スポンサーリンク

パラレルパラダイス157話ネタバレ考察感想あらすじ!魔女となったミミと戦うヨータ達

漫画ネタバレ

2021年6月14日発売の週刊ヤングマガジン2021年29号で、『パラレルパラダイス』157話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス157話では、サーニャの脳を食べて魔女になったミミは頭が幾つもある蛇の怪物となって、ヨータ達を退治します。

 

自分を売ろうとした者達を許さないと言いながら、口から溶解液を吐き出すミミ。

 

ヨータ達は回避しつつも、喰らったら最後なのを理解します。

 

しかも斬っても、斬った部分から再生して、しかも新たな首が出現したのです。

 

果たして、ヨータ達は勝機を見出す事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス157話『cry me a cat(クライ・ミー・ア・キャット)』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 156話 一覧 158話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

パラレルパラダイス157話のあらすじネタバレ

サーニャの脳を食べて魔女になったミミは巨大で複数の頭を持つ蛇の姿へと変貌を遂げ、ヨータ達を唖然とさせます。

 

ミミは、自分を売り飛ばした者達を許さない、と言うとユーマは、自分の欲のために人々を始末してきたお前が言うな、と反論しました。

 

そうしたらミミの頭の1つが口から何らかの液体を吐くと、ロミーはすぐさま回避したら床があっという間に溶けたのです。

 

ヨータは溶解液だと理解し、心の中で、あんなのを沢山放たれたらきついし、まだ魔女になったばかりだから勝機はある、と思い、ルーミに攻撃を命じました。

 

そしてルーミはミミの頭の1つを切断する事に成功しましたが、あっという間に再生し、しかも新たな頭が増えていました。

 

この様子からヨータは顔色を悪くしながら、ヒュドラだ、と言ったのです。

 

ヒュドラとは頭を斬られると再生すると同時に新たな頭が出てきて、やがて手が付けられなくなる生き物でした。

 

トリスが対策を尋ねると、ヨータは、作戦はある、と言ってユーマに対して、火燐石の在り処は何処か、と聞くとユーマは、塔の地下の宝物庫にある、と答えました。

 

そして再び放たれた溶解液を回避するとヨータは、それが必要だから持ってこい、と言うとユーマはロミーに、ロミーはここの誰よりも俊足だから持ってこい、と命じて彼女は了承しで走り出したのです。

 

ヨータ達は傷つけないようにするために動こうとするのだが、ミミの複数の顔は一斉に溶解液を放とうとしており、ヨータは、回避だ、と叫びました。

 

そして一斉に溶解液が放たれ、ヨータ達は回避するがピアノは左足に少し喰らってしまったので、動けなくなってしまったのです。

 

この好機を逃すまいと言わんばかりに、ミミの頭の1つがピアノに接近して至近距離から溶解液を放とうとします。

 

ヨータは阻止しようと動くが、その前にユーマが動いて刃じゃない部分で思い切りミミの頭の1つをぶん殴りました。

 

斬ったわけじゃ無くぶん殴ったため、頭が増える事はありませんでした。

 

痛みを覚えつつ、ピアノは、何故自分を忌み嫌うのか、忌み嫌う者達は悪者だ、と言うのでした。

 

時はミミが子供の頃に遡ります。

 

子供の頃のミミは自分と同年代の子供達から虐めを受けていました。

 

その理由はミミの目つきが蛇みたいからであり、それを子供達は不気味に思って石をぶつける等の虐めをしたのです。

 

ミミは石をぶつけられた箇所から血を流していました。

 

そして彼女は家に戻ると、一緒に住んでいる姉に今日の事を話していました。

 

姉は笑みを浮かべながら、蛇よりも猫に似ている、と言うとミミは嬉しそうな表情をしながら、これからは猫になる、と言って語尾もにゃとつけるようになったのです。

 

姉は、そのようにしていれば何時の日か猫になる、と言いつつ、近づいて来たミミに膝枕しながら頭を撫でると、それまでは自分がちゃんと守る、と口にしました。

 

ミミも嬉しく思っていましたが、姉は崩月を迎え始めていたのです。

 

そしてあっという間に消滅してしまい、服だけ残されました。

 

1人残されたミミは、お姉ちゃん、と呟いたのです。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス157話の感想と考察

ミミがサーニャの脳を食った事でヒュドラとなりましたが、回想では彼女は蛇みたいだと虐めを受けていましたからそれでヒュドラになったのでしょうね。

 

一方で姉は猫みたいと言っていて、ミミも猫になると言っていましたが、今の姿が猫とはかけ離れている事を知ったらどう思うのでしょうか。

 

ヨータ達の会話は聞いているとは思いますが、今の彼女は彼らを始末する事しか考えていないので、きっと今の自分の姿がヒュドラだとは気づいてないと思います。

 

これは魔女になるために人間を喰らってきた天罰なのでしょうね。

 

そして姉が崩月で消滅するシーンがありましたが、このシーンを間近で見たミミはこれが切っ掛けで不老不死を求めたのでしょうね。

 

大人になれば、最初は悲しいものですが、やがて受け入れる事が出来るかもしれませんが、当時のミミは幼かった上に虐められていて、頼れるのが姉だけでした。

 

その姉を失ったのですから、ミミは当然ショックを受け、何時か自分もこのような目に遭うと察したと思います。

 

それ故に死にたくないと言う思いが強まり、何とか生き長らえる方法を求めていたらサーニャに出会い、話を聞いて魔女になる事を決意して人間の脳みそを食べるようになったのでしょう。

 

<< 156話 一覧 158話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレパラレルパラダイス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました