250T(バブ)を修理していたことを伝えるためと完成したバブを見せるためでした。

 

ちなみに、完成に時間がかかったのは取り寄せに時間がかかる部品があったからでした。

 

バブを見たタケミチは、このバイクはマイキーからもらったものということを思い出しました。

 

そして、タケミチに試し乗りをドラケンは提案しました。

 

タケミチが運転するバブの後ろに乗るドラケン。

 

ここでドラケンはタケミチが未来から戻ってきたことを知りました。

 

「マイキーはもうどうにもなんねぇよ」

 

今までマイキーに助けられていたタケミチは自分がマイキーのことを助けたいと思っていました。

 

しかし、ドラケンはそれは無理だと思っていました。

 

なぜなら、東京卍會の解散後にメンバーはカタギになったにも関わらず、マイキーは悪の道を選んでしまったからです。

 

それが理由でマイキーと決別してしまったのでした。

 

そして、マイキーに関与すべきではないとタケミチに助言します。

 

なぜなら、今のマイキーは自分たちが知る東京卍會時代の彼とは違い、平気でタケミチを殺害すると思ったからです。

 

ドラケンの話を聞いたタケミチは今回のタイムリープ前に銃を向けてきたマイキーの姿を思い出しました。

 

「逃げろドラケン!!」

 

バブの向かいからバイクが現れますが、青宗がドラケンに対して警告してきました。

 

青宗の姿を見て驚くタケミチとドラケン。

 

なぜなら、この時青宗は片手運転をしているバイクの運転手に捕らえられていました。

 

そして、青宗はその運転手に投げ飛ばされてしまいました。

 

投げ飛ばされた青宗はタケミチたちにどいてほしいと叫びます。

 

それに対してなんとかしてタケミチはなんとかしてバブを止めようとします。

 

横断歩道の手間で止まったバブと無傷で着地した青宗。

 

そんな彼らの前に青宗を投げ飛ばしたバイクが急ブレーキをかけて止まりました。

 

「咲かせようか“夜想曲”」

 

運転手が何者で彼が言っている意味がわからずタケミチは困惑してしまいます。

 

一方、ドラケンは目の前にいる人物が何者か知っていました。

 

目の前にいたのは六波羅単代の総代で“無双”のサウスこと寺野南(サウス)でした。

 

サウスは“ウオン”と彼の後ろから鳴るエンジン音に耳を澄ませて聞いていました。

 

そして、タケミチたちの周りにはサウスと同じ特攻服の集団が現れました。

 

ちなみに、数人はバイクから降りていましたが、ほどんどはバイクに乗ったままでタケミチたちを囲んでいました。

 

特攻服の集団に囲まれたことに驚くタケミチ。

 

一方、バイクを降りてドラケンに近づいて来たサウスはある提案をします。

 

「オレの仲間になれ」

 

サウスがドラケンに近づいたのは、ドラケンを六波羅単代へ勧誘するためでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ210話の感想と考察

まず、高校生編初登場となったドラケンですが、全然見た目が中学生編と変わっていなくて驚きました。

 

三ツ谷やパーちんは見た目が全然違っていたので、驚いたのはそのせいかもしれないです。

 

そして、タケミチのCB250T(バブ)が久々の登場。

 

ちなみに、113話でタケミチにお披露目して以来の登場ではないでしょうか?

 

マイキーたちがプレゼントしたことをすっかり忘れていました。

 

続いて、やはりこの時代のマイキーにドラケンは決別していました。

 

決別は東京卍會解散後すぐの出来事だったのでそこは変わっていないようですね。

 

そして、青宗が高校生編となりますが、彼はサウスに捕らえられていました。

 

なぜ、彼は捕らえられていたのでしょうか?

 

不良を続けていてサウスとやり合った結果なのでしょうか?

 

気になりますね。

 

その直後にサウスの名前が書かれた描写がありましたが、『南』と書いてそのように読ませるというのには驚きました。

 

南は英語で“South”で“サウス”ですが、山岸が紹介していた際にカタカナ表記だったので漢字表記というのは予想外でした。

 

そして、最後はドラケンをサウスが六波羅単代に勧誘するところで今回は終了。

 

梵(ブラフマン)と関東卍會との均衡状態を破るための戦力強化が目的だとは思いますが、ドラケンの答えが気になりますね。

 

<< 209話 一覧 211話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました